ガッツだぜ!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガッツだぜ!!
ウルフルズシングル
初出アルバム『バンザイ
B面 いいたい事はそれだけ
リリース
ジャンル J-POP
ファンク
時間
レーベル 東芝レコード/東芝EMI
プロデュース 伊藤銀次
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間6位(オリコン
  • 1996年度年間36位(オリコン)
  • ウルフルズ シングル 年表
    SUN SUN SUN'95
    1995年
    ガッツだぜ!!
    1995年
    バンザイ 〜好きでよかった〜
    1996年
    テンプレートを表示

    ガッツだぜ!!』は、1995年12月6日に東芝EMI(現・ユニバーサル ミュージック合同会社)から発売された日本ロックバンドウルフルズの9作目のシングル

    解説[編集]

    • ウルフルズ小室哲哉がMCを務める「TK MUSIC CLAMP」に出演していた時、カメラが回っていない時にトータス松本が「trfの『Overnight Sensation 〜時代はあなたに委ねてる〜』はすごく良い曲ですね」と言ったら、小室から「君たちにはディスコみたいな音楽合っていると思うよ」とアドバイスをもらったことに基づき、ディスコサウンドを意識して作曲した[1]
    • 原曲はジョン・B・チョッパーの判断でお蔵入りにされた「ガッツだぜ、鼻息荒いぜ!」だった。「バンザイ」の発売前に先行シングルを出すことになり、ジョンが何気なく蔵出しした際にメンバーがタイトルに大ウケし、視聴したら「いける」と全員一致で採用された[2]
    • サビの「ガッツだぜ」の部分は、KC&ザ・サンシャイン・バンド(KC and the Sunshine Band)の「That's the Way (I Like It)」のサビの部分を聴いて、何となく「ガッツだぜ」と思いついて、テープに録音したとトータス松本は語っている。また、松本自身こういったアゲアゲソングは余り好きではなく、後のバラードソングで売り出したいため後にそのギャップに悩んだ。
    • 初登場順位は低かったものの、その後は6位までに上昇し、バンドはブレイクを果たした。
    • 歌詞中に「金田一少年の事件簿」をパロディとした部分がある。
    • ウルフルズのシングルでは2番目の売上げである。
    • この曲で『NHK紅白歌合戦』に初出場した。
    • PVが『SPACE SHOWER Music Video Awards1996年度「BEST VIDEO OF THE YEAR」「BEST YOUR CHOICE」を受賞した。
    • この曲がヒットするまで、出したシングルはあまり売れず苦労を重ねていたが、この曲の大ヒットしたことでレコード会社から金一封が支払われ、それを原資に事務所の社長も交えてみんなで飲み明かしたという。
    • 大阪時代、メンバーのバイト仲間だった放送作家の高須光聖とは下積み時代もずっと交流があり、いつも曲を聴かせてはアドバイスをもらっていた。この曲の頃のトータスは追い詰められており、高須は励ます意味で「お前らもっと頑張らなアカン!この曲も正直俺はあんまりええと思わん!」と言い放ったが、初の大ヒットとなった。
    • この曲のプロモーションビデオではトータスが殿様を演じていたが、その衣装はバラエティ番組『志村けんのバカ殿様』で志村けんが実際に使用していたもので、衣装の内側には「志村」と記されていたという[3]
    • この曲のPVには、声優の森久保祥太郎も民衆で出演している。

    収録曲[編集]

    全作詞・作曲:トータス松本

    1. ガッツだぜ!!
    2. いいたい事はそれだけ
      • 編曲:伊藤銀次
    3. ガッツだぜ!!(オリジナル・カラオケ)

    脚注[編集]

    1. ^ 日経BP刊『日経エンタテインメント!』2007年5月号105Pより。
    2. ^ 講談社刊「Views」1996年12月号「ポストTK 『プロデューサーの時代』を作る天才たち」65Pより。
    3. ^ “トータス松本、志村けんとの逸話を披露!「ガッツだぜ!!」PVの衣装は本物の“バカ殿”のもの”. シネマトゥデイ. (2012年9月3日). http://www.cinematoday.jp/page/N0045607 2012年9月23日閲覧。 

    カバー[編集]

    脚注[編集]