アルクアラウンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。
閲覧環境によっては、色が適切に
表示されていない場合があります。
この項目に含まれる文字波ダッシュは、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
アルクアラウンド
サカナクションシングル
収録アルバム kikUUiki
B面 スプーンと汗
リリース
(詳細は発売日一覧を参照。)
規格 CDシングル
録音 2009年
ジャンル J-POP
時間 <time datetime="4:26">4:26
レーベル ビクターエンタテインメント
作詞・作曲 山口一郎
プロデュース サカナクション
ゴールド等認定
チャート最高順位
サカナクション シングル 年表
セントレイ
2008年
アルクアラウンド
2010年
アイデンティティ
(2010年)
テンプレートを表示

アルクアラウンド」は、日本のロックバンドサカナクションの楽曲。バンドのフロントマン山口一郎によって作詞作曲されたこの楽曲は、バンドの2枚目のシングルとしてビクターエンタテインメントより2010年1月6日音楽配信として各配信サイトににて配信リリースされた後、1月13日CDとしてリリースされた。CDシングルとしてのリリースは前作『セントレイ』から約1年1ヶ月ぶりのリリースである。楽曲は日本のスポーツ用品販売チェーン、アルペンが展開しているブランド『kissmark』のコマーシャルソングとして使用されており、サウンドは1980年代ダンス・ミュージック1960年代フォークソングを彷彿させる郷愁感あるものに仕上げ、全体のアレンジは、イエロー・マジック・オーケストラゴダイゴなどを彷彿させる様なアレンジがされている。また、楽曲は複数のアーティストによってカバーおよびリミックスされている。アートワークは、hatosが「日本文学的なサイケデリック」をテーマに制作を務め、1980年代を彷彿させるビビッドカラーを使用し、女性の顔の部分に「アルクアラウンド」の歌詞を記載したデザインとなっている。また、掲載される歌詞はネット上ではダミーのものとすり替えられていることも特徴的である。この楽曲は音楽評論家の肯定的評価を受けており、音楽雑誌『CD journal』は、楽曲を「刹那の快楽と思慮深さが同居したキラー・チューン」であると位置づけている。

付属するミュージック・ビデオは、監督を関和亮が務めており、映像は夜更けの幕張メッセで一発撮りで撮影され、山口が幕張メッセを歩き回ることを中心に、歩き進むことによって歩幅に合わせ次々と現れる白い記号とも取れる歌詞を視覚化したタイポグラフィを模したオブジェが現れ、白い文字が黒い背景に重なった時だけ見えるなどのトリックが施されるなど特徴的な内容となっている。また、同作品は複数の賞を獲得しており、2010年・第14回文化庁メディア芸術祭では、エンターテインメント部門で優秀賞、2010年度SPACE SHOWER Music Video Awardsでは、Best Director賞を受賞している。また、ミュージック・ビデオにはラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』とコラボをし、制作した作品も存在する。

背景[編集]

バンドは、デビューより札幌を中心とし、アルバムの制作などの制作を行っていた。バンドは自らの音楽の可能性を広げるために2作目のアルバム『NIGHT FISHING』を制作後、活動拠点を東京に移した。楽曲は、シングルとして発売された楽曲では東京で初めて制作した楽曲である[1]。東京に拠点を移した後、2009年1月にバンドはアルバム『シンシロ』をリリースした[2]。アルバムのリリースはその年にバンドがROCK IN JAPAN FESTIVALライジング・サン・ロックフェスティバルなどの日本のロック・フェスティバルに出演するきっかけとなった[3][4]。バンドは、ライブイベント以外にもアルバムのリリースを記念としたツアー『SAKANAQUARIUM 2009“シンシロ”』を2009年2月から行った。ツアーを終えると、バンドのフロントマン、山口一郎はすぐに楽曲を書き始めた[5][6]。山口はアルバムのセールで予想よりも売り上げを伸ばすことが出来なかった事を踏まえ、今作ではバンドとしてのスタンダードを定める、バンドの存在を浸透させるという目的をもち制作された[5]。また、アルバムの制作時に「東京でミュージシャンとして過ごす」ということをあまりメンバーと確認し合わずに制作したため、今作はここで生きていくという証明になるための曲として書き上げられた[7]

