NIGHT FISHING

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字波ダッシュは、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
NIGHT FISHING
サカナクションスタジオ・アルバム
リリース
録音 2007年
ジャンル
時間
レーベル BabeStar Label
ビクターエンターテイメント
プロデュース サカナクション
チャート最高順位
サカナクション アルバム 年表
GO TO THE FUTURE
2007年
NIGHT FISHING
2008年
「NIGHT FISHING IS GOOD」TOUR 2008 in SAPPORO
(2008年)
EANコード
EAN 4988002540396
EAN 4988002691326
EAN 4988002691753
『NIGHT FISHING』収録のシングル
  1. ワード英語版
    リリース: 2007年12月5日
  2. サンプル英語版
    リリース: 2007年12月5日
  3. ナイトフィッシングイズグッド英語版
    リリース: 2007年12月26日
テンプレートを表示

NIGHT FISHING』(ナイト・フィッシング)は、日本のロックバンドサカナクションスタジオ・アルバム。バンドにとって2枚目のアルバム。ビクターエンターテイメント内のレーベルBabeStar Labelから2008年1月23日にリリースされた。アルバムに収録された楽曲の全ては、前作『GO TO THE FUTURE』に引き続き、バンドのメンバーらの地元である北海道圏内で制作されており、バンドがメジャーデビュー以来、バンドのフロントマンである山口一郎によって作曲された楽曲を特色としている。

アルバムは、2007年12月5日配信された楽曲、「サンプル英語版」をリード曲としており、主なプロモーションに使用され、北海道のラジオ局で多く放送された。アルバムは商業的な成功を収めており、オリコンアルバムチャートで53位を記録している。また、アルバムは音楽評論家から肯定的評価を受けている。音楽雑誌MUSICA』の寺田宏幸はアルバムの楽曲に対し、1970年代に流行した叙情性と雄弁さのある歌謡曲に例え、歌詞には一貫した詩的な世界観があるとコメントしている。

2009年には、アルバムがグローバルにデジタル・ダウンロード販売を開始。iTunesなどの音楽配信サイトによって各国に向けて発売された。2015年には、リマスタリング加工を施した復刻版をLP盤CDでリリースしている。

制作と背景[編集]

サカナクションは、2005年春に北海道札幌市で結成された。小樽市で行われたロック・フェスティバル、『ライジング・サン・ロックフェスティバル』の一般公募枠にあたる、『RISING STAR』にCD未発売ながら出演したことにより話題になった。バンドは大学ラジオ英語版に「三日月サンセット」と「白波トップウォーター」のデモ音源を送付。送付された楽曲は番組でリスナーから好評を得た[1]。バンドはロック・フェスティバルの出演をきっかけとし、前作のアルバム『GO TO THE FUTURE』でビクターエンターテイメント内のレーベルBabeStar Labelからメジャーデビューをする。5月11日から13日かけては、同アルバムの発売を記念としたワンマンライブツアーを札幌、東京名古屋大阪ライブハウスで行った。ライブでは、「ティーンエイジ」や「アムスフィッシュ」など、「NIGHT FISHING」に収録された多くの楽曲を披露している[2][3]

「NIGHT FISHING」は、バンドが北海道を拠点として制作したアルバムの最終作であり、この作品以降は東京に拠点を移し替え制作している[4]。アルバムの制作期間中、バンドはビクターエンターテイメントの関係者などによって圧力がかけられていた[4][5]。アルバムは、前作『GO TO THE FUTURE』がファーストアルバムであったこともあり、過去の作品を中心に厳選し、制作した全8曲、つまり名刺代わりのアルバムとして発表したが、「NIGHT FISHING」は新しいサカナクションを掲示しつつも、前回まで評価されてきた部分を失わずに、よりポピュラーに制作するようにされた[6][7][8]。また、バンドをより商業的にするために、最小限のエレクトロミュージックと「高いエンターテイメント」ポピュラー音楽の間の釣合いを保とうとした[7]。さらに、バンドはプログレッシブ・ロックの音楽性とリスナーの曲に対する楽しみを一切取り除くことを望んでいなかったことから、環境音楽フォーク・ミュージックの要素を取り入れ、さらに彼らの音を拡大させた[2][8]

映像外部リンク
サカナクション / ナイトフィッシングイズグッド - YouTube - サカナクションの自己レーベル、NF Recodsの公式チャンネルによるミュージック・ビデオへのリンク。

アルバムは、バンドのメンバー5人それぞれの個性を音楽として取り入れたいということから制作された。しかし、その一方でアルバムの制作において、スタッフやメンバーとの対立の回数が最も多い作品となった。アルバムのリード曲に関してバンドのフロントマン、山口一郎は元々「ナイトフィッシングイズグッド」にすることを推していたものの、スタッフと対立。最終的には、現在までのリード曲である「サンプル」がスタッフの案として採用されている。「ナイトフィッシングイズグッド」は曲の長さが6分あり、ミュージック・ビデオを作成しても音楽専門チャンネルなどで放映されないということから、「サンプル」が採用された経緯がある。その一方で、山口はYoutubeなどの動画共有サイト上でのプロモーションの可能性に気づき、稚拙ながらも「ナイトフィッシングイズグッド」のミュージック・ビデオを自主作成している[4][9]。また、「ナイトフィッシングイズグッド」以外にも、アルバムに収録された楽曲のうち、「ワード」[10]と「サンプル」[11]のミュージック・ビデオが制作されている。


