Nights of The Knife

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Nights of The Knife
TMNシングル
初出アルバム『GROOVE GEAR 1984-1994
B面 Nights of The Knife (Instrumental)
リリース
規格 8センチCD
ジャンル ロック
時間
レーベル エピックソニーレコード
作詞・作曲 作詞:小室みつ子
作曲:小室哲哉
プロデュース 小室哲哉
チャート最高順位
  • 1位(オリコン
  • 1994年度年間56位(オリコン)
TMN シングル 年表
一途な恋
1993年
Nights of The Knife
(1994年)
GET WILD DECADE RUN
1999年
テンプレートを表示

Nights of The Knife(ナイツ・オブ・ザ・ナイフ)は、TMNの28枚目のシングル。

内容[編集]

デビュー10周年、同時に「TMN終了」を各種メディアにて一斉発表した日にリリースされたシングル(この時点ではラストシングルであった)。

小室哲哉が小室みつ子に詞を発注した時、「終わりじゃなくて始まり、感慨の涙よりも新しい何かへの前向きな気持ち」というコンセプトを提示したという。そのため、歌詞の内容は前向きな印象を持つ。小室みつ子はこの曲の詞をアルバム『Self Control』収録の「Fool On The Planet」の続編として作ったという。なお、同年に作詞を手がけた小室みつ子がこの曲をカバーしている。

当初この曲のカップリングには「Another Meeting」の収録が予定されていたが、宇都宮の喉の調子が悪かったため、収録を見合わせ、ベストアルバム『TMN BLUE』のボーナストラックとして収録された。

参加ミュージシャンには、葛城哲哉ギターで参加している。

ちなみに、オリコンチャート史上通算500曲目の1位獲得作品となった。

CDジャケットには3人の姿は一切登場しない。また初回版のみ横開きのジャケットで2つ折りになっており、裏面にこれまでリリースしてきたシングルCDのジャケット写真が掲載されている。

本作後の同年リリース作品のタイトル文字フォントは本作基準の完全同一を使用している。

PVはこれまでのTMの代表曲とTMN終了ライブの様子が収録されている。

収録曲[編集]

  1. Nights of The Knife
  2. Nights of The Knife (Instrumental)
    • 作曲・編曲:小室哲哉

収録アルバム[編集]