「アルクアラウンド」は日本のチャートランキングで上位を記録するなど発売後に商業的な成功を収めた楽曲となった[8]。バンドは楽曲と前作のアルバムの効果でリスナーや関係者などから切望される様になった。しかし、山口らはそれを望んでいない状態であった。楽曲は、バンドの表面的な部分を歌った曲であり、楽曲のリリースまでに発売した2作品のアルバムに収録している様な楽曲の「自分らしさ」がないためである。また、これら望んでいたリスナーに対して聞いてもらうにはどうすればいいか、とベクトルを合わせ制作したアルバムが『kikUUiki』である[9]

構成[編集]

「アルクアラウンド」は、アップテンポな1980年代ダンス・ミュージック1960年代フォークソングを彷彿させる郷愁感あるサウンドに、繊細に紡ぎ出された青年の葛藤をつづった詞が乗り、サビでは強い意志が込められたパッセージが繰り返されるノスタルジックな世界観を持った構成であり、全体のアレンジは、イエロー・マジック・オーケストラゴダイゴなどを彷彿させる様なアレンジがされている。楽曲はダンスミュージックだけではなく、ロックエレクトロの要素を兼ね備えて持った楽曲となっている[10][11][12]

プロモーションとリリース、メディアでの使用[編集]

「アルクアラウンド」は、2009年12月2日に着信メロディとしてデジタル・ダウンロードで各サイトに配信リリースされ[13]、2010年1月6日には音楽配信サイト、レコチョクおよびiTunesで先行デジタル・ダウンロードとして配信され[14]、同年1月13日には、ビクターエンタテインメントよりCDシングルとしてリリースされた[14][12]。また、2010の1月30日にはレンタルCDの貸し出しが開始された[15]

楽曲は2009年10月に発売が発表され[16]、同年の11月30日にTOKYO FMのラジオ番組、『SCHOOL OF LOCK!』で初のオンエアがされた[17]。また、ラジオでのオンエアは楽曲が日本のスポーツ用品販売チェーン、アルペンが展開しているブランド、『kissmark』のコマーシャルソングとして使用されていたことも合いあり、多くのエアプレーを獲得した[16]

「アルクアラウンド」は、『kissmark』以外にも複数、タイアップやメディアでの使用が行われている。タイアップでは、SAMURAI BASEBALLCBCテレビ制作分『燃えよドラゴンズ!』の2016年度公式テーマソングとして使用された[18]音楽ゲームでは、タイトーグルーヴコースター[19]コナミデジタルエンタテインメントBEMANIシリーズ』の『REFLEC BEAT[20]などでプレイが可能である。

アートワーク[編集]

画像外部リンク
『アルクアラウンド』の初回限定盤のアートワーク英語版ウィキペディアによる画像ファイルへのリンク

シングルのアートワークは、hatosが「日本文学的なサイケデリック」をテーマに制作を務めており[21]、1980年代を彷彿させるビビッドカラー(   )を使用し、女性の顔の部分に「アルクアラウンド」の歌詞を記載したデザインとなっている。また、記載されたデザインは著作権法の関係上、雑誌やインターネット上に歌詞を無断転載できないことから、オフィシャルサイトおよび所属レコード会社の公式ページに掲載されているジャケット画像がダミーのものとすり替えられている[22]。また、アートワークに使用された女性の顔写真はバンドメンバーのベース・草刈愛美である[23]。アートワークは初回限定盤と通常盤でデザインが異なる。前述のように初回限定盤はビビットカラーを起点にしているが、通常盤は紫に近い色を起点にデザインされている[22]。また、iTunesでのデジタル・ダウンロード版では2つの盤とはまた異なる。通常盤のアートワークが正面の絵柄であることに対し、iTunesでは通常盤よりも斜めの方向で見た様なデザインになっている[23]

評価[編集]

評論家による評価[編集]

音楽評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典 評価
CD journal 肯定的[24][25]
『Skream!』 肯定的[26]
ロッキング・オン 肯定的

