MERRY X'MAS IN SUMMER

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
KUWATA BAND > MERRY X'MAS IN SUMMER
MERRY X'MAS IN SUMMER
KUWATA BANDシングル
初出アルバム『ROCK CONCERT
B面 神様お願い
リリース
規格 7インチレコード('86)
8cmCD('93)
12cmCD('01)
デジタル・ダウンロード
録音 VICTOR STUDIO
ジャンル ロック
時間
レーベル タイシタレーベル
作詞・作曲 作詞:桑田佳祐 / 作曲:KUWATA BAND (#1)
松崎由治 (#2)
プロデュース KUWATA BAND
チャート最高順位
KUWATA BAND シングル 年表
BAN BAN BAN
(1986年)
MERRY X'MAS IN SUMMER

スキップ・ビート (SKIPPED BEAT)
(1986年)
ONE DAY
(1986年)
テンプレートを表示

MERRY X'MAS IN SUMMER」(メリー・クリスマス・イン・サマー)は、KUWATA BANDの2枚目のシングル1986年7月5日発売。発売元はタイシタレーベル

1993年6月27日に8cmCDで再発し、2001年6月25日には12cmCDで再発している。

背景[編集]

ロックチューンの続く「スキップ・ビート」との同時発売となり、共にヒットとなった。

また、本作はKUWATA BANDも含めサザンオールスターズ名義でも行われていなかったカバー曲が収録されている。桑田佳祐としては、これまでに嘉門雄三名義での洋楽カバーが発表されていた。

制作[編集]

タイトルの通り、“クリスマス”ではなく“クリスマス”を描いた作品。本作のジャケットは、ビーチ雪だるまを掻きながらすいかを食べていたり、サーフボードを持ったサンタクロースが歩いているといった絵が描かれている。実際、オーストラリアなど南半球では夏にサンタがやって来る風習や言い伝えも存在する。

チャート成績[編集]

本作は「BAN BAN BAN」や「スキップ・ビート」と同様に、オリコンチャートの集計上不利な土曜日発売であったため、発売週のオリコンチャートでは6位(「スキップ・ビート」は5位)であった。その後も2度週間チャートで3位を記録したが、「スキップ・ビート」とオリコンチャートでの1,2フィニッシュは達成していない。

収録曲[編集]

  1. MERRY X'MAS IN SUMMER (5:00)
    (作詞:桑田佳祐 作曲・編曲:KUWATA BAND
    資生堂「サンズ パクト」CMソング
    KUWATA BANDのシングルA面曲としては、唯一作曲が桑田単独でない楽曲。後にテレサ・テンが「夏日聖誕」というタイトルでカバーしている。
    KUWATA BANDのシングル曲としては唯一、PVがライブビデオ『ONE DAY 〜ROCK CONCERT〜』の再発版DVDに収められており、メンバーがラフに演奏していたり浜辺でパーティーに興じている姿を見ることができる。
    1992年の企画盤アルバム『フロム イエスタデイ』、更に2002年の桑田のソロベスト・アルバムTOP OF THE POPS』ではKUWATA BANDのシングルA面4曲から始まるDisc 2の1曲目として収録されている。
    2011年の桑田のソロライブ『宮城ライブ 〜明日へのマーチ!!〜』では、冒頭と合間に松島町民謡である「大漁唄い込み」が挿入された。
  2. 神様お願い! (2:08)
    (作詞・作曲:松崎由治 編曲:KUWATA BAND)
    原由子以外のサザンオールスターズメンバー出演のTDKカセットテープADCMソング
    1968年に発表されたザ・テンプターズの楽曲のカバー。原曲の歌詞で『アアアア…』となっている部分は、『Ah…』に書き直されている。この楽曲ではGSの雰囲気を残しつつも、ロックなサウンドにアレンジした曲調になっている。また、原曲の短さから演奏時間は2分9秒と大変短いものになっている。アルバムにはライブアルバムのみの収録であり、スタジオレコーディングバージョンはシングル盤のみに収録。

参加ミュージシャン[編集]

収録アルバム[編集]

ミュージック・ビデオ収録作品[編集]

  • MVP (#1)
    • 初回限定盤のみ収録[1]

外国語によるカバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]