humansystem

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
humansystem
TM NETWORKスタジオ・アルバム
リリース
録音 1987年7月20日 - 8月29日
セディックスタジオ
CBSソニー信濃町スタジオ
スマイルガレージ
ビクター青山スタジオ
サウンドシティー
一口坂スタジオ
東京
1987年9月4日 - 9月18日
Ignited Productions
Record One
Image Recording
ロサンゼルス
ジャンル ロック
シンセポップ
時間
レーベル EPIC/SONY
プロデュース 小室哲哉
チャート最高順位
TM NETWORK 年表
Gift for Fanks
(1987年)
humansystem
(1987年)
CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜
1988年
『humansystem』収録のシングル
  1. Kiss You (世界は宇宙と恋におちる)
    リリース: 1987年10月1日
  2. RESISTANCE
    リリース: 1988年1月1日
テンプレートを表示

humansystem』(ヒューマン・システム)は日本の音楽グループTM NETWORKの5枚目のアルバム。

1987年11月11日にエピックソニーレコード(現・エピックレコードジャパン)よりリリースされた。

解説[編集]

  • 当時の最新鋭デジタル機器を取り入れ、ロサンゼルス東京でレコーディングされ、前作『Self Control』から1年を経ず発売された。ロサンゼルスのミュージシャンとのコラボレーションによる作品。
  • アルバムタイトルは小室哲哉による造語であるが、この頃の小室は「機械と人間の融合」を唱えており、世間にコンピュータの使い手としてインパクトを与えたことを前提に、「human」という要素を加えようとしたものである。もう一つの「system」は、1対1の人間のつながりから、学校・会社の中の人間のつながり、そして地球・太陽系・宇宙まで含めた関係性を表現したもの。[1]
  • 1999年鈴木あみによってカバーされた『Be Together』など、他のアーティストによってカバーされている楽曲が多い。
  • 小室哲哉は前作よりわかりやすいアルバムを作ろうとして、成し遂げたと言っている。[2]
  • デジタルレコーディングで使えるダイナミックレンジを犠牲にさせない事とシンセサイザーのノイズ音を取り除くという小室自身の意向により、他のアルバムに比べて録音レベル(音量)が小さめとなっている[3]。又、CDジャケットの裏面にもEPICソニーから発売されていたCDアルバムでは珍しく、主に当時のCBSソニーから発売されていたCDアルバム等で使われている「DR(デジタル・レコーディングの略)」のロゴマークが表示されている(初回版のみ)。
  • 当時ロサンゼルス最大のマスタリングスタジオであったバーニー・グランドマン・マスタリングで、バーニー・グランドマン自らがマスタリングを手がけた。バーニー・グランドマン・マスタリングは現在、東京にも拠点を設け、数多くのJ-Pop作品も手がけるようになっている。なお、ミックスは、マライア・キャリーエリック・クラプトンら、数々の有名アーティストを手がけているミック・グゾウスキーが手がけた。
  • 1988年度の売り上げは23万枚でオリコン年間41位。総合の売り上げは38万枚で、その当時の自己新記録だった。
  • コーラスについては、クレジットに記している通りにTM NETWORK自身が行っているが、大変苦労したという。特に「Children of the New Century」は夜から始めて朝方まで本人達が納得がいくまで懸かったという。木根曰く「魔のコーラス」と自称している。

収録曲[編集]