「アルクアラウンド」は、複数の音楽評論家からの肯定的評価を得ている。音楽雑誌CD journal』は、楽曲を「刹那の快楽と思慮深さが同居したキラー・チューン」であると位置づけており、音楽性をロックとエレクトロ・サウンドが融合した、懐かしいダンス・ミュージックを思わせるレトロな仕上がりになっているとコメント。シングルに対し、星を1つ与えている[24]。また、同誌の田山雄士は「メロディーのよさが通底している」とコメントしている[25]。音楽雑誌『Skream!』の佐々木健治はレビューで楽曲のバンド・サウンドに対し、「独特の歌心を力強く推し進め、切なさとともに高揚感がこみ上げてくる。」とコメントしている[26]。音楽雑誌『ロッキング・オン』の高橋智樹はウェブ上で楽曲のレビューを行っている。高橋は、バンドが向き合う方向性と歌詞を比較し、バンドのリアリティに対し言及している[27]

チャート成績[編集]

オリコンの調査によると、「アルクアラウンド」は2010年1月13日にフィジカルとしてリリースされた後、発売初週に推定約1万3,000枚を売り上げ[28]オリコンシングルチャートで初週3位を記録している[29][28]。また、この記録は前作のアルバム『シンシロ』でバンドが記録した順位よりも高い数値を現しており、記録したチャートランキングでは獲得当時、最も高い記録であった[29]。また、「アルクアラウンド」は、iTunesの売り上げ年間チャートランキングで39位を記録している[30]。「アルクアラウンド」は、日本レコード協会から音楽配信を10万ダウンロード以上されたシングルトラックとして2013年1月にゴールドディスク認定を受けている[31][32]

ミュージック・ビデオ[編集]

バンドらがミュージック・ビデオの撮影に使用した幕張メッセとその周辺。写真は国際展示場棟9〜11ホールを撮影したもの。(2012年撮影)
映像外部リンク
サカナクション / アルクアラウンド - YouTubeサカナクションのレーベル、ビクターエンタテインメント内レーベル『NFRecords sakanaction』公式チャンネルによるミュージック・ビデオへのリンク。
アルクアラウンド〜サカナクション×SCHOOL OF LOCK! Ver.〜 - YouTubeサカナクションの実質的レーベル、『Victor Entertainment』公式チャンネルによるミュージック・ビデオへのリンク。

表題曲「アルクアラウンド」のミュージック・ビデオは、「ミュージック」などのミュージックビデオを手掛けた関和亮が監督、プロデューサースタイリスト、アーティスト・ビジュアル・オーガナイザーを北澤“momo”寿志が務めている。映像は夜更けの幕張メッセで一発撮りとしてキヤノン EOS 5D Mark IIが用いられ、撮影された[33][33][34]。映像中は、山口が幕張メッセを歩き回ることを中心に、歩き進むことによって歩幅に合わせ次々と現れる白い記号とも取れる歌詞を視覚化したタイポグラフィを模したオブジェが現れ、白い文字が黒い背景に重なった時だけ見えるなどのトリックが施されており、途中のシーンでは山口以外のバンドメンバーが歩いてる最中、演奏をしながら現れるなど様々な演出がされている[33][34][35]。また、ミュージック・ビデオは2011年にリリースされたバンドの映像作品集、『SAKANARCHIVE 2007-2011~サカナクション ミュージックビデオ集〜』に収録された[36]

ミュージック・ビデオは複数、賞やヘヴィー・ローテーションを得ている。平成22年、2010年・第14回文化庁メディア芸術祭では、エンターテインメント部門で優秀賞を獲得している。受賞理由に芸術祭の主催である文化庁メディア芸術祭実行委員会はコメントを発表しており、CGや合成技術を一切使わず制作されていることや、制作上で繊細な装置調整と限界まで撮影リハーサルを重ね、多くの撮影テイクからミュージック・ビデオの撮影に成功した事に対し評価しており、「審査員たちはMVの未来を懸けたのである。」という1文を残している[34]。2010年度SPACE SHOWER Music Video Awardsでは、Best Director賞を受賞[37]、その他音楽専門チャンネル、『100%ヒッツ!スペースシャワーTVプラス』の全身に当たるチャンネル、VMCのヘヴィー・ローテーション、『VIDEO OF THE MONTH』、WOWOW『Hits Seeker』の2010年1月度に選出された[38]

