お守り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
各種お守り(四国第二十三番札所 薬王寺 (徳島県美波町)

お守り(おまもり、御守り御守)とは、厄除け魔除け)、招福(開運、幸運)、加護などの人の願いを象った物品(縁起物)である。護符御符[1]とも呼ばれる。外来語で言うとアミュレット、タリスマン、チャームなど。

日本の神社寺院で配布されるお守りやお札は鎌倉時代から存在するが、これらは道教符録を日本化して利用したのが始まりである[2]

護符の種類・形状[編集]

日本のお守り
お守り 授与所(善光寺

さまざまな形態の護符がある。

動植物[編集]

動植物になんらかの超常的な力を見出してお守りとする。

宝石(パワーストーン)・金属[編集]

神、宗教者[編集]

神や宗教者を像として形作ったり、図画にして用いる。

お札[編集]

ご利益のある文言や図画を書き記した札を持つ。

コイン[編集]

コイン、もしくはコインの形状のものをお守りとみなす。

アクセサリー[編集]

多数を作る[編集]

手間暇かけて多くの人の手を経る、あるいは多くの数をそろえる。

  • 千人針 - 太平洋戦争中、出征する兵士に贈られた。白い布に女性が1針ずつ玉結び(玉止め。弾と掛けた願掛け)を縫い付けたもので、腹巻とした。また、縁起をかつぐために銭貨やの模様を縫い付けることもあった。
  • 千羽鶴 - 折り紙を用いて神聖なの形を作り、それを千個作ることでなんらかの願掛けとする。折鶴自体は古くからあり、当初は必ずしも千個ではなかった(千は日本において「とても多い」の漠然とした意味)。

特殊に作る[編集]

  • 武器 - 戦闘や護身、狩猟のために使われた刀剣弓矢などの武器は、慶事の縁起物や弔事の魔除けとして登場する。

お守りとしての目的でつくる物品のうち、もともとが実用品ではないもの。

物、言い伝え[編集]

民間伝承や土着文化のうち具現化されたもの。

部活/スポーツの仲間とお揃いで作る[4][編集]

近年はInstagramの発展もあり多くの手作りお守りが中高生の間で流行っている。フェルトで自由にデザイン、レジンでユニフォーム型お守り、ミサンガをビーズでよりおしゃれに、プラ板でキャラクターを描いたお守りが一般的。その際によく使用されている言葉は、漢字1文字~4文字が一般的。

【1文字】勝、絆、夢、進、笑 【2文字】必勝、上昇、信頼、仲間、入魂、全力、勝利、挑戦 【4文字】一致団結、七転八起、獅子奮迅、前程万里、獅子搏兎、百折不撓

言葉遊び[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 護符・御符(『大辞林』第三版 - コトバンク)
  2. ^ 下出積与「道教と日本人 」講談社現代新書1975年,p187-191
  3. ^ 『神道大辞典 第一巻』p286
  4. ^ 部活の仲間とお揃い!フェルトやレジンで手作りお守り♡”. 初心者女子のためのスポーツメディア♡ | spoitスポイト. 2021年5月21日閲覧。

関連項目[編集]