編曲は全曲小室哲哉

  1. Children of the New Century
  2. Kiss You (More Rock)
    • 作詞:小室みつ子 作曲:小室哲哉
    11thシングルのアルバムバージョン。曲の冒頭や所々で飛び交って来るトランシーバーのノイズ音が排除されていたり、ストリングスが排除されていたり、前奏や間奏のセリフが省略されていたり、間奏の台詞の代わりにギターソロになっていたり、アウトロが延長されていてカットアウトで締め括る等、シングルバージョンとは異なっている。
  3. Be Together
    • 作詞:小室みつ子 作曲:小室哲哉
    後にシングル『Get Wild(再発盤)』のカップリング曲としてシングルカットされている。BOØWYの「B・BLUE」に対抗して作ったという。間奏のギターソロはB'z松本孝弘が演奏している。
  4. Human System
    • 作詞:小室みつ子 作曲:小室哲哉
    アルバムタイトル曲。モーツァルトピアノソナタ第11番(トルコ行進曲)のメロディーをイントロ・アウトロ・リフレインのオブリガートに引用している。
  5. Telephone Line
    この曲のラフテイクでは木根がボーカルを執っている。なお、このバージョンは『TMN GROOVE GEAR』に収録されている。「オケはエレクトリックだけど、ヒューマンなバラード」、「『しんみり』とは違った形で表現したくて作った曲」と木根は言っている。[4]
  6. Leprechaun Christmas
    • 作詞:小室哲哉、小室みつ子/作曲:小室哲哉、木根尚登
  7. Fallin' Angel
    • 作詞:小室みつ子 作曲:木根尚登
    実際は小室が先にオケを作り、木根が後から曲を載せるといった共作になっており、木根本人も小室ならこんな曲を作るだろうと思い、作曲したという。順序を逆にすることで自分からは絶対に出ないようなメロディーが出たという。[5]
  8. Resistance
    • 作詞:小室みつ子 作曲:小室哲哉
    後に12thシングルとしてシングルカットされている。
  9. Come Back to Asia
    • 作詞:小室みつ子 作曲:木根尚登
    後に12thシングル『Resistance』のカップリング曲としてシングルカットされている。木根はインタビューに「今までの自分にはないタイプの曲」、「シルクロードをテーマにした、オリエンタルな感じの曲に仕上がった」と答えている。[6]
  10. Dawn Valley (Instrumental)
    • 作曲:小室哲哉
  11. This Night
    • 作詞・作曲:小室哲哉
    本作のラストを飾る曲。ラフテイクでは小室がボーカルを執っている。なお、このバージョンは『TMN GROOVE GEAR』に収録されている。

参加ミュージシャン[編集]

リリース履歴[編集]

No. 日付 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 1987年11月11日 EPIC・ソニー LP
CT
CD
28・3H-310
28・6H-265
35・8H-145
1位
2 1991年9月5日 EPIC・ソニー CD ESCB-1209 -
3 1996年6月17日 EPIC・ソニー CD ESCB-1756 -
4 2000年3月23日 エピックレコード CD ESCB-2117 -
5 2004年3月31日 エピックレコード CD ESCL-2527 - CD-BOXWORLD HERITAGE DOUBLE-DECADE COMPLETE BOX』(完全生産限定盤)収録
紙ジャケット、24bitデジタルリマスタリング仕様
6 2007年3月21日 ソニー・ミュージックダイレクト CD MHCL-1039 - 紙ジャケット、デジタルリマスタリング仕様(完全生産限定盤)
7 2013年2月20日 ソニー・ミュージックダイレクト Blu-spec CD2 MHCL-30012 161位 デジタルリマスタリング仕様

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「TM NETWORK TIMEMACHINE BOX 1984→1994」148ページの小室哲哉 のインタビュー
  2. ^ 「TM NETWORK TIMEMACHINE BOX 1984→1994」150ページの小室哲哉 のインタビュー
  3. ^ ブックレットには「このCDは、製作者の意図に依り、デジタル録音の特性を生かしたダイナミックレンジに十分な余裕を持たせたサウンドとなって居ります。この為全体のレベルが多少低めに感じられる事がありますが御了承下さい」の表記がある(初回版のみ)。尚、1990年代前半以降の再発売版(2013年に発売されたBlu-spec CD2版も含む)は通常の録音レベルでリマスタリングされている為その問題は解消されている。一方でLP盤のカッティングは笠井鉄平(笠井満)が担当したため「このレコードは、原音をより忠実に再現するために、一般のレコードより高いレベルでカッティングされております。このため再生機によっては、再生能力を超え「歪」「針とび」等を起こす恐れがあります。御使用になる前に「針先点検」「針圧調整」を充分に行なって下さい。」との表記がある。
  4. ^ 「TM NETWORK TIMEMACHINE BOX 1984→1994」152ページの木根尚登 のインタビュー
  5. ^ 「TM NETWORK TIMEMACHINE BOX 1984→1994」152ページの木根尚登 のインタビュー
  6. ^ 「TM NETWORK TIMEMACHINE BOX 1984→1994」152ページの木根尚登 のインタビュー