メリー・クリスマス・ショー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Merry X'mas Show
〜メリー・クリスマス・ショー〜
ジャンル 音楽番組 / バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
企画 桑田佳祐
菊池仁志(電通
製作総指揮 菊池仁志(電通)
演出 菅原正豊フルハウスTVP
プロデューサー 菅原正豊(フルハウスTVP)
横山元一(アミューズ
増田一穂(日本テレビ)
KUWATA BAND
ほか
出演者 明石家さんま
桑田佳祐
松任谷由実
KUWATA BAND
ほか
音声 ステレオ放送
オープニング COME TOGETHER
ビートルズ
エンディング Kissin' Christmas (クリスマスだからじゃない)
1986年
放送時間 水曜 19:00 - 20:54
放送期間 1986年12月24日(1回)
1987年
放送時間 木曜 19:00 - 20:54
放送期間 1987年12月24日(1回)
テンプレートを表示

メリー・クリスマス・ショー』 (Merry X'mas Show) は、1986年1987年12月24日日本テレビ系列(NNS)で放送され、サザンオールスターズ桑田佳祐が企画・出演した音楽番組

概要[編集]

桑田佳祐が中心となり、当時としては、テレビではほとんど見られないミュージシャンが一堂に会して放送されたクリスマス限定の特別番組。またクレジットはされていないが、山下達郎が番組を作るうえでのアイデアや、楽譜書きなどの協力を行なっている(山下本人は出演していない)。

この番組のために書かれた楽曲「Kissin' Christmas (クリスマスだからじゃない)」は、作詞が松任谷由実、作曲が桑田佳祐、編曲がKUWATA BANDという組み合わせで制作された。番組の最後に、この曲が出演者全員で歌われた。同曲は番組内で「レコードにはしない」と宣言されたために、有線放送およびFMラジオ放送用のプロモレコードとして音源化されてはいるものの、レコード化、CD化はされていなかったが、2012年7月18日発売の桑田佳祐のベストアルバム「I LOVE YOU -now & forever-」に初収録されることになった。

番組内容[編集]

1986年[編集]

