アゲイン (重松清)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アゲイン
著者 重松清
日本の旗 日本
言語 日本語
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

アゲイン』は、重松清小説集英社の『小説すばる』にて2012年5月号より2016年10月号まで連載。2015年1月、『アゲイン 28年目の甲子園』のタイトルで映画化された。

概要[編集]

日本の高校野球OBたちの出場するアマチュア野球大会・マスターズ甲子園を目指す中年男性たちをめぐるドラマ。

最初に映画の企画があり、小説の連載と映画の制作が並行して開始された[1]。また、映画の公開前に、監督・脚本を担当した大森寿美男によるノベライズ版が集英社文庫から書き下ろしで発売された。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

映画[編集]

アゲイン
監督 大森寿美男
脚本 大森寿美男
原作 重松清
出演者 中井貴一
波瑠
柳葉敏郎
和久井映見
音楽 梁邦彦
主題歌 浜田省吾夢のつづき
製作会社 「アゲイン」製作委員会
配給 東映
公開 日本の旗 2015年1月17日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

アゲイン 28年目の甲子園』(アゲイン にじゅうはちねんめのこうしえん)は、2015年1月17日[2]に全国東映系で公開された日本映画[3]。主演は中井貴一。監督・脚本は大森寿美男。なお、映像に表示されるタイトルは原作と同じ『アゲイン』である。

2013年11月23日よりクランクインし、12月21日・22日には、実際に甲子園球場を使用して野球シーンの撮影を行った[4]

キャスト[編集]

〈〉内は設定年齢。

  • 坂町晴彦〈46〉 - 中井貴一……スポーツ新聞社に勤めるバツイチのサラリーマン(元新聞記者→総務)。川越学院高校野球部の元キャプテン。
  • 戸沢美枝〈21〉 - 波瑠……松川典夫の娘。神戸大学の大学生。マスターズ甲子園事務局でボランティアをしている。震災で父を亡くしている。
  • 立原裕子〈46〉 - 和久井映見……川越学院野球部・元マネージャー(1982年~1984年夏まで)。当時、松川典夫と付き合っていた。マスターズリーグの2回戦の後、メンバーの前で、当時の真相を打ち明ける。埼玉県大会の決勝戦の前日、病院へ行き、子どもをおろす。子どもの父は、松川典夫ではなく、松川が暴力事件でケガをさせた相手の男であった。現在は2人の娘の母親。
  • 高橋直之〈46〉 - 柳葉敏郎……川越学院野球部の元エース(背番号1)。当時はプロを目指していた。現在、失業中。
  • 坂町沙奈美 - 門脇麦……坂町晴彦の一人娘。小学生のころに両親が離婚して以来、母の再婚相手と暮らしていたが、今は家を出て恋人と同棲している。父との仲はぎこちない。
  • 松川典夫 - 太賀[5]……川越学院高校野球部元メンバーで、戸沢美枝の父親。離婚してからは、美枝と離れて暮らしていた。仲間からは「ノリ」と呼ばれ、野球部のムードメーカー的存在だった。自らの暴力事件によりチームの甲子園への夢を断ってしまう。それから27年間、毎年チームメイトに「一球入魂」と書いた年賀状を書きながらも、出さないまま、2011年3月11日の東日本大震災で亡くなる(東北で漁師をしていた)。
  • 坂町晴彦(高校時代) - 工藤阿須加[5]
  • 高橋直之(高校時代) - 大内田悠平
  • 柳田建司 - 西岡徳馬……坂町たちの先輩で、川越学院高校野球部OB会長。
  • 山下徹男〈46〉 - 村木仁……川越学院高校野球部の元キャッチャー。高橋とバッテーリーを組んでいた。高校時代から太っていた。少年野球チームのコーチをしている。山下の息子もその少年野球チームの一員。
  • 高橋夏子 - 堀内敬子……高橋直之の妻。
  • 高橋マキ - 久保田紗友……高橋直之の娘。
  • 山下の妻 - 西尾まり
  • 大出 - 浜田学……川越学院野球部OB。坂町らの後輩。
  • 安田顕
  • 阿南健治
  • 角盈男……坂町の上司。
  • 高橋慶彦……川越学院野球部の現・監督。
  • 伊藤毅……所沢工業のエース。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

最初に浜田から提供されたのは「君が人生の時…」のリメイク版で、それを使った最初の試写会では好評だった。しかし、その後浜田から改めて「夢のつづき」が提供された。浜田のファンである大森は新曲自体は嬉しかったものの、本作の主題歌としては「君が人生の時…」を気に入っていたため複雑な感情を抱いたが、主題歌を差し替えて試写会をやり直したところ、全員が「こちらがいい」と言ったため、「夢のつづき」が採用された。なお、ミニアルバム『Dream Catcher』に収録された「君が人生の時…」は再度リメイクされたものである[8]。本作用に作られたバージョンは2017年現在公式には未発表。

脚注[編集]

  1. ^ 大森寿美男『アゲイン 28年目の甲子園』(2014年12月25日発行、集英社文庫)P208
  2. ^ 井本早紀 (2014年6月19日). “マスターズ甲子園を描く『アゲイン』の公開日が決定!中井貴一&波瑠の野球シーンも披露”. シネマトゥデイ. 2014年6月19日閲覧。
  3. ^ 中井貴一、重松清原作「アゲイン」映画化に主演!ヒロイン・波瑠と甲子園“再挑戦””. 映画.com (2013年11月9日). 2014年4月19日閲覧。
  4. ^ アゲイン 28年目の甲子園”. 東映株式会社. 2013年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月8日閲覧。
  5. ^ a b 中井貴一主演「アゲイン 28年目の甲子園」で工藤阿須加&太賀が高校球児に!”. 映画.com (2014年6月8日). 2014年6月19日閲覧。
  6. ^ 浜田省吾、ソロデビュー38年目にして初映画主題歌 中井貴一主演『アゲイン 28年目の甲子園』”. cinemaafe.net (2014年6月13日). 2014年6月19日閲覧。
  7. ^ エンドロールおよびパンフレットより。
  8. ^ 『Dream Catcher』(2015年1月14日発売)に大森寿美男が寄稿したライナーノーツより。

外部リンク[編集]