the brilliant green

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
the brilliant green
出身地 日本の旗 日本京都府
ジャンル J-POPブリットポップ60'sロックポップ・ロックオルタナティヴ・ロックポスト・グランジ[1][2]
活動期間 1995年 -
レーベル ソニーレコード
(1997年 - 2000年)
デフスターレコーズ
(2000年 - 2009年)
ワーナーミュージック・ジャパン
(2010年 - )
事務所 研音( - 2009年)
ナインティワン(2010年 - )
共同作業者 笹路正徳[3]
Tommy february6/Tommy heavenly6
メンバー 川瀬智子ボーカル
奥田俊作(ベース
旧メンバー 松井亮(ギター

the brilliant green(ザ・ブリリアント・グリーン)は、日本ロックバンド。略称は「ブリグリ」。所属レコードレーベルワーナーミュージック・ジャパン、所属事務所ナインティワン

概要[編集]

作詞・ボーカルを担当する川瀬智子、作曲・アレンジおよびベース演奏を担当する奥田俊作による音楽ユニット[4]

1995年京都市立紫野高等学校クラスメイトだった奥田俊作と松井亮がライヴハウスで歌っていた川瀬智子をスカウトし、京都にて結成[5]。奥田のホームスタジオにて録音されたデモテープの完成度が業界関係者の注目を集め、1997年に全曲英語詞のシングル「Bye Bye Mr. Mug」でソニーレコードよりメジャーデビュー[4][5]

またボーカルの川瀬はバンドと並行してソロプロジェクト「Tommy february6」「Tommy heavenly6」を開始、ファッションリーダーとしても大きな支持を得る[4][6]。それにともない奥田と松井もソロ活動を開始。2001年からバンドは休止と再開を繰り返すようになるが、実際は川瀬のプロジェクトに奥田と松井の2人も参加していたため、形を変えて3人での活動は継続していた[7]

2010年に松井が脱退[8]、2014年には奥田がバンドのメンバーではあるものの自身は表舞台には立たず、プロデュース業に専念することを発表し[9]、「Tommy february6」「Tommy heavenly6」と同様に実質的に川瀬のソロプロジェクトとなった[2]

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

楽曲提供[編集]

(作詞:川瀬智子、作曲:奥田俊作)

元メンバー[編集]

  • 松井 亮(まつい りょう) - ギター1972年2月11日生まれ。作曲担当。meisterとしてソロ活動。2010年5月10日、一身上の都合により脱退。

楽曲提供[編集]

コナミデジタルエンタテインメントコンポーザーとして、音楽ゲームGuitarFreaks」と「DrumMania」にRYDER(Tim Jensenとのユニット)、millll(あさきとのユニット)名義で楽曲を提供。

  • in control(「GuitarFreaksV5」「DrumManiaV5」/RYDER)
  • I M I(「GuitarFreaksXG」「DrumManiaXG」「GuitarFreaksV8」「DrumManiaV8」/RYDER)
  • drop(「GuitarFreaksXG2」「DrumManiaXG2」「GuitarFreaksV8」「DrumManiaV8」/RYDER)
  • アーリマン(「GuitarFreaksXG3」「DrumManiaXG3」/millll)
  • Give Us Kiss!(「GITADORA」/sugarless sugar)
  • 俺と愛とロック(「GITADORA」/millll)

来歴[編集]

