CLUB SURFBOUND

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
CLUB SURFBOUND
浜田省吾ミニ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル CBSソニー
プロデュース 浜田省吾
チャート最高順位
浜田省吾 年表
J.BOY
(1986年)
CLUB SURFBOUND
CLUB SURF&SNOWBOUND
(1987年)
FATHER'S SON
(1988年)
『CLUB SURFBOUND』収録のシングル
  1. 二人の夏
    リリース: 1987年6月21日
テンプレートを表示

CLUB SURFBOUND』(クラブ・サーフバウンド)は、1987年6月28日に発売された日本ミュージシャン浜田省吾のミニアルバム。サマー・ソングで構成された企画アルバムである。形態は12インチ。

前作『J.BOY』に続いてオリコン1位を獲得した。返り咲きを含めて、通算2週の1位を獲得している。

概要[編集]

本作と併せて、1985年に発売された『CLUB SNOWBOUND』がカップリングされたCD盤『CLUB SURF&SNOWBOUND』も同時発売され、2作でチャート1位・2位を独占した。

浜田が愛聴しているビーチ・ボーイズを意識したサーフ・ミュージックばかりで構成されている。収録曲の歌詞の中にもビーチ・ボーイズの楽曲名などが数多く登場する。

当時のバック・バンド「The Fuse」のメンバーも各一曲ずつ作曲を手掛け、作詞を浜田が手掛けている。「バンドのメンバーにお返しをしたい」という浜田の意向で実現された。

本作ではCDでの発売はなく、実質廃盤となっている。しかし、前述の『CLUB SURF&SNOWBOUND』にて現在も手に入る。

収録曲[編集]

  1. 二人の夏
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:町支寛二、ストリングス編曲:水谷公生
  2. GEAR UP 409
    (作詞:浜田省吾、作曲・編曲:町支寛二)
    町支寛二が作曲とリード・ヴォーカルを担当。町支を主人公に描かれており、プロポーズする場面が歌われている。
  3. LITTLE SURFER GIRL
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:町支寛二)
    浜田が「5本の指に入るくらい好きな楽曲」というポップ・ナンバー。
    「二人の夏」のB面曲。
  4. 曳航
    (作詞:浜田省吾、作曲・編曲:梁邦彦
  5. プールサイド
    (作詞:浜田省吾、作曲・編曲:江澤宏明
  6. HOT SUMMER NIGHT
    (作詞:浜田省吾、作曲・編曲:古村敏比古
  7. HARBOR LIGHTS
    (作詞:浜田省吾、作曲・編曲:板倉雅一

関連項目[編集]