その永遠の一秒に

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
その永遠の一秒に
〜The Moment Of The Moment〜
浜田省吾スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル ソニーレコード
プロデュース 浜田省吾星勝梁邦彦
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1993年度年間13位(オリコン)
浜田省吾 年表
EDGE OF THE KNIFE
(1991年)
その永遠の一秒に 〜The Moment Of The Moment〜
(1993年)
ROAD OUT "TRACKS"
(1996年)
『その永遠の一秒に』収録のシングル
  1. 星の指輪
    リリース: 1994年4月25日
テンプレートを表示

その永遠の一秒に 〜The Moment Of The Moment〜』(そのえいえんのいちびょうに ザ・モーメント・オブ・ザ・モーメント)は、1993年9月6日に発売された浜田省吾アルバム

概要[編集]

前作『誰がために鐘は鳴る』から3年振りとなるオリジナル・アルバム。前年の1992年は、テレビドラマ『愛という名のもとに』の主題歌として「悲しみは雪のように」が170万枚を超える大ヒットを記録していたが、実質的には活動停止状態だった。

全体的に重苦しい雰囲気の世界観が描かれており、『誰がために鐘は鳴る』の延長線上にある作品といえる。制作段階では2枚組にする予定だったが、最終的には1枚に収められた。

サウンド・プロデュースは星勝梁邦彦の二人が手掛けており、全編に渡ってシンセサイザーを取り入れている。また、多数のスタジオ・ミュージシャンが招かれており、重厚なアレンジが施されている。これまでは自身のバンド・メンバーと共に制作してきたが、このアルバム以降は一流のスタジオ・ミュージシャンを集めてレコーディングするというスタイルに変わっている。

ジャケットはアメリカで撮影された。海辺の崖の上で、サングラスを外した浜田が空を仰いでいるといった構図のもので、撮影を手掛けた田島照久は特に気に入っている作品だという。

オリコンチャートでは初登場1位を記録し、70万枚以上を売り上げた。アルバム発売に先立ってのシングルは発売されなかったが、発売後の翌1994年平成6年)4月25日に「星の指輪」がシングル・カットされた。

収録曲[編集]

全作詞・作曲:浜田省吾、全編曲:星勝&梁邦彦

  1. 境界線上のアリア
    大々的にシンセサイザーとホーン・セクションを導入したダンス・ナンバー。今日一日を生き抜くことで、その苦悩を乗り越えるというメッセージ・ソング。曲名は「G線上のアリア」(AIR ON THE G STRING)から来ている。
  2. 傷だらけの欲望
  3. 最後のキス
  4. 悲しみ深すぎて
    1977年の2ndアルバム『LOVE TRAIN』収録曲のセルフカバー
  5. ベイ・ブリッジ・セレナーデ
    横浜を舞台にしたアカペラ・ソング
  6. こんな気持ちのまま
    オールディーズ風のポップ・ナンバー。1970年代のライブでは「帰れない帰さない」というタイトルで歌われていた。
    「星の指輪」のカップリング曲。
  7. 星の指輪
    ファンからの人気も高いバラード。アルバム発売後にシングル・カットされた。
  8. 裸の王達
    環境破壊や人間のエゴをテーマにした楽曲。2010年ベストアルバムThe Best of Shogo Hamada vol.3 The Last Weekend』にも収録されている。
  9. 初秋

関連項目[編集]

外部リンク[編集]