1995年
  • 2月、the brilliant green結成。
1997年
  • 9月21日、全編英語歌詞のマキシシングル「Bye Bye Mr.Mug」でメジャーデビュー。
1998年
  • 5月13日、3rdシングルで初の日本語歌詞の「There will be love there -愛のある場所-」をリリース[注 1]。TBSのドラマ『ラブ・アゲイン』の主題歌に抜擢されてロングセラーとなり、オリコン1位を獲得。ダブル・プラチナを超えるヒットを記録した[6]
2001年
  • 7月、ボーカルの川瀬智子のソロプロジェクト「Tommy february6」がスタート。そのため、一時的にバンドの活動を休止。
2002年
  • 4月24日、「原点回帰」を詠った12枚目のシングル「Forever to me 〜終わりなき悲しみ〜」をリリースし、活動を再開。
  • 12月4日、4thアルバム「THE WINTER ALBUM」をリリース後、バンドとしての活動を休止[10]
2003年
  • 2月、「Tommy february6」が再始動。
  • 5月、対照的なスタイルによる「Tommy heavenly6」が始動。
  • 11月22日、奥田と川瀬が入籍したことをオフィシャルサイトにて発表[11]
2004年
  • 9月、ギターの松井亮のソロプロジェクト「meister」が始動。
2007年
  • 3月、川瀬のソロ・プロジェクト「Tommy heavenly6」の初の全国ツアーに、松井と奥田が参加[12]
  • 6月、バンドデビュー10周年を迎え、約4年半ぶりに活動を再開する事を発表[10]
  • 8月22日、15枚目のシングル「Stand by me」をリリース(『探偵学園Q』のドラマ版主題歌)。
  • 10月6日、5年ぶり[注 2]のライヴを大阪なんばHatchにて行なう[13]
  • 12月31日、COUNTDOWN JAPAN07/08に初出演。
2008年
  • 2月6日、17枚目のシングル「Ash Like Snow」をリリース(『機動戦士ガンダム00』のOP)。
  • 2月22日、活動から11年目で初のベストアルバムを発売。3月3日付けオリコン・ウィークリー・アルバム・チャートで1位を獲得[14]
  • 9月、川瀬のソロプロジェクト「Tommy heavenly6」が1年半ぶりに活動を再開。
2009年
  • 5月31日付で所属事務所研音との契約終了。
2010年
  • 1月、レーベルをワーナーミュージック・ジャパン、所属事務所をナインティワンに移し、約2年ぶりに活動を再開することを発表[15]
  • 2月24日、17枚目のシングル「LIKE YESTERDAY」をリリース。
  • 5月10日、オフィシャルサイトにて松井亮の脱退を発表[8]
  • 9月15日、新体制によるアルバム『BLACKOUT』をリリース。
  • 10月31日、ワーナーミュージック・ジャパンの創立40周年を記念したライブイベント「100年MUSIC FESTIVAL」に出演[16]
2013年
  • “the brilliant green Tomoko Kawase デビュー15周年企画”と題したプロジェクトがスタート[17]
2014年
  • 2月6日、約3年半ぶりにバンドとしての活動を再開することを川瀬の誕生日にあたるこの日にオフィシャルサイトにて発表[18]
  • 4月30日、ベストアルバムを兼ねた過去の曲をアンプラグドアレンジで収録したセルフカバーアルバム「THE SWINGIN’ SIXTIES」を発売する事を発表。
  • 6月4日、作曲担当の奥田は今後もメンバーではあるものの川瀬のソロプロジェクトと同様にthe brilliant greenの活動においても表舞台には立たず、プロデュースに専念することが公式サイトより発表された[9]
2015年
  • 4月28日、公式サイト改装に伴い前年度に立ち上げた新オフィシャルファンクラブ「TOMMY CLUB」がthe brilliant green、TommyFebrary6、Tommy Hevenly6等の世界観を表現していくカルチャーレーベルプロジェクトという形で「HOUSE OF TMY」へ改名する。
2017年
  • 8月20日、東京・神宮球場で行われた『2017 神宮外苑花火大会』のライブに出演。約4年ぶりに活動を再開させる[19]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル
1st 1997年9月21日 Bye Bye Mr. Mug
2nd 1997年12月1日 goodbye and good luck
3rd 1998年5月13日 There will be love there -愛のある場所-
4th 1998年8月26日 冷たい花
5th 1999年1月27日 そのスピードで
6th 1999年3月10日 長いため息のように
7th 1999年8月18日 愛の♥愛の星
8th 1999年9月22日 CALL MY NAME (JAPANESE VERSION)
9th 1999年12月1日 BYE! MY BOY!
10th 2000年5月31日 Hello Another Way -それぞれの場所-
11th 2000年11月15日 angel song -イヴの鐘-
12th 2002年4月24日 Forever to me 〜終わりなき悲しみ〜
13th 2002年7月31日 Rainy days never stays
14th 2002年10月9日 I'M SO SORRY BABY
15th 2007年8月22日 Stand by me
16th 2007年12月12日 Enemy
17th 2008年2月6日 Ash Like Snow
18th 2010年2月24日 LIKE YESTERDAY
19th 2010年6月30日 Blue Daisy
20th 2010年8月18日 I Just Can't Breathe...

アルバム[編集]

オリジナルアルバム[編集]

発売日 タイトル
1st 1998年9月19日 the brilliant green
2nd 1999年9月8日 TERRA2001
3rd 2001年1月1日 Los Angeles
4th 2002年12月4日 THE WINTER ALBUM
5th 2010年9月15日 BLACKOUT

シングルコレクション[編集]

発売日 タイトル
1st 2008年2月20日 complete single collection '97-'08

セルフカヴァー[編集]

発売日 タイトル
1st 2014年7月23日 THE SWINGIN' SIXTIES

VHS・DVD[編集]

