LOVE TRAIN (浜田省吾のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
LOVE TRAIN
浜田省吾スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル CBSソニー(LP)
ソニーレコード(再々発)
プロデュース 鈴木幹治
浜田省吾 年表
生まれたところを遠く離れて
(1976年)
LOVE TRAIN
(1977年)
Illumination
(1978年)
『LOVE TRAIN』収録のシングル
テンプレートを表示

LOVE TRAIN』(ラブ・トレイン)は、1977年5月21日に発売された浜田省吾の2枚目のアルバム。

概要[編集]

最初のアルバム『生まれたところを遠く離れて』が全く売れず、前作のようなヘビーな曲ではなく、愛奴時代のようなポップな曲を作るという方向性で制作されたアルバムである。

本人曰く「トラック・ダウンが気に入らなくて、3ヶ月間、聴かなかった。今思えばすごくいい曲があると思う。もう絶対に書けないような初々しい少年の歌詞。曲はいいんだけど、音が悪くて、声も妙に甘ったるい」と語っている。

そう本人が語っているように、浜田が作詞しなかった「ラブ・トレイン」と「五月の風に」以外の8曲は、後に全てリメイクされている。

ちなみに、レコードにはクレジットされていないが、ドラム村上秀一ベース岡沢章パーカッション斉藤ノブといった顔ぶれである。

ラガーシャツ短パンスニーカー、長髪にサングラスという今では考えられないアルバムジャケットに対して、浜田は「誰があんな格好させたんだ?」「あれは一体何のスポーツをやっている奴なんだ?」とライブなどでネタにしている。

収録曲[編集]

全作詞・作曲:浜田省吾(特記以外)、編曲:EDISON

  1. 雨の日のささやき
  2. 恋に気づいて
  3. 君に会うまでは
    浜田が自身の結婚式で歌ったという。後に斉藤和義つるの剛士がカバーしている。「ラブ・トレイン」のB面曲。
  4. 愛のかけひき
    1976年10月21日に発売された2ndシングル。シングル・バージョンは高中正義がアレンジを手掛けており、こちらはアルバム・バージョンである。
  5. 君の微笑
  6. ラブ・トレイン
    作詞:松本隆
    1977年4月21日にアルバムからの先行シングルとして発売された。元はっぴいえんど松本隆が作詞を手掛けている。
  7. ラストダンス
    原曲は未発表曲の「ボクサー」という曲。現在もコンサートのアンコールでよく歌われる。
  8. 五月の風に
    作詞:伊藤アキラ
  9. 悲しみ深すぎて
  10. 行かないで

参加ミュージシャン[編集]

外部リンク[編集]