『SCHOOL OF LOCK!』版 ミュージック・ビデオ[編集]

「アルクアラウンド」のミュージック・ビデオには通常版とは別に、ラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』とコラボをしたミュージック・ビデオが存在する。この作品は番組の設定上校長と呼ばれている山崎樹範が考案したものであり、2010年1月12日にその制作と概要が明かされた[39]。ビデオの内容は、番組のリスナー(設定上での生徒)が自分が歩いてる携帯動画を番組フォームに送信し、それら送信された500もの動画の中から37作品の動画を繋ぎ合わせ、ひとつのビデオとして完成させている[39][40]

別バージョン[編集]

映像外部リンク
アルクアラウンド / サカナクション Cover by GILLE(ジル) - YouTubeGILLE公式チャンネルによるミュージック・ビデオへのリンク[41]

「アルクアラウンド」は、サ複数の音楽家によってカバーおよびリミックスがされている。カバーでは、日本の歌手、GILLEが楽曲をカバーをしている。楽曲は、カバーアルバム『I AM GILLE. 2』に収録されており、GILLEの手により日本語の歌詞を英語に訳し、歌ったものである。また、この楽曲はサカナクションにとって公式のカバーソングとしては初の作品である[41]。リミックスでは、日本のディスクジョッキーDJ MAYUMIはリミックス・アルバム『A-TTENT↑ON mixed by DJ MAYUMI』で「アルクアラウンド」をリミックスしており、リミックスされた楽曲はアルバムの3曲目に収録された[42][43]。同じく日本のディスクジョッキー、DJ保坂壮彦は初のミックスCD『ALL IS LOVE IS ALL』でロックリミックスを題して「アルクアラウンド」をリミックスしている。リミックスされた楽曲は同アルバムのトラックの最後、28曲目に収録された[44]。同様にDJ KAORIも楽曲をリミックスしている。KAORIは、J-POPのリミックスアルバムとして『DJ KAORI'S JMIX IV』をリリース。楽曲をアルバムの12曲目に収録している[45]

収録曲[編集]

デジタル・ダウンロード
# タイトル 作詞 作曲・編曲 時間
1. 「アルクアラウンド」    
合計時間:
マキシシングル、デジタル・ダウンロード
全作詞・作曲: 山口一郎
# タイトル 作詞 作曲・編曲 編曲 時間
1. 「アルクアラウンド」 山口一郎 山口一郎 サカナクション、冨田謙
2. 「スプーンと汗」 山口一郎 山口一郎 サカナクション
3. 「ネイティブダンサー (Rei Harakami へっぽこre-arrange)」 山口一郎 山口一郎 レイ・ハラカミ
合計時間:

チャート[編集]

「アルクアラウンド」の週間チャート(2010年)
チャート 最高
順位
出典
日本・Japan Adult Contemporary Airplay 9 [46]
日本・Japan Hot 100 4 [47]
日本・オリコンCDシングルチャート 3 [48]
日本・RIAJ有料音楽配信チャート 38 [49]

認定と売り上げ[編集]

「アルクアラウンド」の認定
認定年月 認定団体 認定 売り上げ 出典
日本の旗 日本 2012年12月 RIAJ ゴールド 100,000+ [31][32]
「アルクアラウンド」の売り上げ
集計団体 売り上げ/枚 出典
日本の旗 日本 オリコン 27,000 [28]

発売日一覧[編集]

