The Best of Shogo Hamada vol.3 The Last Weekend

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
The Best of Shogo Hamada vol.3 The Last Weekend
浜田省吾ベスト・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル クリアウォーター
プロデュース 浜田省吾星勝、鈴木幹治
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2010年10月度月間9位(オリコン)
  • 2010年度年間111位(オリコン)
  • 登場回数16回(オリコン)
ゴールドディスク
浜田省吾 年表
The Best of Shogo Hamada vol.1
vol.2
2006年
The Best of Shogo Hamada vol.3 The Last Weekend
2010年
ON THE ROAD 2011 "The Last Weekend"
2012年
テンプレートを表示

The Best of Shogo Hamada vol.3 The Last Weekend』(ザ・ベスト・オブ・ショウゴ・ハマダ・ヴォリューム・スリー・ザ・ラスト・ウィークエンド)は、2010年10月6日に発売された浜田省吾ベスト・アルバム

概要[編集]

2000年にリリースしたヒストリー・アルバム『The History of Shogo Hamada "Since1975"』、2006年に2タイトル同時リリースされた『The Best of Shogo Hamada vol.1』・『vol.2』に続くベスト・アルバムシリーズ完結編。

アルバム収録に際して、全曲にリマスタリング、ほとんどの楽曲にリミックスリメイク(1曲)などが施されているが、「東京」だけは当時のオリジナル音源(リマスタリングのみ)のままである。サウンド・プロデュースは『vol.1 & 2』に続いて星勝が担当している。

公式ホームページやレコード会社のサイトで『ほぼ全曲リメイクバージョン』と宣伝されていたが、これはレコード会社スタッフのプロモーションミスであり、そのほとんどはリミックスである。

ミキシングアメリカで行われ、『vol.1 & 2』に引き続き、ローリング・ストーンズU2レディー・ガガなどを手掛けるジャック・ジョセフ・プイグが担当している。

同コンセプトで制作されたDVD僕と彼女と週末に』と同時発売された。本作の発売に際しての本人稼働によるプロモーション活動(雑誌のインタビューやラジオ出演)は一切行われなかった。

日本語英語中国語韓国語スペイン語の対訳の歌詞カードが付いている。また、初回盤は3面紙ジャケット仕様となっている。

収録曲[編集]

  1. 僕と彼女と週末に
  2. 裸の王達
  3. 詩人の鐘
  4. THEME OF FATHER'S SON - 遥かなる我家
    • リミックス(一部ボーカル再録)(オリジナル:14thアルバム『FATHER'S SON』収録)
  5. RISING SUN - 風の勲章
    • リミックス(オリジナル:14thアルバム『FATHER'S SON』収録)
  6. BLOOD LINE - フェンスの向こうの星条旗
    • リミックス(オリジナル:14thアルバム『FATHER'S SON』収録)
  7. 我が心のマリア (Instrumental)
    • リミックス (オリジナル:2ndビデオ『ROAD OUT "MOVIE"』収録)
  8. MY HOMETOWN
  9. 東京
  10. 午前4時の物語
    • リミックス(オリジナル:16thアルバム『SAVE OUR SHIP』収録)
  11. とらわれの貧しい心で
  12. A NEW STYLE WAR
    • リミックス(ボーカル再録)(オリジナル:11thアルバム『J.BOY』収録)
  13. 愛の世代の前に
    • リミックス(ボーカル再録)(オリジナル:7thアルバム『愛の世代の前に』収録)
  14. 桜 (Instrumental)

外部リンク[編集]