楽曲、「ナイトフィッシングイズグッド」はクラシック音楽の様式を取り入れている。また、イギリスのロック・バンド、クイーンの楽曲のリフがそのまま使用されている。楽曲の長さが6分あることから、その長さにメンバーがためらい、1度は2つの曲に分割したものの、アレンジを重ねられた上で現在の1つの楽曲としてまとまったという[5]。また、北海道での製作当初の仮タイトルは「にゃんこフェスタ」で、コーラス部分を「にゃにゃにゃん、ニャンコ達が、踊り狂う、猫の祭りにゃんこフェスタ」と歌っていた。

プロモーションとリリース[編集]

アルバムは、2007年11月12日に最初に発表された。ファースト配信シングル『ワード/サンプル』は、2007年12月5日に両A面シングルとしてiTunesなどの音楽配信サイトで配信され、「ナイトフィッシングイズグッド」は同年の12月26日に配信シングルとして同サイトなどで配信がされた[12]。「サンプル」はリード曲としてメディアに使用された[4]。楽曲は、一部のラジオ局でヘヴィー・ローテーションされ、エフエム・ノースウェーブのチャートランキング、『SAPPORO HOT100』で最高5位を記録している[13]。2015年3月に、アルバムのLP盤、つまりアナログ盤と廉価盤およびハイレゾ音源のデジタル・オーディオが発売された。CD・LP盤には、リマスタリングが施されリリースされた。元々同月に『懐かしい月は新しい月 〜Coupling & Remix works〜』をリリースする予定であったが、メンバーの草刈が妊娠をし、産前休業に入ったためにアルバムの復刻版をリリースすることとなった[14]

2008年1月中旬にバンドは音楽・エンターテインメントを中心としたソーシャル・ネットワーキング・サービスMyspaceの公式アカウントを開設[15]。その2週間後、1月23日から31日までの期間限定で「NIGHT FISHING」の試聴サイトが開設された[16]。バンドはアルバムの発売前後に『ぴあ』、『MUSICA』、『Barfout!』、『Bass Magazine』、『ROCKIN'ON JAPAN』などの雑誌で特集がされた[16]

バンドは、アルバムのプロモートのために2008年3月に長崎から大阪にかけて全国ツアーを行った[17]

評価[編集]

評論家による評価[編集]

「NIGHT FISHING」は、複数の音楽評論家からの肯定的評価を得ている。音楽雑誌MUSICA』の寺田宏幸はアルバムでのバンドの試みを「大きな進歩」であるとして評価。寺田は、アルバムの楽曲に対し、1970年代に流行した叙情性と雄弁さのある歌謡曲に例え、歌詞には一貫した詩的な世界観があるとコメントし、寺田はアルバムを「傑作」であるとしている[18]ファッション雑誌装苑』の評論家は、アルバムの山口のボーカルとバンドの型にはまらないサウンドを称賛し、山口の書く独特の叙情詩調の世界観を評価した[19]

チャート成績[編集]

オリコンの調査によると、「NIGHT FISHING」は2008年1月23日にフィジカルとしてリリースされた後、発売初週に推定3,500枚売り上げ、オリコンアルバムチャート2008年1月第5週付のチャートランキングで53位を記録。チャートデビューした。この記録は前作、『GO TO THE FUTURE』が初週に記録したチャートランキングの倍以上の値である[20]。アルバムは2008年2月第4週付のチャートランキングまで300位以内にチャートインした[20]

収録曲[編集]

全作詞: 山口一郎[21]
#タイトル作詞作曲時間
1.ワード英語版山口一郎[21]山口一郎
2.サンプル英語版山口一郎[21]山口一郎
3.ナイトフィッシングイズグッド英語版山口一郎[21]山口一郎
4.「雨は気まぐれ」山口一郎[21]山口一郎
5.「マレーシア32」山口一郎[21]サカナクション
6.「うねり」山口一郎[21]山口一郎
7.「ティーンエイジ」山口一郎[21]山口一郎
8.「哀愁トレイン」山口一郎[21]山口一郎
9.「新しい世界」山口一郎[21]山口一郎
10.「アムスフィッシュ」山口一郎[21]山口一郎
合計時間:

チャート[編集]

「NIGHT FISHING」の週間チャート
チャート 最高
順位
出典
2008年 日本・Japan Top Sales 54 [22]
日本・オリコンアルバムチャート 53 [23]
2015年 日本・オリコンアルバムチャート 62 [20]

売り上げ[編集]

集計団体 売り上げ/枚 出典
オリコン 9,000 [20]

発売日一覧[編集]

