本田竹広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本田竹広
出生名 本田昂
別名 本田竹彦
本田竹曠
生誕 1945年8月21日
出身地 日本の旗 日本岩手県宮古市
死没 (2006-01-12) 2006年1月12日(60歳没)
学歴 国立音楽大学卒業
ジャンル ジャズ
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ
活動期間 1966年 - 2006年
共同作業者 ザ・モージョ
ネイティブ・サン

本田 竹広(ほんだ たけひろ、本名:本田昂(たかし)、1945年8月21日 - 2006年1月12日)は、日本ジャズピアニスト。芸名は本田竹彦・本田竹曠とした時期あり。岩手県宮古市出身。国立音楽大学卒。妻はジャズ・ボーカリストのチコ本田、息子はジャズ・ドラマーの本田珠也

経歴[編集]

ディスコグラフィ[編集]

  • 本田竹彦の魅力 - T. Honda Meets Rhythm Section Featuring S. Watanabe(1969年12月録音)(Trio) 1970年(初リーダー作品。渡辺貞夫と共演。)
  • ザ・トリオ - The Trio(1970年3月録音)(Trio) 1970年
  • 浄土 - Jodo(1970年12月録音)(Trio) 1970年
  • フライング・トゥ・ザ・スカイ - .FLYING TO THE SKY(1971年3月録音)(Trio) 1971年
  • アイ・ラブ・ユー - I Love You(1971年4月録音)(Trio) 1971年
  • ワッツ・ゴーイング・オン - What's Going On (1971年録音)(Trio) 1973年
  • ママ・Tと共同名義, ミスティ - MISTY(1971年12月録音)(Trio) 1976年
  • ジス・イズ・ホンダ - This Is Honda(1972年4月録音)(Trio) 1972年(『スイングジャーナル』選定ジャズ・ディスク大賞、最優秀録音賞)
  • サラーム・サラーム - Salaam Salaam(1974年6月録音)(East Wind) 1974年
  • ライヴ・アット鹿児島 USA 1974 Vol.1"オレオ" - Live at Kagoshima USA Vol.1 "Oleo"(1974年6月録音)(Aketa's Disk) 2007年(没後作品)
    • ライヴ・アット鹿児島 USA 1974 Vol.2"ソフトリー・アズ・イン・ア・モーニング・サンライズ" - Live at Kagoshima USA Vol.2 "Softly As In A Morning Sunrise"(1974年6月録音)(Aketa's Disk) 2007年(没後作品)
  • アナザー・ディパーチャー - Another Departure(1977年5月録音)(Flying Disk) 1977年(ロン・カータートニー・ウィリアムスが参加)
  • イッツ・グレイト・アウトサイド - It's Great Outside(1978年3月、4月録音)(Flying Disk) 1978年
  • ネイティブ・サン名義, サバンナ・ホットライン - Savanna Hot-Line(1979年8月~12月録音)(Victor) 1979年(ネイティブ・サンの代表作)
  • ネイティブ・サンと共同名義, アグンチャ(仲間たち)- Aguncha(1978年2月録音)(Polydor) 1987年
  • EASE - EASE(1992年9月録音)(BMG JAPAN) 1991年(『スイングジャーナル』選定ゴールドディスク)
  • 紀尾井ホール・ピアノリサイタル - My Piano My Life 05: Piano Recital(2005年7月録音)(Teichiku Entertainment) 2005年(千代田区「紀尾井ホール」におけるライヴ。本田のラスト・アルバム。)

外部リンク[編集]