Dream Catcher

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Dream Catcher
浜田省吾EP
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル クリアウォーター
プロデュース 浜田省吾星勝、鈴木幹治、水谷公生
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2015年1月度月間8位(オリコン)
  • 2015年度上半期42位(オリコン)
  • 2015年度年間80位(オリコン)
浜田省吾 年表
ON THE ROAD 2011 "The Last Weekend"
2012年
Dream Catcher
2015年
Journey of a Songwriter 〜 旅するソングライター
(2015年)
公式動画
浜田省吾 『「Dream Catcher」発売決定!』 - YouTube
浜田省吾 「夢のつづき (Short Version)」 - YouTube
テンプレートを表示

Dream Catcher』(ドリーム・キャッチャー)は、浜田省吾EP盤(ミニアルバム)2015年1月14日クリアウォーターから発売された。

概要[編集]

2005年発表のアルバム『My First Love』以来、約10年ぶりとなる書き下ろしの新曲「夢のつづき」が収録された、全6トラックのEP盤(ミニアルバム)であり、ミニアルバムとしては1987年発売の『CLUB SURFBOUND』以来28年ぶりとなる[1]。完全生産限定盤は限定1万枚の7インチ紙ジャケット仕様。オリコン上半期ランキングが発表された時点で推定57446枚売り上げている。

「夢のつづき」は、東映映画アゲイン 28年目の甲子園』主題歌として起用され、浜田としては初の映画主題歌となった。ほかの楽曲は、映画の題材となっているイベント「マスターズ甲子園」のテーマ曲として使用されている「光と影の季節」と「I am a father」、浜田の楽曲で野球をテーマにした「BASEBALL KID'S ROCK」、浜田自身がこの映画のイメージに寄り添う楽曲として選曲した「君が人生の時…」をリ・レコーディングし、インストゥルメンタルのオーバーチュアと共に収録されている。

本作には映画『アゲイン-』の監督を務めた大森寿美男ライナーノーツを寄稿している[2]

収録曲[編集]

完全生産限定盤・通常盤共通
# タイトル 作詞 作曲 サウンドプロデュース 時間
1. 「Prelude to “Dream Catcher”」   浜田省吾 星勝
2. 「夢のつづき」 浜田省吾 浜田省吾 浜田省吾 & 水谷公生
3. 光と影の季節(2015 Version) 浜田省吾 浜田省吾 浜田省吾 & 星勝
4. I am a father(2015 Version) 浜田省吾 浜田省吾 浜田省吾 & 星勝
5. BASEBALL KID'S ROCK(2015 Version) 浜田省吾 浜田省吾 浜田省吾 & 星勝
6. 君が人生の時…(2015 Version) 浜田省吾 浜田省吾 星勝

参加ミュージシャン[編集]

Prelude to “Dram Catcher”

夢のつづき

光と影の季節 (2015 Version)

I am a Father (2015 Version)

  • Sound Produce:浜田省吾 & 星勝
  • Drums:小田原豊
  • Bass:美久月千晴
  • Guitar:長田進
  • Keyboard:福田裕彦 & 河内肇
  • Backing Chorus:町支寛二

BASEBALL KID'S ROCK (2015 Version)

君が人生の時… (2015 Version)

  • Sound Produce:星勝
  • Drums:小田原豊
  • Bass:美久月千晴
  • Guitar:長田進
  • Keyboard:小島良喜
  • Strings:今野均Strings
  • Trumpet:エリック宮城 & 高荒快
  • Trombone:村田雄一 & 鹿討奏
  • Bass Trombone:村田雄一
  • Flute:高桑英世 & 森川三千代
  • Oboe:庄司知史 & 森明子
  • Clarinet:山根公夫 & 黒尾文恵
  • Fagott:前田信吉 & 前田雅史
  • Backing Chorus:町支寛二

脚注[編集]

  1. ^ オリコンでは5曲以上が収録されている作品は「アルバム」として扱われる。
  2. ^ 大森自身、浜田の大ファンである。

外部リンク[編集]