  1. the brilliant green clips (VHS:1999年3月1日 DVD:1999年4月21日)
    1. Bye Bye Mr.Mug
    2. goodbye and good luck
    3. There will be love there 〜愛のある場所〜
    4. 冷たい花
    5. そのスピードで
    6. Rock'n Roll (Live Ver.)
    初ビデオ・クリップ集。
  2. SUPER TERRA2000 (VHS・DVD:2000年4月1日)
    1. BYE! MY! BOY!
    2. CAN'T STOP CRYIN
    3. FUNNY GIRLFRIEND!!
    4. 愛の♥愛の星
    5. 冷たい花
    6. Round and Round
    7. Bye Bye Mr.Mug
    8. MISTER MOON
    9. Jump Jump Jump
    10. Baby London Star
    11. CALL MY NAME
    12. 長いため息のように
    13. goodbye and good luck
    14. You & I
    15. There will be love there -愛のある場所-
    1999年~2000年にかけて行われた全国ツアー「TERRA 2001 tour」とドキュメント映像収録。
  3. Los Angeles clips 2 (VHS・DVD:2001年1月1日)
    1. 長いため息のように
    2. 愛の♥愛の星
    3. CALL MY NAME
    4. BYE!MY BOY!
    5. Hello Another Way -それぞれの場所-
    6. angel song -イヴの鐘-
    ビデオ・クリップ集第2弾。VHS版・DVD版が同時発売。
  4. Music Video Collection'98-'08 (DVD:2008年2月20日)
    1. There will be love there 〜愛のある場所〜
    2. 冷たい花
    3. そのスピードで
    4. 長いため息のように
    5. 愛の♥愛の星
    6. CALL MY NAME (JAPANESE VERSION)
    7. BYE! MY BOY!
    8. Hello Another Way -それぞれの場所-
    9. angel song -イヴの鐘-
    10. Forever to me 〜終わりなき悲しみ〜
    11. Rainy days never stays
    12. I'M SO SORRY BABY
    13. Stand by me
    14. Enemy
    15. Ash Like Snow
    16. 京都ぶらり旅 オリジナル映像
    the brilliant green初のシングルクリップ・ベスト。
    特典映像や副音声でのコメンタリーが収録されているが、同時発売のシングルベストの初回版付属のDVDには無い。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 8cmシングルとしては初めての発売。
  2. ^ 2002年11月に行なった学園祭ライヴ以来。

出典[編集]

  1. ^ the brilliant greenの基本情報”. キューブミュージック. 2018年2月22日閲覧。
  2. ^ a b the brilliant greenの音楽はなぜ色褪せないのか 新作アルバムに見る「楽曲の強度」”. リアルサウンド (2014年7月29日). 2018年2月22日閲覧。
  3. ^ BS-TBS『Sound Inn "S" 』”. PR TIMES (2018年2月16日). 2018年2月22日閲覧。
  4. ^ a b c the brilliant greenの記事まとめ”. 音楽ナタリー. 2018年2月22日閲覧。
  5. ^ a b the brilliant green (2014年7月23日). 「THE SWINGIN' SIXTIES」インタビュー ページ3. インタビュアー:田島太陽. 音楽ナタリー.. https://natalie.mu/music/pp/thebrilliantgreen02/page/3 2018年2月22日閲覧。 
  6. ^ a b the brilliant greenの新着ニュース・新曲・ライブ・チケット情報”. BARKS. 2018年2月22日閲覧。
  7. ^ the brilliant green、活動再開!”. BARKS (2007年6月4日). 2018年2月22日閲覧。
  8. ^ a b the brilliant greenからギター松井亮が脱退”. 音楽ナタリー (2010年5月10日). 2018年2月22日閲覧。
  9. ^ a b the brilliant green、表舞台は川瀬智子のみ”. BARKS (2014年6月5日). 2018年2月22日閲覧。
  10. ^ a b the brilliant green 5年ぶり活動再開を発表”. ナタリー (2007年6月1日). 2014年5月1日閲覧。
  11. ^ the brilliant greenの奥田俊作と川瀬智子が結婚”. TOWER RECORDS ONLINE (2003年11月25日). 2018年2月22日閲覧。
  12. ^ the brilliant green、活動再開!”. BARKS (2007年6月4日). 2014年5月5日閲覧。
  13. ^ RO69 the brilliant green 5年ぶりのライヴを敢行&ニュー・シングルのリリースも!”. RO69 (2007年10月11日). 2014年5月5日閲覧。
  14. ^ ブリグリ、デビュー11年目に初のオリコン1位を獲得”. BARKS (2008年2月28日). 2014年5月5日閲覧。
  15. ^ the brilliant green、移籍&新曲リリースで再始動”. ナタリー (2010年1月5日). 2014年5月1日閲覧。
  16. ^ ワーナー所属アーティスト集結!武道館で感動フィナーレ”. ナタリー (2010年11月1日). 2014年5月1日閲覧。
  17. ^ ブリグリ&Tommyデビュー15周年企画始動、第1弾はシングル”. ナタリー (2012年12月21日). 2014年5月1日閲覧。
  18. ^ the brilliant green、3年半ぶりに活動再開”. ナタリー (2014年2月6日). 2014年5月1日閲覧。
  19. ^ “4年ぶり再始動”ブリグリがライブ出演 川瀬智子「暗い曲ばっかりで申し訳ない」”. ORICON NEWS (2017年8月20日). 2018年2月22日閲覧。

外部リンク[編集]