二人の夏 (愛奴の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
二人の夏
愛奴シングル
初出アルバム『愛奴
B面 雨模様
リリース
規格 EP
ジャンル ロック
時間
レーベル CBSソニー
作詞・作曲 浜田省吾
プロデュース 愛奴
愛奴 シングル 年表
- 二人の夏
(1975年)
恋の西武新宿線
(1975年)
収録アルバム愛奴
春の日に
(3)
二人の夏
(4)
愛するお前に
(5)
テンプレートを表示

二人の夏』(ふたりのなつ)は、1975年5月1日に発売された愛奴シングル

概要[編集]

  • 愛奴のデビュー・シングルであり、アルバム愛奴』と同時発売された。
  • 浜田省吾が初めて自分で作った作品ではないが、本人曰く「ビーチ・ボーイズの『サーファー・ガール』のパロディみたいな曲」。神奈川大学の下宿に住んでいた頃、「とにかく暑かったので、何か涼しい曲でも作ろうかな」と思って作ったもの。バンド・メンバーの町支寛二らに聴かせたところ絶賛され、曲作りにも自信が付いたという。
  • 基本的にファルセットで歌う楽曲のため、作っている段階から町支が歌うことを想定していた。浜田は後半のボーカルを担当している。また、曲中挿入される青山徹のギターソロは、ビーチ・ボーイズの「Summer Means New Love」からの引用である。メインヴォーカルは町支寛二と青山徹
  • 発売前にCBSソニー社内で行われた会議では評判がよく、モニターテストを行った際にもほとんどの人が「良い」と答え、「100万枚は売れる」とまで言われたものの、実際にはほとんどヒットしなかった。評判の良さを聞いて意気揚々となっていた浜田だったが、いきなり夢を打ち砕かれる格好となった。

収録曲[編集]

  1. 二人の夏
    作詞・作曲:浜田省吾、編曲:愛奴
  2. 雨模様
    作詞:浜田省吾、作曲:山崎貴生、編曲:愛奴

カバー[編集]

1995年発売のシングル「世界の果てまで」にカップリングとして収録。ライブ・バージョンである。2011年発売のアルバム『Ray Of Hope』の初回限定盤ボーナスディスク『Joy 1.5』にも収録されている。
セルフカバー1987年発売のシングル盤およびミニアルバム『CLUB SURFBOUND』、アルバム『CLUB SURF&SNOWBOUND』に収録。1991年発売のReissue CDシングルでは、浜田省吾バージョンと愛奴バージョンのカップリングになっている。