大村憲司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大村憲司
生誕 1949年5月5日
出身地 日本の旗 日本兵庫県神戸市
死没 (1998-11-18) 1998年11月18日(満49歳没)
学歴 甲南高等学校
ジャンル ロック
フュージョン
J-POP
職業 ギタリスト
作曲家
アレンジャー
担当楽器 ギター
活動期間 1971年 - 1998年
共同作業者 赤い鳥
バンブー
カミーノ
著名使用楽器
アリアプロII・RS-850
フェンダー・テレキャスター
フェンダー・ストラトキャスター
ギブソン・ES-335
ギブソン・チェットアトキンス

大村 憲司(おおむら けんじ、1949年5月5日 - 1998年11月18日)は、日本ギタリスト作曲家アレンジャーである。

人物・来歴[編集]

その生[編集]

兵庫県神戸市出身。甲南高等学校を卒業後、1969年ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテストのロック部門で優勝[1]1970年アメリカに渡り、フィルモア・ウェストのステージに立つ。1971年帰国し、上智大学国際学部[1]へ入学する一方、赤い鳥に参加。1973年に赤い鳥を脱退し、村上秀一らと「エントランス」を結成。続く1974年バンブー1975年カミーノを結成。 1980年YMOのサポートギタリストとして国内およびワールドツアーに参加。その後1980年代はアレンジャーとして山下久美子のヒット曲「赤道小町ドキッ」をはじめ、大江千里本田美奈子などの楽曲を手がけている他、セッションギタリストとしても数多くの楽曲に参加。特に1980年代後半から1990年代前半にかけては後藤次利の作編曲作品(工藤静香とんねるずなど)に頻繁に参加している。晩年は柳ジョージ遊佐未森宮沢和史などのツアーにサポートギタリストとして参加。またその卓越したギターテクニックや知識により『ギターマガジン』のエレクトリックギターのレビューを担当。「ギターを知り抜いた男」として試弾きし、インタビュー形式で適切な評価を与えていた。

1998年11月18日、肝硬変(アルコール性肝疾患)で死去。49歳没。

その死[編集]

都内で行われた葬儀には、村上"PONTA"秀一、山下達郎Charなど縁のあるミュージシャン達が参列し、故人の突然の死を悼んだ。会場には大村が長年愛用していたクリーム色のフェンダー・ストラトキャスターが置かれた。彼の死後「外人天国」や「KENJI SHOCK」などのオリジナルアルバム作品は紙ジャケットCD版で限定再発売され、ファンへのささやかな贈り物となった。1998年12月、渋谷Bunkamuraオーチャードホールにて大貫妙子の「PURE ACOUSTIC CHRISTMAS」コンサートに参加予定であったが、大村の死により翌年3月に延期(振り替え公演の際のギタリストは山弦小倉博和)。大貫は大村の死にショックを隠せなかったと後の振り替え公演・ステージ上で語った。

大村が息を引き取った夜は、ちょうど獅子座流星群が極大の日で、しかも、その夜流れた流星の中でも最大の「火球」が観測された。そのまさに火球が観測された時間に息を引き取ったということで、後に高中正義はアルバム"Walkin'"に「獅子座流星群」という曲を収録した。またCharも"The night of Leonid"という曲を大村に捧げている。遺品のギターの内、晩年まで愛用していたギター、フェンダー・ストラトキャスター・エリック・クラプトンモデルを、後に近藤房之助が大村夫人から「形見の品」として譲り受け、現在も使用している。

エピソードなど[編集]

  • 矢野顕子が「春咲小紅」でザ・ベストテンに初登場した時、スタジオで歌唱した際にサポートギタリストとして出演した。その時、司会の久米宏に「木村憲司」と誤って紹介された。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • 『ファーストステップ』
  • 『KENJI-SHOCK』
  • 『春がいっぱい』
  • 『外人天国』
  • 『クロス・エコー』
  • 『ニッポンのロック・ギタリスト/大村憲司』(2002/12/4)
  • 『Left-Handed Woman best live tracks I』(2003/11/21)
  • 『Leaving Home best live tracks II』(2003/11/21)
  • 『男が女を愛する時 best live tracks III』(2015/4/22)
  • 『大村憲司バンド(ポンタ・セッション・4デイズ !) best live tracks IV』(2015/4/29)
  • 『25周年ライヴ ~ best live tracks V』(2015/8/12)
  • 『ケンポン・バンド ~ best live tracks VI』(2015/11/18)
  • CAMINO 『Deep Inside of CAMINO』
  • CAMINO 『LIVE 1976』

シングル[編集]

  • 『けんじの春がいっぱい』
    • ジャケットのタイトルは上記『春がいっぱい』からのシングルカット。

参加アルバム[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b YMO WORLD TOUR '80 FROM TOKYO TO TOKYO 国内コンサート・パンフレット 1980年12月
  2. ^ http://www.1101.com/omura/2003-07-31.html