国・地域 発売/発信元 発売日/解禁日 規格 規格品番 出典
日本の旗 日本 JFNTOKYO FM
SCHOOL OF LOCK!
2009年11月30日 (2009-11-30) ラジオ・プレミア N/A [17]
ビクターエンタテインメント 2009年12月2日 (2009-12-02) 着信メロディ N/A [13]
2010年1月6日 (2010-01-06) デジタル・ダウンロード VEAML-23806 [14][50]
2010年1月13日 (2010-01-13) マキシシングル VICL-36553
VICL-36554
[14]
韓国の旗 韓国 J-Box Entertainment 2010年1月18日 (2010-01-18) デジタル・ダウンロード N/A [51]
日本の旗 日本 ビクターエンタテインメント 2010年1月30日 (2010-01-30) レンタルCD VICL-36553
VICL-36554
[15]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ サカナクション インタビュー”. Excite (2009年1月1日). 2015年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月26日閲覧。
  2. ^ 平賀哲雄 (2009年1月21日). “『サカナクション』 SPECIAL INTERVIEW”. Hot Express. 2015年2月26日閲覧。
  3. ^ Live”. Hip Land Music Corporation. 2009年4月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月23日閲覧。
  4. ^ ライジングサン第2弾でユニコーン、ユアソンら4組追加”. ナタリー. ナターシャ (2009年5月11日). 2015年4月21日閲覧。
  5. ^ a b 竹部吉晃 (2010年1月8日). “サカナクション インタビュー”. 金羊. 2015年4月21日閲覧。
  6. ^ ブレイクに期待、オリコン初登場8位のサカナクション”. BARKS (2009年1月29日). 2015年2月27日閲覧。
  7. ^ ニュー・シングル「アルクアラウンド」”. レコチョク (2010年1月8日). 2013年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月27日閲覧。
  8. ^ サカナクション 『kikUUiki』 インタビュー”. Plantech (2010年3月17日). 2015年4月15日閲覧。
  9. ^ 特集 サカナクション”. RO69. ロッキング・オン (2011年). 2015年4月16日閲覧。
  10. ^ 「大ヒット盤」納得、踊れるロックバンド サカナクション 『アルクアラウンド』”. 47NEWS共同通信社. 全国新聞ネット (2010年1月27日). 2016年2月29日閲覧。
  11. ^ サカナクション、1年ぶりの新曲リリース決定!”. Excite (2009年10月26日). 2010年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月23日閲覧。
  12. ^ a b アルクアラウンド<初回生産限定盤>”. タワーレコード. 2016年5月28日閲覧。
  13. ^ a b サカナクション新曲がスノボブランドとタイアップ”. ナタリー. ナターシャ (2009年12月2日). 2015年4月18日閲覧。
  14. ^ a b c d kissmarkのCMでも話題のサカナクション「アルクアラウンド」、レコチョクにて着うたフル(R)独占先行配信!”. CD Journal (2010年1月6日). 2015年4月21日閲覧。
  15. ^ a b アルクアラウンド”. ツタヤ. 2015年4月18日閲覧。
  16. ^ a b サカナクション、1年振りの新曲リリースが決定”. BARKS (2009年10月28日). 2015年4月21日閲覧。
  17. ^ a b 「アルクアラウンド」ラジオオンエア情報”. ヒップランドミュージック (2009年11月27日). 2015年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月2日閲覧。
  18. ^ サカナクション:ドラゴンズ中継番組のテーマ曲に採用 ドラファン・山口「こんなにうれしいことはない」”. MANTANWEB. まんたんブロード (2016年3月1日). 2016年5月28日閲覧。
  19. ^ GROOVE COASTERが「グルーヴコースター(アーケード版)」として今冬登場、専用コントローラー「BOOSTER(ブースター)」を使用”. GIGAZINE (2013年1月30日). 2016年5月28日閲覧。
  20. ^ 対戦プレイがアツいリズムアクション「REFLEC BEAT」,全国のアミューズメント施設で本日から順次稼動開始”. 4Gamer.net (2016年11月4日). 2016年5月28日閲覧。
  21. ^ サカナクション インタビュー”. Hot Express (2010年1月13日). 2015年4月21日閲覧。
  22. ^ a b サカナクション、シングル初回盤にツアー先行予約シリアルナンバー封入”. BARKS (2009年11月21日). 2015年4月21日閲覧。
  23. ^ a b サカナクション「アルクアラウンド」、デジタル配信開始”. BARKS (2010年1月7日). 2015年4月21日閲覧。