スタジオ出演
明石家さんま(司会)、KUWATA BAND桑田佳祐河内淳一今野多久郎琢磨仁小島良喜松田弘)、松任谷由実泉谷しげるアン・ルイス中村雅俊吉川晃司ARB鮎川誠原由子トミー・スナイダー小林克也(途中より)
VTR出演
チェッカーズ忌野清志郎THE ALFEE、DEKAPAN(依田稔)、鈴木雅之BOØWYSUE CREAM SUE山下洋輔三宅裕司小倉久寛スーパー・エキセントリック・シアター
曲順 タイトル 出演者 オリジナル曲
(作詞/作曲)
内容
編曲
1 Come Together 全員 カム・トゥゲザーレノン=マッカートニー 番組のオープニング。ビートルズ後期のジョン・レノン作の曲。出演者全員が1曲をメドレー形式にてつないで歌っている。
KUWATA BAND
2 MERRY X'MAS IN SUMMER 〜 I Saw Mommy Kissing Santa Claus KUWATA BAND、アンルイス、松任谷由実、原由子、中村雅俊、泉谷しげる、鮎川誠、ARB、吉川晃司、トミー・スナイダー MERRY X'MAS IN SUMMER(桑田佳祐)
ジングルベルジェームズ・ピアポント
ママがサンタにキッスしたトミー・コナー
「MERRY X'MAS IN SUMMER」の間奏部分に「ジングル・ベル」を演奏、その後「ママがサンタにキッスした」を歌い、その曲中に桑田がスタジオに来たメンバーを紹介していった。
KUWATA BAND
3 Telegram Sam ロッケストラ
(KUWATA BAND、アン・ルイス、吉川晃司、BOØWY、高見沢俊彦、鮎川誠 、DEKAPAN(依田稔)、SUE CREAM SUE)
テレグラム・サム(マーク・ボラン T・レックスのヒット曲を、ヴォーカル4人+コーラス3人+ギター5人+ベース2名+ドラム2名+キーボード1名+パーカッション1名という総勢18名のスペシャルバンドを結成し披露。
(表記無し)
4 赤鼻のトナカイ 泉谷しげる、チェッカーズ 赤鼻のトナカイジョニー・マークス 新田宣夫の日本訳詞バージョンで披露。泉谷は、ほぼメロディーを無視。
泉谷しげる、チェッカーズ
5 達者でナ 中村雅俊、小倉久寛、三宅祐司、スーパー・エキセントリック・シアター 、河内淳一 達者でナ(横井弘/中野忠晴 三橋美智也の代表曲を、盆踊りをイメージしたステージセットにて中村が熱唱。間奏部分では、小倉がラップに挑戦。
河内淳一
6 セッションだッ! 忌野清志郎、桑田佳祐、山下洋輔、今野多久郎 セッションだッ!(桑田佳祐) この番組のオリジナル曲であり、作品化されていない。桑田と忌野の対決がメイン。その為二人が、山下が弾いていた1000万円のスタインウェイのピアノにバケツの水をぶっかける、物を投げつける等の暴挙も。なお、作詞作曲はすべて桑田が担当している。
忌野清志郎、桑田佳祐、山下洋輔、今野多久郎
7 A Horse with No Name KUWATA BAND、THE ALFEE、チェッカーズ 名前のない馬(ディウィー・バンネル) アメリカのヒット曲を、セットの無い剥き出しのスタジオに1ヶ所に固まっての撮影。ギターは5人(坂崎幸之助、高見沢、河内、武内享藤井尚之)、リードボーカルは3人(坂崎→藤井郁弥→桑田の順)。他の楽器はKUWATA BANDのメンバーのみ演奏。
KUWATA BAND、THE ALFEE、チェッカーズ
8 長崎は今日も雨だった - Dedicate to BEACH BOYS BEACH FIVE(泉谷しげる、吉川晃司、桑田佳祐、高見沢俊彦、中村雅俊)、松田弘、琢磨仁 長崎は今日も雨だった(永田貴子、彩木雅夫
サーファー・ガールブライアン・ウィルソン
内山田洋とクール・ファイブビーチ・ボーイズマッシュアップによるコラボレーション。リードボーカルは桑田、コーラスは吉川・中村・泉谷・高見沢(兼ギター)、ベースは琢磨、ドラムは松田。
(表記無し)
9 別れても好きな人 - Dedicate to SANTANA SANTA★NA(鈴木雅之、桜井賢)、KUWATA BAND 別れても好きな人(佐々木勉)
ブラック・マジック・ウーマン(ピーター・グリーン/ガボール・ザボ
ロス・インディオス&シルヴィアサンタナマッシュアップ(曲中に同じくサンタナの曲である「Oye Como Va」が織り込まれている)。鈴木が「ブラック…」、桜井が「別れても…」のヴォーカルを担当。KUWATA BANDでの参加だが、桑田は不参加。
河内淳一
10 年下の男の子 - Dedicate to CHORDETTES アンルイス、原由子、松任谷由実 年下の男の子千家和也/穂口雄右
ミスター・サンドマン(パット・バラード
アン・原・松任谷の女性3人組によるキャンディーズザ・コーデッツマッシュアップアメリカ海兵隊風のミリタリールックの衣装にて披露。
戸田誠司(Shi-shonen)
コーラスアレンジ:八木正生
11 さんまのまんま 明石家さんま、KUWATA BAND さんまのまんま(KUWATA BAND・明石家さんま) KUWATA BANDが以前「さんまのまんま」(関西テレビ)に出演した際に、さんまと共に作り上げた曲を、放送しているスタジオのその場で披露。桑田とさんまのツインヴォーカル。
KUWATA BAND
12 I Wish I Was in New Orleans(想い出のニューオリンズ) 石橋凌、小林克也、桑田佳祐 想い出のニューオリンズ(トム・ウェイツ モノクロ画像。石橋、小林、桑田のトリプルヴォーカルで、トム・ウェイツの歌い方を意識した歌い方で披露。バンドの前では、歌や演奏を全く弾いていない男達が、タバコを吸いながら麻雀卓を囲み麻雀をしている。
KUWATA BAND
ストリングスアレンジ:広瀬裕美子
サックスアレンジ:苫米地義久
13 一緒に暮らそう 松任谷由実 一緒に暮らそう(松任谷由実) ユーミンが、ツアーで一緒のバンドと共に、スタジオから曲を披露。アルバムNO SIDEに収録。
武部聡志
14 Help! 氷室京介、吉川晃司 ヘルプ!(レノン=マッカートニー) 演奏はBOØWY。ビートルズの曲をテンポを上げ、ロックテイストを強くしたアレンジとなっている。映像出演は、氷室と吉川のみ。ホモセクシャルを意識した妖艶な演出となっている。
BOØWY、吉川晃司
15 Let's Spend the Night Together ロッケストラ 夜をぶっとばせジャガーリチャーズ ロッケストラの演奏第2弾ではローリング・ストーンズを披露。前の曲ではリード部分が無かった、ストーンズ好きの鮎川のリードギターが聴ける。
(表記無し)
16 第九交響曲 - ROLL OVER BEETHOVEN 忌野清志郎 交響曲第9番ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン 日本ではクリスマス時期恒例となっている第九を、忌野がコーラス隊をバックに披露。「ロール・オーバー・ベートーヴェン」(チャック・ベリー)のタイトルはあるが、チャック・ベリーの曲は使用されていない。
小島良喜
17 Kissin' Christmas (クリスマスだからじゃない) 全員 Kissin' Christmas (クリスマスだからじゃない)(松任谷由実/桑田佳祐) スタジオにいるメンバーで番組放送中も何度もリハを重ね、最後に全員(VTRのみの出演者は途中歌っている映像を挟みながら)披露された。
KUWATA BAND

