呪文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

呪文(じゅもん)は、呪術的な効果を得るために使われる言葉であり[1][2]呪術の一要素を成す[1][3]。多くは定式化されており[1][2]、期待する効果に応じてそれらを使い分ける[2]。呪文のフレーズには直喩隠喩が多用されたり[2]擬音語・節回しなどの音声的な工夫がなされたりする[2]。また神秘性によって効力が高まると考え[1]古語や意味不明な語句を用いたり[1][2]、秘密にされたりする場合もある[1]。またはそこから転じて、意味不明な言葉の羅列などを"呪文"と喩える場合もある。

呪術の要素として、言葉(呪文)、行為(呪法)、道具(呪具)の三つが挙げられるが[3]、各々を単独で用いるか・組み合わせて用いるか[3]、またどれを重視するかは文化によって異なる[1]。従って呪文はしばしば儀式と結び付けて用いられる[1][4]。また呪文を特に尊び、一言一句正確な詠唱を求める文化もあれば、呪法や呪具の効力を認めて、術者による多少の呪文改変を許す文化もある[1][2]。前者の例としてはポリネシアマオリ族[2]トロブリアンド島民がある[1][2]アフリカでは後者の例が多い[1]

呪文は言葉そのものとして見ると、様式的かつ一義的解釈が困難という点で詩歌との共通点がある[2]。実際、呪文が詩歌(特に諷刺[5])の原型になったと思われる社会は多く見られる[2]

日本において有名な呪文[編集]

祈り・祓い[編集]

  • なんまいだぶ、なんまいだぶ (南無阿弥陀仏からの転化)
  • 主イエス・キリストの御名によって~、アーメン (キリスト教)
  • 天にましますわれらの父よ、~ (キリスト教の主の祈り)
  • ~せと、恐み恐み(畏み畏み)白す(申す) (祝詞)
  • 真言
  • 言霊

召喚術[編集]

  • ベントラーベントラー
  • コックリさん、コックリさん、おいでください。

童謡における呪文[編集]

漫画やアニメ、ゲームにおける呪文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 日本大百科全書』第11巻、小学館1994年、第2版、p.716。ISBN 978-4095261119
  2. ^ a b c d e f g h i j k 世界大百科事典』第13巻、加藤周一(編)、平凡社2007年、改訂新版、p.266。ISBN 978-4582027006
  3. ^ a b c 『日本宗教事典』 小野泰博(編)、弘文堂1994年、縮刷版、p.659。ISBN 978-4335160240
  4. ^ リチャード・ケネディ 『世界宗教事典』 山我哲雄(編訳)、教文館1991年、カラー版、p.121。ISBN 978-4764240070
  5. ^ 『西洋思想大事典』第4巻、フィリップ・P・ウィーナー(編)、平凡社1990年、pp.48-50。ISBN 978-4582100105

関連項目[編集]