陀羅尼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

陀羅尼 (だらに)、梵名ダーラニー  (धारणी [dhāraṇī])とは、仏教において用いられる呪文の一種で、比較的長いものをいう。通常は意訳せず(不翻)サンスクリット語原文を漢字で音写したものを各国語で音読して唱える。

概要[編集]

陀羅尼はダーラニーの音を中国において漢字で音写したものであり、意訳して総持能持能遮等ともいう。ダーラニーとは「記憶して忘れない」という意味で、本来は仏教修行者が覚えるべき教えや作法などを指した。やがてこれが転じて「暗記されるべき呪文」と解釈される様になり、一定の形式を満たす呪文を特に陀羅尼と呼ぶ様になった。

本来、陀羅尼は暗記して繰り返しとなえる事で雑念を払い、無念無想の境地に至る事を目的とした。「能遮」という意訳は雑念妄想を「能(よ)く遮(さえぎ)る」という意味である。

その構成は、多くの場合まず三宝などに帰依する事を宣言する句で始まり、次にタド・ヤター(「即ち」、「この尊の肝心の句を示せば以下の通り」の意味。一般には「哆地夜他」と漢字音写され、日本では「タニャター」、「トニヤト」、「トジト」等と読む)と続き、本文に入る。本文は多くの場合、や仏、菩薩仏頂尊などへの呼びかけや賛嘆、願い事を意味する動詞の命令形等で、思想上あまり深い意味は無い。そして最後に成功を祈る聖句「スヴァーハー」(「薩婆訶」と漢字音写され、日本では「ソワカ」、「ソモコ」と読む)で終わる。

陀羅尼の本文が意味希薄な言葉なのは、これが本来無念無想の境地に至る事を目的としていたためで、あまり具体的な意味のある言葉だと日常的な連想が働いて却って雑念を呼び起こしてしまうからである。

しかしそのあまりに神秘的な響きから、やがてこれを唱えたり書写したり、また暗記する事で様々な霊験が現れるという信仰が生まれた。

外部リンク[編集]

  • [1] 円山達音 編、『陀羅尼字典』、1898年、東京、森江佐七(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)

関連項目[編集]