  24. ^ a b サカナクション / アルクアラウンド”. CD journal. 2015年4月18日閲覧。
  25. ^ a b 田山雄士 (2010年). “New Discs レビュー”. CD Journal. 2015年3月8日閲覧。
  26. ^ a b 佐々木健治. “NEW DISCS サカナクション『アルクアラウンド』”. Skream!. 激ロックエンターテインメント. 2015年4月18日閲覧。
  27. ^ 高橋智樹 (2010年1月11日). “我歩く、故に我在り”. ロッキング・オン. 2015年4月18日閲覧。
  28. ^ a b c オリコンランキング情報サービス「you大樹」”. オリコン. 2014年12月18日閲覧。
  29. ^ a b 赤西仁・LANDS、映画発キャラクター13年4ヶ月ぶりの首位”. オリコン (2010年1月19日). 2015年4月18日閲覧。
  30. ^ iTunesが2010年間ランキングを発表”. BARKS (2012年12月9日). 2016年5月29日閲覧。]
  31. ^ a b 有料音楽配信認定 - 2015年11月”. 日本レコード協会. 2016年5月29日閲覧。
  32. ^ a b レコ協、12月度着うた等有料音楽配信認定を公表”. MUSICman-NET. Musicman (2013年1月18日). 2016年5月29日閲覧。
  33. ^ a b c サカナクションからPerfumeまで。映像作家、関和亮の演出術”. WhiteScreen (2010年3月31日). 2015年4月21日閲覧。
  34. ^ a b c 2010年 文化庁メディア芸術祭 エンターテインメント部門 優秀賞 アルクアラウンド/サカナクション | 文化庁メディア芸術プラザ”. Japan Media Arts Plaza. 2011年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月23日閲覧。
  35. ^ サカナクション「アルクアラウンド」ミュージック・ビデオ公開!”. CDJournal (2009年12月28日). 2015年4月23日閲覧。
  36. ^ サカナクション「SAKANARCHIVE」は特典映像満載” (Japanese). ナタリー. ナターシャ (2011年11月19日). 2015年4月23日閲覧。
  37. ^ 関和亮監督が初のBest Director受賞! 2010年度SPACE SHOWER Music Video Awards”. WhiteScreen (2011年5月18日). 2015年4月23日閲覧。
  38. ^ サカナクション、「アルクアラウンド」の傑作映像公開”. BARKS (2009年12月26日). 2016年5月30日閲覧。
  39. ^ a b サカナクション山口先生来校!. JFN. TOKYO FM, 日本、東京. 2010年1月12日放送. 2016年5月30日閲覧。
  40. ^ SCHOOL OF LOCK! meets サカナクション”. エフエム東京 (2010年). 2015年4月23日閲覧。
  41. ^ a b GILLEがサカナクション英語詞カバーYouTubeで公開”. ナタリー. ナターシャ (2013年8月23日). 2016年5月28日閲覧。
  42. ^ DJ界の“姫”がキャビンアテンダントに。『A-TTENT↑ON mixed by DJ MAYUMI』”. BARKS (2014年3月10日). 2016年5月28日閲覧。
  43. ^ A-TTENT↑ON mixed by DJ MAYUMI”. タワーレコード. 2016年5月28日閲覧。
  44. ^ DJ保坂壮彦ロックMIXコンピに名曲28曲ノンストップ収録”. ナタリー. ナターシャ (2011年11月27日). 2016年5月28日閲覧。
  45. ^ DJ KAORIのJMIX4作目に少女時代、サカナ、山Pも収録”. ナタリー. ナターシャ (2010年10月16日). 2016年3月28日閲覧。
  46. ^ Japan Billboard Adult Contemporary Airplay”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2010年1月20日). 2015年1月22日閲覧。
  47. ^ Japan Billboard Hot 100”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2010年1月20日). 2015年2月24日閲覧。
  48. ^ アルクアラウンド(初回限定盤)”. オリコン. 2015年4月18日閲覧。
  49. ^ レコード協会調べ 2010年01月06日〜2010年01月12日 <略称:レコ協チャート(「着うたフル(R)」)>”. Recording Industry Association of Japan (2010年1月15日). 2015年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月18日閲覧。
  50. ^ アルクアラウンド”. ビクターエンタテインメント. 2010年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月28日閲覧。
  51. ^ アルクアラウンド (아루쿠 어라운드)” (韓国語). Bugs. 2015年2月17日閲覧。