国/地域 発売/発信元 発売日 規格 規格品番 出典
日本 BabeStar Label
ビクターエンタテイメント
2008年1月23日 (2008-01-23) CD
デジタル・ダウンロード
VICB-60029 [24]
台湾 ロックレコード 2009年4月10日 (2009-04-10) CD GUT2261 [25]
韓国 J-Box Entertainment 2009年4月13日 (2009-04-13) デジタル・ダウンロード N/A [26]
世界 ビクターエンターテイメント 2009年7月15日 (2009-07-15) N/A [27]
日本 2015年3月18日 (2015-03-18) ロスレス圧縮デジタル・ダウンロード VEAHD-10613 [28]
2015年3月25日 (2015-03-25) CD
LP
VICL-64344
VIJL-60146-7
[29]

脚注と出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 北海道から全国区へ?新種バンド"サカナクション"”. オリコン (2007年5月22日). 2015年2月17日閲覧。
  2. ^ a b 山口一郎 (2008年2月5日). サカナクション 山口一郎『NIGHT FISHING』全曲解説!インタビュー。. インタビュアー:保坂壮彦. ローチケHMV.. http://www.hmv.co.jp/en/news/article/802050136 2015年2月17日閲覧。 
  3. ^ 山口一郎 (2008年2月5日). サカナクション 山口一郎『NIGHT FISHING』全曲解説!インタビュー。. インタビュアー:保坂壮彦. ローチケHMV.. http://www.hmv.co.jp/en/news/article/802050139 2015年2月17日閲覧。 
  4. ^ a b c d 兵庫慎司 (2011年). “特集 サカナクション”. RO69. ロッキング・オン. pp. 2-3. 2016年3月8日閲覧。
  5. ^ a b 山口一郎 (2008年2月5日). サカナクション 山口一郎『NIGHT FISHING』全曲解説!インタビュー。. インタビュアー:保坂壮彦. ローチケHMV.. http://www.hmv.co.jp/en/news/article/802050129 2015年2月17日閲覧。 
  6. ^ Artist Interview vol.018 サカナクション”. Sapporo Life (2008年). 2015年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月21日閲覧。
  7. ^ a b サカナクション インタビュー”. eo音楽. 2015年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月19日閲覧。
  8. ^ a b Madoka Suzuki (2008年). “サカナクション 音楽はアート。”. Shift Japan. 2015年3月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月19日閲覧。
  9. ^ ナイトフィッシングイズグッド”. スペースシャワー. 2015年2月17日閲覧。
  10. ^ ワード”. スペースシャワー. 2015年2月17日閲覧。
  11. ^ サンプル”. スペースシャワー. 2015年2月17日閲覧。
  12. ^ サカナクション 2ndアルバムのリリースが決定!”. RO69. ロッキングオン (2007年11月12日). 2015年2月19日閲覧。
  13. ^ SAPPORO HOT 100 vol. 759 (PDF)”. 札幌市: エフエム・ノースウェーブ (2008年2月10日). 2015年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月20日閲覧。
  14. ^ サカナクション初期3作品の再発、アナログ盤リリース. JFN. TOKYO FM. 2015年2月12日放送.
  15. ^ News”. ビクターエンターテイメント (2008年). 2008年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月17日閲覧。
  16. ^ a b サカナクション 2ndアルバムの全曲ロング試聴サイトが期間限定でオープン!”. RO69. ロッキング・オン (2008年1月14日). 2015年2月19日閲覧。
  17. ^ サカナクション 初の全国ツアーが決定”. RO69. ロッキング・オン (2007年12月20日). 2015年2月19日閲覧。
  18. ^ 寺田宏幸 (2008-01-19). “MEGA MEGA DISC REVIEW: やっぱり日本人は魚が好き”. MUSICA (東京都世田谷区: Fact) (10): 129. 
  19. ^ “So-en Jam: Music”. 装苑 (東京都代々木渋谷区: 文化出版局) (3): 161. (2008-01-28). 
  20. ^ a b c d オリコンランキング情報サービス「you大樹」”. オリコン. 2015年11月15日閲覧。
  21. ^ NIGHT FISHING. サカナクション. 日本、東京: ビクターエンタテインメント. 2008.
  22. ^ 2008/2/4付:Japan Billboard Top Albums Sales”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2008年1月31日). 2016年1月10日閲覧。
  23. ^ NIGHT FISHING”. Oricon. 2014年12月13日閲覧。
  24. ^ 【CD】NIGHT FISHING”. タワーレコード. 2015年2月16日閲覧。
  25. ^ sakanaction 魚韻 / NIGHT FISHING” (中国語). Books.com.tw. 2015年4月15日閲覧。
  26. ^ Night Fishing Sakanaction” (韓国語). Bugs. 2015年1月15日閲覧。
  27. ^ サカナクション、ライヴ音源第2弾をiTunes限定配信&アルバム世界配信”. BARKS (2009年7月3日). 2015年2月17日閲覧。
  28. ^ NIGHT FISHING”. Onkyo & Pioneer Innovations Corporation (2015年3月18日). 2015年3月18日閲覧。
  29. ^ サカナクション、アナログ&ハイレゾ配信企画始動”. ナタリー. ナターシャ (2015年2月10日). 2015年2月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]