1987年[編集]

単発特別番組枠『木曜スペシャル』枠で放送。

スタジオ出演
明石家さんま(司会)、KUWATA BAND(桑田佳祐、河内淳一、今野多久郎、琢磨仁、小島良喜、松田弘)、松任谷由実、アン・ルイス、吉川晃司、小林克也、鈴木雅之、鈴木聖美、中村雅俊、Char、DEKAPAN(依田稔)、泉谷しげる、小泉今日子(途中から)、高中正義(13曲目のみ)
VTR出演
忌野清志郎、THE ALFEE(坂崎と桜井のみ)、山下洋輔、石橋凌、三宅裕司、小倉久寛、スーパー・エキセントリック・シアター、米米CLUB、SUE CREAM SUE、BARBEE BOYSBAKUFU-SLUMP古舘伊知郎前田亘輝渡辺美里新田一郎、青山未央
曲順 タイトル 出演者 オリジナル曲
(作詞/作曲)
内容
編曲
1 Come Together 全員 カム・トゥゲザー(レノン=マッカートニー) 番組のオープニング。前回同様、出演者全員が1曲をメドレー形式にてつないで歌っている。
KUWATA BAND
2 MERRY X'MAS IN SUMMER 〜 Happy Xmas (War Is Over) KUWATA BAND、アンルイス、吉川晃司、鈴木雅之、鈴木聖美、小林克也、松任谷由実、中村雅俊、CHAR、DEKAPAN、泉谷しげる MERRY X'MAS IN SUMMER(桑田佳祐)
ハッピー・クリスマス (戦争は終った)ジョン・レノン
「MERRY X'MAS IN SUMMER」からジョン・レノンの「ハッピー・クリスマス」をメドレー歌い、ハッピー・クリスマスの曲中に桑田がスタジオに来たメンバーを紹介していった。
KUWATA BAND
3 TWIST&SHOUT ロッケストラ
(KUWATA BAND、アン・ルイス、鮎川誠 、DEKAPAN、Char、BARBEE BOYS、BAKUFU-SLUMP)
ツイスト・アンド・シャウトバート・ラッセル・バーンズ/フィル・メドレー
?(?)
トップ・ノーツの楽曲をビートルズのカバーによって有名になった曲を、間奏にもう1曲挟んで披露。ヴォーカル5人+ギター6人+ベース3名+ドラム3名+キーボード1名+パーカッション1名という総勢19名のスペシャルバンド。
(表記無し)
4 スクランブル四重合唱 前田亘輝、坂崎幸之助、鈴木聖美、鈴木雅之 ジングルベル(ジェームズ・ピアポント)
青い影ゲイリー・ブルッカー、キース・リード、マシュー・フィッシャー
竹田の子守唄(詞、曲共に作者不明)
レット・イット・ビー(レノン=マッカートニー)
好きにならずにいられないジョージ・デヴィッド・ワイスヒューゴ・ペレッティルイージ・クレイトアー
?(?/?)
プロコル・ハルム、ビートルズ、エルヴィス・プレスリーと日本の民謡による四重合唱。「青い影」を前田、「竹田の」を坂崎、「レット…」を聖美、「好きに…」を雅之が担当、それぞれ1番を順番に歌い終わった後に、間奏にクリスマスソングを挟み、4人同時に歌うという手法が取られた。アレンジは、小林武史。
小林武史
5 セッションだッ! DEATH MATCH 忌野清志郎、桑田佳祐、泉谷しげる、山下洋輔、今野多久郎、古舘伊知郎 セッションだッ!(桑田佳祐) 前年度に引き続き、桑田と忌野の対決。プロレスリングを使用し、今度は泉谷が乱入。古舘が実況を勤めた。また、山下が弾いていたピアノは、前年以上に散々たる姿に。古館からは「予定調和の大乱闘」と言われた。また、泉谷が振り回した竹刀が桑田の股間に当たったが、収録中は痛みに耐えながら歌唱をし、収録が終わると桑田は楽屋で「泉谷さんひどいよ」などと述べ、泉谷も桑田を心配して楽屋を訪れたことがスタッフによって語られた[1]
忌野清志郎、桑田佳祐、山下洋輔、今野多久郎
6 愛のさざ波 - Dedicate to "CHIYOKO" アンルイス、小泉今日子、松任谷由実 愛のさざなみ(なかにし礼/浜口庫之助)
Feel Like Makin'Love (?/?)
島倉千代子のヒット曲を、アン、小泉、松任谷の3人が振袖姿を披露。イントロや曲中に「Feel Like Makin'Love」が織り込まれている。
