BE TOGETHER

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

BE TOGETHER(ビー・トゥゲザー)は、小室みつ子が作詞、小室哲哉が作曲した楽曲。

TM NETWORK1987年昭和62年)発表のアルバム「humansystem」に収録され、後に日本女性歌手、鈴木あみの7枚目のシングルの表題曲としてカバーされた。

TM NETWORK版[編集]

BE TOGETHER
TM NETWORK楽曲
収録アルバム humansystem
リリース 1987年11月11日
規格 12センチCD
LP
録音 1987年7月20日 - 8月29日
セディックスタジオ
CBSソニー信濃町スタジオ
スマイルガレージ
ビクター青山スタジオ
サウンドシティー
一口坂スタジオ
東京
1987年9月4日 - 9月18日
Ignited Productions
Record One
Image Recording
ロサンゼルス
ジャンル ロック
レーベル エピックレコードジャパン
作詞者 小室みつ子
作曲者 小室哲哉
プロデュース 小室哲哉
その他収録アルバム
humansystem収録順
Kiss You (More Rock)
(2)
BE TOGETHER
(3)
Human System
(4)

後にシングル『Get Wild(再発盤)』のカップリング曲としてシングルカットされている。BOØWYの4枚目のシングル「B・BLUE」に対抗して作ったという。こういう曲がないとBOØWYみたいな勢いのあるバンドに敵わないだろうと小室哲哉は思ったという。[1]間奏のギターソロはB'z松本孝弘が演奏している。このソロの演奏は難しいのではないかと小室はインタビューに答えている。[2]ドラムはレベッカ小田原豊が叩いている。小田原豊のドラムには、海外でパンクシーンからポリス的なものが生まれてきたような、スピード感があると小室哲哉 は評している。[3]

リプロダクション・アルバム「DRESS」ではJonathan Eliasによってリミックスされ、原曲バージョンにはなかった冒頭の台詞が付加されている(その台詞部分は原曲版のボーカルトラックにもあったが、ミックスの段階でカットされたもの)。「DRESS」バージョンは松本孝弘のギターソロはサックスに置き換えられている。

ライブ・アルバム「COLOSSEUM II」ではアルバム1曲目に収録されている。ライブツアー『KISS JAPAN DANCING DYNA-MIX TM NETWORK ARENA TOUR』からの音源である。このバージョンはイントロがサビから始まっている。静かなイントロで始まる原曲バージョン、DRESSバージョンとは対照的である。

このように1994年のTMN「終了」前のセレクション・アルバム2枚に収録されており、後記の鈴木あみ版のシングルがリリースされる1999年より前から、TM NETWORKのファンの間では知られた定番曲であった。

WORLD HERITAGE DOUBLE-DECADE COMPLETE BOXでリマスタリングされたアルバム『DRESS』収録のこの曲のアウトロの部分が音飛びするという製造上の不良が発覚している。これについては無償交換対応がされた。

鈴木あみ版[編集]

BE TOGETHER
鈴木あみシングル
初出アルバム『infinity eighteen vol.1
B面 NIGHT SKY
リリース
規格 マキシシングル
レコード
ジャンル J-POP
レーベル TRUE KiSS DiSC
作詞・作曲 作詞/小室みつ子
作曲/小室哲哉
プロデュース TETSUYA KOMURO
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1999年7月度月間5位(オリコン)
  • 1999年8月度月間3位(オリコン)
  • 1999年度年間17位(オリコン)
鈴木あみ シングル 年表
Don't leave me behind/Silent Stream
(1999年)
BE TOGETHER
(1999年)
OUR DAYS
(1999年)
テンプレートを表示

解説[編集]

  • 1999年平成11年)7月14日TRUE KiSS DiSCよりリリース。自身初のオリコンシングルチャート1位を獲得し、自身最高の初動売上枚数を記録。オリコン集計での累計売り上げは80万枚を超え、自身最大のヒット曲である。
  • マキシシングルアナログの2形態で発売。アナログには前作「Don't leave me behind」のリミックス曲を2つ収録された。
  • ASAYAN』では、モーニング娘。の「ふるさと」との同時発売ランキング対決が企画されたが、結果は「ふるさと」がオリコン5位、「BE TOGETHER」がオリコン1位となり勝負に勝った。
  • 当時最大のライバルといわれていた浜崎あゆみのシングル「Boys & Girls」と同時発売になり話題に。オリコンシングルチャートでは、このシングルが初登場1位、浜崎のシングルは2位となった。しかし、翌週逆転し2位となった。
  • アルバム『infinity eighteen vol. 1』には小室哲哉によってアレンジし直された「BE TOGETHER(Shadow Dancing Mix)」が収録されている。
  • 発売年のNHK紅白歌合戦(第50回)ではこの曲が披露された。
  • 2007年平成19年)にリリースシングル「FREE FREE/SUPER MUSIC MAKER」の後に中田ヤスタカがエレクトロサウンドで新アレンジバージョンを制作した。ライブでのみ披露しており、CD等には現在未収録。

収録曲[編集]

CDシングル[編集]

  1. BE TOGETHER (ORIGINAL MIX)
    作詞:小室みつ子 / 作曲・編曲:小室哲哉
    モスバーガー「夏のキャンペーン」CMソング。同じバージョンはベストアルバム『FUN for FAN』に収録。アルバム『infinity eighteen vol.1』にはニューアレンジが収録された。
  2. BE TOGETHER (BAND MIX)
  3. NIGHT SKY
    作詞:MARC / 作曲・編曲:久保こーじ
  4. BE TOGETHER (TV MIX)

アナログ[編集]

  • Side A
  1. BE TOGETHER (ORIGINAL MIX)
  2. BE TOGETHER (TV MIX)
  • Side B
  1. Don't leave me behind (MOOD II SWING CLUB MIX)
  2. Don't leave me behind (MOOD II SWING CLUB INSTRUMENTAL)

カバー[編集]

  • 2001年平成13年)、ニニ(Ni-Ni)のアルバム『マーメイド』の日本語版ボーナストラックとして英語バージョンを収録。
  • 2010年(平成22年)、茅原実里(7月放送のアニメ『世紀末オカルト学院』第3話予告で使用。画面の表記は「中川美風(CV 茅原実里)」。同アニメのBlu-ray Disc、DVD第2巻の特典CDに収録。

出典[編集]

  1. ^ 「TM NETWORK 30th Anniversary Special Issue 小室哲哉ぴあ TM編 (ぴあMOOK)」47ページの小室哲哉 のインタビュー
  2. ^ 「TM NETWORK 30th Anniversary Special Issue 小室哲哉ぴあ TM編 (ぴあMOOK)」47ページの小室哲哉 のインタビュー
  3. ^ 「TM NETWORK 30th Anniversary Special Issue 小室哲哉ぴあ TM編 (ぴあMOOK)」47ページの小室哲哉 のインタビュー