MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 "I LOVE U" 〜FINAL IN TOKYO DOME〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Mr.Children > MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 "I ♥ U" 〜FINAL IN TOKYO DOME〜
本来の表記は「MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 "I ♥ U" 〜FINAL IN TOKYO DOME〜」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 "I ♥ U" 〜FINAL IN TOKYO DOME〜
Mr.Childrenライブ・ビデオ
リリース
録音 2005年12月27日
ジャンル J-POP
時間
レーベル トイズファクトリー
プロデュース 小林武史
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2006年度年間6位(オリコン)
ゴールドディスク
Mr.Children 年表
Mr.Children Tour 2004 シフクノオト
2004年
MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 "I ♥ U" 〜FINAL IN TOKYO DOME〜
2006年
Mr.Children "HOME" TOUR 2007
2007年
テンプレートを表示

MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 "I ♥ U" 〜FINAL IN TOKYO DOME〜』(ミスターチルドレン ドーム ツアー - アイラブユー ファイナル イン トウキョウ ドーム)は、Mr.Childrenのライブビデオ。2006年5月10日トイズファクトリーより発売。

概要[編集]

Mr.Children初の全国5大ドームツアー「MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 "I ♥ U"」最終日の追加公演・2005年12月27日に行われた東京ドーム公演の模様を収録している。この日は他の会場では演奏されていなかった「Sign」が最後に披露され、キーボーディストとして小林武史も参加している。

前作に引き続き、イエローブレインの丹下紘希が映像編集を担当している。丹下はライブ映像に挿絵や別の映像をダビングする手法を得意としており、本作では特に「Monster」や「潜水」でその手法が見られる。

本作リリース前にスペシャルサイトが開設され、現在も閲覧可能[1]

※サポートメンバー

Sunny:Keyboards, Chorus
浦清英:Keyboards
河口修二:Guitar, Chorus

小林武史:Keyboards (『Sign』演奏時のみ)

収録曲[編集]

DISC 1[編集]

  1. LOVE はじめました
  2. Dance Dance Dance
    前奏時に花火が打ち上げられた。
  3. ニシエヒガシエ
  4. 跳べ
    曲の終盤から観客との掛け合いになり、そのまま次の曲へと繋がっている。
  5. innocent world
    1番を観客に歌わせている。
  6. 言わせてみてぇもんだ
    観客との掛け合いから演奏に入る。演奏が終わるとまた掛け合いに戻り、終了する。
    なお、掛け合いでは「ガッツだぜ!!」(ウルフルズ)や「卒業」(尾崎豊)、そして「ヘイ・ジュード」(ザ・ビートルズ)のフレーズが混ざる。
  7. くるみ
    キーを半音下げたアコースティックバージョン。
    このアレンジはさらに形を変え、29thシングル「しるし」のカップリング曲として収録された。
  8. CANDY
  9. 靴ひも
  10. 隔たり
  11. ファスナー
  12. Monster
    巨大なモンスターのセットが登場する。中盤のアレンジ追加などで、7分を超える演奏となっている。

特典映像[編集]

各会場での日替わり弾き語りコーナーで桜井和寿が披露した曲を収録。

  1. 抱きしめたい
    11月27日に行われた東京ドームでの映像。キーを間違えて観客に謝るシーンがある。
    歌詞の「震えそうな夜に」の部分を元々の歌詞だった「クリスマスの夜に」と歌っている。
  2. Simple
    12月10日に行われた札幌ドームでの映像。
  3. Over
    12月17日に行われたナゴヤドームでの映像。
  4. 君が好き
    12月18日に行われたナゴヤドームでの映像。
    歌詞の「月も濁る東京の夜だ」の部分を会場に合わせて、「~名古屋の夜だ」と歌っている。
  5. 2日遅れのクリスマス
    12月24日に行われた福岡ドームでの映像。アマチュア時代の曲で、未だにCD化されていない。

DISC 2[編集]

  1. CENTER OF UNIVERSE
  2. ランニングハイ
    アウトロがアレンジされている。
  3. 名もなき詩
    桜井による日替わり弾き語りコーナー。2番から鈴木英哉も参加している。
    原曲よりアップテンポの演奏で、大サビの半音上げがなくなっている。
  4. ラララ
    1番はスローテンポなアレンジだが、2番からは一転してロック調となる。
  5. overture蘇生
  6. Worlds end
  7. Hallelujah
    キーを半音下げて歌っている。
    合唱の部分で桜井が「and I love you」のサビを重ね始め、次曲へ繋がる。
  8. and I love you
    約30秒の無音の後、静かに歌い出す。この曲も半音下げでの演奏。
  9. 未来
    ここからアンコール。
  10. 僕らの音
  11. 潜水
    数多くの音符が画面上を流れていく映像加工が施されている。
  12. Sign
    小林武史がキーボーディストとしてステージに登場する。

特典映像[編集]

  1. 靴ひも(ライブスクリーン用映像)
  2. 未来(ライブスクリーン用映像)
    大サビの手前で映像がフェードアウトする。
  3. and I love you(PV

参考文献・出典[編集]