(表記無し)
7 2人のFOUR SEASONS Dedicate to "NOBORU" 泉谷しげる、渡辺美里、琢磨仁 2人のFOUR SEASONGS(桑田佳祐+泉谷しげる/桑田佳祐) この番組のオリジナル曲であり、作品化されていない。NOBORUとは、当時総理大臣だった竹下登のこと。泉谷と渡辺のさわやかな歌唱の間に、竹下の少年時代から政治家になるまでの生い立ちの写真や「ふるさと創生事業」の記者会見の模様を交えた。歌詞は男女の愛情表現や故郷への思いと、竹下内閣への風刺ないしはエールのダブルミーニングともとれる内容となっている。
小林武史
8 リンゴ追分 - Dedicate to "HIBARI" 中村雅俊、小倉久寛、三宅祐司、スーパー・エキセントリック・シアター リンゴ追分(小沢不二夫/米山正夫) 前年に引き続き盆踊りをイメージした内容だが、途中に記者会見の生中継の演出が入った。
(表記無し)
9 函館の女 〜I feel good - Dedicate to JAMES BROWN 鈴木雅之、桜井賢 I Got You (I Feel Good)(ジェームス・ブラウン)
函館の女星野哲郎/島津伸男)
前年好評だった鈴木と桜井のコラボレーションを、ジェームスブラウンと北島三郎の楽曲で再演。
河内淳一
10 星降る街角 〜Jumpin' Jack Flash - Dedicate to ROLLING STONES CHAR,米米クラブ ジャンピン・ジャック・フラッシュ(ジャガー=リチャーズ)
星降る街角(日高仁)
ローリング・ストーンズと敏いとうとハッピー&ブルーのコラボレーション。ストーンズをCHARが担当しているが、全ての楽器演奏、コーラスまでCHAR一人で行なった。途中CHARとカールスモーキー石井がヴォーカルを変えるシーンもある。なお、ジェームス小野田は最後に出るだけで、歌唱は無し。
河内淳一
11 きよしこの夜 吉川晃司、明石家さんま きよしこの夜ヨゼフ・モール) 吉川とさんまによる、教会をメインとしたホモセクシャルの演出。
小林武史
12 TAKE FIVE 桜井賢、坂崎幸之助、サンプラザ中野パッパラー河合、新田一郎、桑田佳祐、河内淳一 テイク・ファイヴポール・デスモンド デイヴ・ブルーベック・カルテットのジャズナンバーに、桑田がジャズサックスプレイヤー五十嵐明要の協力のもと作詞をし、6人でドゥーワップにて披露。途中バックバンドが演奏に加わるアレンジが施されている。桑田佳祐が作詞を担当しているが、本人が「春歌風の歌詞を付けた」と語る通り、歌詞の内容はかなり卑猥。
八木正生
13 恋人がサンタクロース 松任谷由実、高中正義 恋人がサンタクロース(松任谷由実) 前年に引き続き、ツアーメンバーを従えての歌唱。2番が終了した後、高中が登場。
中島睦
14 WONDERFUL TONIGHT 石橋凌、小林克也、桑田佳祐、青山未央 ワンダフル・トゥナイトエリック・クラプトン 前年に引き続き、3人の歌を全く聞いていない場所での歌唱だが、この時はストリップ劇場。尚、本物のストリップ嬢の青山未央が出演し、観客と3人の目の前で演技した。
原田末秋
15 第九交響曲 - ROLL OVER BEETHOVEN 忌野清志郎 交響曲第9番(ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン) この時は時代劇のセットをバックに歌っているが、サンタクロースが出てきたり、バニーガールとバーティーをしていたり、果てには「桑田おぼえてろー!」「チャンネル変えろー!すぐに消せー!」等の発言まで出た。
小島良喜
16 Kissin' Christmas (クリスマスだからじゃない) 全員 Kissin' Christmas (クリスマスだからじゃない)(松任谷由実/桑田佳祐) スタジオにいるメンバー最後に全員で披露された。また曲のエンディングには、各楽曲で撮影されたメンバー同士による乾杯のシーンが放送された。
KUWATA BAND

