ROAD OUT "TRACKS"

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ROAD OUT "TRACKS"
浜田省吾コンピレーション・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル クリアウォーター
プロデュース 浜田省吾
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 1996年度年間59位(オリコン)
ゴールドディスク
浜田省吾 年表
その永遠の一秒に 〜The Moment Of The Moment〜
(1993年)
ROAD OUT "TRACKS"
(1996年)
青空の扉 〜THE DOOR FOR THE BLUE SKY〜
(1996年)
『ROAD OUT "TRACKS』収録のシングル
テンプレートを表示

ROAD OUT "TRACKS"』(ロード・アウト・トラックス)は、1996年2月29日に発売された浜田省吾コンピレーション・アルバム

概要[編集]

同日発売された映像作品『ROAD OUT "MOVIE"』のサウンドトラックという趣旨で制作された。既発曲のリメイク・バージョンやライブ音源、洋楽ナンバーのカバー曲などで構成されている。

もともとは映像作品単体で発売する予定だったが、ある日突然「サウンドトラック盤を作ったら面白いんじゃないか」と思いつき、急遽制作された。

浜田の作品としては、カセットテープ盤が発売された最後の作品となった。

収録曲[編集]

  1. A PLACE IN THE SUN
    (作詞:Ronald Miller、作曲:Bryan Wells、編曲:水谷公生
    スティービー・ワンダー1966年のヒット曲のカバー。「HELLO ROCK&ROLL CITY」の中で"初めて歌ったR&B"と歌われているように、浜田にとって思い出深い一曲。ほぼ原曲通りのアレンジになっている。
  2. 夏の終り
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:浜田省吾&梁邦彦
  3. 今夜こそ
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:水谷公生)
    • リメイク(オリジナル:6thアルバム『Home Bound』収録)
  4. ベイ・ブリッジ・セレナーデ
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:水谷公生)
  5. 悲しみは雪のように
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:星勝
  6. ラストショー
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:水谷公生&星勝)
    • ライブ(オリジナル:7thアルバム『愛の世代の前に』収録)
  7. 少年の心
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:梁邦彦
    • リミックス(オリジナル:11thアルバム『誰がために鐘は鳴る』収録)
  8. いつかもうすぐ
    (作詞:浜田省吾、作曲:Ian Tyson、編曲:水谷公生&浜田省吾&梁邦彦)
  9. IN THE STILL OF THE NIGHTMAYBE
    IN THE STILL OF THE NIGHT(作詞・作曲:Fred Parris、編曲:水谷公生)
    MAYBE(作詞・作曲:Richard Barrett、編曲:水谷公生)
    ファイブ・サテンズ1956年のヒット曲と、シャンテルズ1958年のヒット曲をカバーし、メドレー形式にしている。
  10. MAINSTREET
    (作詞・作曲・編曲:浜田省吾)
  11. J.BOY
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:板倉雅一&江澤宏明&水谷公生)
    • ライブ(オリジナル:10thアルバム『J.BOY』収録)
  12. 最後のキス
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:星勝&梁邦彦)
    • ライブ(オリジナル:12thアルバム『その永遠の一秒に 〜The Moment Of The Moment〜』収録)
  13. サイドシートの影
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:星勝&梁邦彦)
    • リメイク(オリジナル:11thアルバム『誰がために鐘は鳴る』収録)
  14. 我が心のマリア
    (作詞・作曲:浜田省吾、編曲:梁邦彦)
    • リメイク(オリジナル:26thシングル「我が心のマリア/恋は魔法さ」収録)

外部リンク[編集]