小島良喜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小島 良喜
出生名 小島 良喜
生誕 (1957-11-22) 1957年11月22日(65歳)
出身地 日本の旗 日本兵庫県
ジャンル J-POP
職業 ミュージシャン
担当楽器 ピアノ
キーボード
活動期間 1974年
共同作業者 コジカナツル,KOJIKANAYAMAMA,
桑名正博,浜田省吾,Char,井上陽水,近藤房之助,高中正義,江口洋介

小島 良喜(こじま よしのぶ 1957年11月22日 - )は、日本ピアニスト編曲家作曲家音楽プロデューサー

兵庫県出身で血液型はO型、愛称はkojiこじやん

経歴[編集]

1974年、17歳の頃から関西エリアを中心にキーボーディストとしてスターキングデリシャス、桑名正博、Baker's-Shop、塩次伸二などロックR&B系アーティストのサポート・ミュージシャンとして活動を始める。1980年代からアメリカのカリフォルニアでも活動し始め多数のレコーディングに参加。日本とアメリカを、行き来していた。編曲、音楽プロデュースもこの時期に多数のものがある。

1986年には桑田佳祐が結成したKUWATA BANDのメンバーとして活動した。

1994年後半からルイジアナ州ニューオーリンズに拠点を置き、その前の'80年代ではロサンゼルスオークランドサンフランシスコ等で数々のトップミュージシャンとのセッションにも参加、ジェフ・バクスタースティーリー・ダンドゥービー・ブラザーズ.etc)、ゴードン・エドワーズ( Stuff.etc )、1994年からの、ニューオリンズで、マイケルワード&リワード、ワイルド・マグノリアス等多くの現地ミュージシャンと作品を作り、バーナード・パーディデイヴィッド・T・ウォーカーなど世界の一流ミュージシャン等と多数共演する。数十万人が集う“ニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェスティバル”への出演、アメリカ国内のバンドツアー、ヨーロッパツアー、教会ゴスペル音楽への参加と、小島にとってロサンゼルス、ニューオーリンズを拠点にした延べ20〜30年に渡る音楽経験が現在のスタイルの基礎になっている。

本田竹広佐山雅弘等とのピアノ・デュオを経て自身による初のキャリアでもあるトリオコジカナツルを、日野皓正グループのレギュラーメンバーでベーシスト金澤英明、若手ドラマーの鶴谷智生と2000年頃に結成、現在までに3枚のオリジナル・アルバムをリリースしている。その後、山木秀夫、金澤英明とKOJIKANAYAMAのトリオで東京・目黒のBlues Alley Japan、高円寺のJIROKICHI、大阪のミスターケリーズ、ビルボードライブ等を中心に全国各地でのライブ、ピアノソロも行なっている。

トリオの活動、コラボレーションの活動と並行して、浜田省吾井上陽水Char高中正義等のライブサポートやレコーディングを山木秀夫、小田原豊美久月千晴今剛長田進斉藤ノブ等、国内のミュージシャンと共に行なっている。

2008年10月22日、山木秀夫、金澤英明、峰厚介、Char、TOKU等のミュージシャンの協力を得て制作された、自身初のソロ・アルバム『KOJIMA』をビーイング傘下のインディーズレコードレーベル、ZAZZYからリリースした。

エピソード[編集]

桑名正博のライブの多くに参加した小島は、ライブ途中に桑名から「こじやん」「こじまよしのぶ」と名指しでよくいじられ、桑名が個人的にお気に入りの奏者であった。

桑名の自宅がある軽井沢近辺でのライブでは、桑名が「今日は電車が無いだろう?泊まっていけや!」とライブ終了後、そのまま桑名の自宅によく泊めてもらっていた。

参加作品[編集]

レコード・CD[編集]

DVD & VIDEO[編集]