その他[編集]

  • 企画を言い出したのは吉川晃司。「たくさんミュージシャンを集められるのは桑田さんしかいない」と呑みの席で桑田に「今の音楽シーンがつまらないのは、ある意味あなた方にも責任があるんじゃないの?」と暴言を吐き、「ガキのくせにこのボケ!」とケンカになったが、朝まで話し込んで「よっしゃ考えてみる」という桑田の話で始まったもの。当初は2人を中心に運営したが、吉川が働かないのでほぼ桑田がやったという。ただ、BOØWYや若いバンドに声をかけたのは吉川である[2]
  • この番組の制作会社であるフルハウステレビプロデュース(現:ハウフルス)はこの番組の制作費が嵩んで、倒産寸前となった。
  • 現在では日本テレビにレギュラー番組(『踊る!さんま御殿!!』)を持っている明石家さんまではあるが、この番組が放送された当時、“フジっ子”といわれたさんまが、日テレに出演することは珍しかった。
  • 1986年には、松任谷由実・アンルイス・原由子の唄う「年下の男の子」のアレンジを戸田誠司が行っている。
  • 1986年の「名前の無い馬」はスタジオの一角で演奏した映像が使用されたが、本来は正式に組まれたセットで演奏する予定だったがどうも映像がしっくりと来なかった(桑田佳祐はこれについて「事故で」と説明している)ことから、止むを得ず薄暗いスタジオの片隅に全員が集まって演奏したところ、映像として殊の外良いものとなった為、このテイクが放映されることとなった。
  • 1987年には、桑田佳祐のプロデュースをしていた小林武史が「スクランブル四重合唱」「二人のFour Seasons」「愛のさざ波」「きよしこの夜」でアレンジャーとして参加している。
  • 1987年の「TAKE FIVE」で、THE ALFEEの桜井賢の名前が何故か「KEN SAKURAI」と誤って表記されている。
  • また、1987年放送回のスポンサーはメイン提供である出光興産のほか、花王明治製菓などの通常時間枠である「木曜スペシャル」と同じスポンサーだった。

スタッフ[編集]

1986年[編集]

  • 企画:桑田佳祐、菊池仁志
  • 演出:菅原正豊
  • 構成:長谷川勝士、まちやま広美、浜田悠、小山薫堂、日野原幼記、景山民夫
  • タイトルデザイン:太田和彦
  • 音楽プロデューサー:KUWATA BAND
  • プロデューサー:菅原正豊(フルハウステレビプロデュース)、横山元一(アミューズ)、増田一穂(日本テレビ) / KUWATA BAND
  • チーフプロデューサー:菊池仁志(電通
  • 制作:電通 / フルハウステレビプロデュース、アミューズ
  • 製作著作:日本テレビ

1987年[編集]

  • 企画:アミューズ、電通
  • 構成:長谷川勝士、まちやま広美、佐々木勝俊、浜田悠、日野原幼紀
  • タイトルデザイン:太田和彦
  • 音楽プロデューサー:今野多久郎
  • 演出協力:ザ・ワークス
  • 制作協力:アミューズ、フルハウステレビプロデュース、NTV映像センター、電通
  • 総合演出:菅原正豊(フルハウステレビプロデュース)
  • プロデューサー:増田一穂(日本テレビ) / 横山元一(アミューズ)、一丸周也(NTV映像センター)、島本雄二(電通)
  • 制作:遠藤克彦(日本テレビ)、高橋進(日本テレビ)
  • 製作著作:日本テレビ

関連項目[編集]

  • HAPPY X'mas SHOW - 2003年から2008年まで放送された日本テレビの特別番組。アーティストのコラボレーションを行うなど、当番組と似た番組コンセプトを持つ。また、明石家さんまが2003年・2004年で司会を務めたり、テーマソング提供(出演はしていない)として山下達郎が参加している。

脚注[編集]

  1. ^ 「BRUTUS」2011年3月1日号より。
  2. ^ 日経BP社日経エンタテインメント!』3月号増刊、2007年3月20日、60頁。

外部リンク[編集]