EDGE OF THE KNIFE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
EDGE OF THE KNIFE
浜田省吾カバー・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル ソニーレコード
クリアウォーター(再発)
プロデュース 浜田省吾
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 週間30位(再発盤、オリコン)
  • 1991年度年間15位(オリコン)
浜田省吾 年表
誰がために鐘は鳴る
1990年
EDGE OF THE KNIFE
(1991年)
その永遠の一秒に
1993年
テンプレートを表示

EDGE OF THE KNIFE』(エッジ・オブ・ザ・ナイフ)は、浜田省吾の3枚目のカバーアルバム1991年9月1日ソニーレコードから発売された。オリコン最高1位を記録し、80万枚近くを売り上げた。

概要[編集]

これまでに全4作が発売されているセルフカバー・バラード・セレクションの第3弾である。アルバムのテーマは「10代後半から20代にかけての恋人たちが主人公で、まるでナイフの刃の上を歩くような若い日々」である。バラード・セレクションの位置付けとしては、20代の『Sand Castle』の前という位置である。アレンジは全曲星勝が担当した。ジャケットには男女が写っているが、男性と女性の姿勢は前2作のジャケットを参考にしたものとなっている。

コンサート・ツアー「ON THE ROAD '90」と「ON THE ROAD '91」のあいだにレコーディングされ、「ON THE ROAD '91」のツアー・ファイナルとなるみちのく杜の湖畔公園での野外ライブ後に発売された。

ラストショー」はオリジナル・バージョンとは一部歌詞が異なる。また、「キャンパスの冬」は本作でのみCD化されている楽曲である。

2003年9月26日に、バラード・セレクション第4弾『初秋』の発売を受けて、リマスタリング版にて再発された。初回盤はデジパック仕様だった。

収録曲[編集]

全作詞・作曲:浜田省吾、編曲:星勝

  1. SWEET LITTLE DARLIN'
    • オリジナル:12thアルバム『J.BOY』収録
  2. 想い出のファイヤーストーム
    • オリジナル:12thアルバム『J.BOY』収録
  3. 恋に落ちたら
  4. EDGE OF THE KNIFE
  5. 19のままさ
    • オリジナル:12thアルバム『J.BOY』収録
  6. キャンパスの冬
  7. 愛のかけひき
    • オリジナル:2ndアルバム『LOVE TRAIN』収録
  8. 途切れた愛の物語
  9. ラストショー
  10. 遠くへ
    • オリジナル:12thアルバム『J.BOY』収録

セルフカバー・バラード・セレクション[編集]

発売日 タイトル 発売元 製造番号 形態
1983年12月1日 Sand Castle CBSソニー 28AH1655/CSCL1170/28KH1420 LP/CD/CT
1989年9月1日 Wasted Tears CBSソニー 32DH5269/28KH5269 LP/CD/CT
1991年9月1日 EDGE OF THE KNIFE Sony Records SRCL2122/SRTL1744 CD/CT
2003年9月26日 初秋 SME Records SECL10004 CD

外部リンク[編集]