Pieces (L'Arc〜en〜Cielの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
L'Arc〜en〜Ciel > ディスコグラフィ > Pieces (L'Arc〜en〜Cielの曲)
Pieces
L'Arc〜en〜Cielシングル
初出アルバム『ark
B面 fate 〜fake fate mix〜
リリース
ジャンル J-POP
ロック
時間
レーベル Ki/oon Records
作詞・作曲 hyde (作詞)
tetsu (作曲)
プロデュース L'Arc〜en〜Ciel
岡野ハジメ
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1999年6月度月間2位(オリコン)
  • 1999年7月度月間20位(オリコン)
  • 1999年度年間24位(オリコン)
  • 登場回数8回(オリコン)
L'Arc〜en〜Ciel シングル 年表
HEAVEN'S DRIVE
(1999年)
Pieces
(1999年)
Driver's High
(1999年)
ark 収録曲
What is Love
(10)
Pieces [ark mix]
(11)
Clicked Singles Best 13 収録曲
HEAVEN'S DRIVE
(8)
Pieces
(9)
Driver's High
(10)
テンプレートを表示

Pieces」(ピーシーズ)は、日本のロックバンドL'Arc〜en〜Cielの16作目のシングル1999年6月2日発売。発売元はKi/oon Records

解説[編集]

アルバム『ark』、『ray』の2枚同時発売に先行して発売されたシングル。ラルクのシングル作品としては初のソフトバラードとなった。

先行シングルでありながら初週48.4万枚(累計売上は73.5万枚、オリコン調べ)を売り上げ、オリコンシングルチャートにおいて前作に続き1位を獲得した。これで「snow drop」から4作連続、通算7作目の首位獲得となった。

ミュージック・ビデオは、"呪いを込められたナイフが記憶を持っている"というテーマのもと、物語仕立てで作られた(詳細は下記参照)。

初回限定スーパーピクチャーCDレーベル・3面デジパック仕様。

ミュージックビデオ[編集]

本作品のミュージックビデオは、ディレクターをCMディレクターの高田雅博、クリエイティブディレクションをCMプランナーの多田琢が務めた作品で、ストーリー仕立てのビデオとなっている。本作品は音楽専門チャンネルスペースシャワーTV』主催の音楽賞「SPACE SHOWER Music Video Awards 99」において「BEST VIDEO OF THE YEAR」を受賞した。

ストーリーは、ある孤独な老人が自らの悲運を嘆き、1本のナイフに100年の呪いをかけたところから始まる。この呪いによって、ナイフの持ち主は、自らの意志に反して人を殺すことになり、100年もの間、持ち主が変わりながらも殺人を繰り返す物語が進んでいく。ラストはこの呪いを解くために必要な最後の男(=hyde)によって、tetsuyaがナイフで刺されてしまうというものである。

後年、クリエイティブディレクターの多田琢は制作を振り返り、「一瞬の出来事というよりは、10年、100年スパンの何年にもわたる話が初めに浮かんだイメージだった[1]」と楽曲を聴いた時の印象を語っている。映像の中にtetsuyaがビルの屋上から飛び降りるシーンがあるが、これは、tetsuya本人の希望により実現したものである[1]。また、2006年に行われたライブ「15th L'Anniversary Live」で披露された際、ミュージック・ビデオがモニターに映された。

ストーリーの概要は、特設サイトにてシングル発売前より下記日程で随時公開された。

#0 Preview (May.25)
#1 Prologue (Jun.2)
#2 Long Preview (Jun.9)
#3 From London to Warsaw (Jun.9)
#4 HongKong (Jun.16)
#5 From Chicago to New York (Jun.23)

収録曲[編集]

  1. Pieces
    ソーテック「e-one 433」CMソング
    歌詞に関してhydeは当時「子どもを持つ気持ちを想像して書いた」と語っており、タイトルの「Pieces(=かけら)」も自身の子どもをイメージしてつけられた。また、作曲したtetsuyaは自身の祖母を想って作った[2]と述べており、「自分にとっては恋愛の曲ではない[2]」とも語っている。ライブでは「あなた」と並び、ラスト定番の曲となっている。
    シンガーソングライターaikoが、自身がパーソナリティーを務めていたラジオ番組『aikoの@llnightnippon.com』でカバーしたことがある。
    6thアルバム『ark』収録の「ark mix」では最後のサビ前のオーケストラのアレンジおよびミックスが異なる。シングルバージョンは2001年発売のベストアルバムClicked Singles Best 13』に収録。
  2. fate 〜fake fate mix〜
    5thアルバム『HEART』の収録曲「fate」のyukihiroによるリミックス曲。
    このリミックスとは別バージョンの「everybody knows but god mix」が、リミックスアルバムectomorphed works』に収録されている。

参加ミュージシャン[編集]

収録アルバム[編集]

オリジナルアルバム
  • ark』 (#1,アルバムバージョン)
ベストアルバム
リミックスアルバム

脚注[編集]

  1. ^ a b 『ray 15th Anniversary Expanded Edition』特典DVD、2006年
  2. ^ a b リットーミュージック社『BASS MAGAZINE SPECIAL FEATURE SERIES/tetsuya L'Arc〜en〜Ciel』2010年