エスペラント (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エスペラント
坂本龍一スタジオ・アルバム
リリース
レーベル ミディ
プロデュース 坂本龍一
チャート最高順位
坂本龍一 年表
音楽図鑑
1984年
エスペラント
1985年
未来派野郎
1986年
テンプレートを表示

エスペラントEsperanto)は、1985年10月5日に発表された坂本龍一の5作目のオリジナルソロアルバムである。

解説[編集]

  • 「架空の民族音楽」という坂本本人のコメントを反映するアルバム全体の楽曲構成となっている。
  • フェアライトCMIの導入、サンプリング音源の使用など、いわゆるテクノ音楽の手法をエスニック音楽に取り入れており、ポップではない新しい音楽の構造を志向している。作中に現れる多くの間と静かな音は、ダンサーの衣擦れや床の鳴る音を意識しているためである。制作には著名なパーカッショニストであるYAS-KAZが参加している。
  • 坂本は本作の出来に納得したらしく、2004年にリリースしたアルバム『キャズム』のインタビューにて「本当、大満足。『エスペラント』と同じくらい、自分にとって大事なものが出来たという感じがしています。」と述べている。
  • 1986年に発売された映像作品「ADELIE PENGUINS」には本作の音楽が使われている。

収録曲[編集]

※全作曲:坂本龍一

  1. A Wongga Dance Song
    金属音・パーカッションの乱舞とブレイクによる静寂が交互に現れる曲。中間部では様々な短いモチーフが次々と顔を出し、終盤には「アン・ドゥ・トゥロワ」のサンプリング音が痙攣した様に鳴り続け飽和状態に達した瞬間、唐突に次の曲につながる。ギターによるノイズはアート・リンゼイによる。
  2. The "Dreaming"
    断続的に現れる女性の声、コオロギの鳴き声、アート・リンゼイのノイズギター、インドネシアの竹製の楽器アンクルン等で構成されている。
  3. A Rain Song
    細かい動きのエレクトリックピアノを軸に、ノイズにより組み立てられたリズムが現れたり消えたりする。
  4. Dolphins
    前曲から続く女性の声より始まる。深いリバーヴ音を伴った和音の響きが断続的に現れる、音の隙間が多い曲。
  5. A Human Tube
    ピアノストリングス(サンプリング)による不協和音の連打。表現主義現代音楽のスタイルを借りている。
  6. Adelic Penguins
    比較的ハッキリとしたメロディーを持つ曲。アートのリズミカルなノイズギターが大々的にフィーチャーされている。坂本のシングル「ステッピン・イントゥ・エイジア」には、この曲のフレーズの一部が使われている。なお、鳥類の「アデリーペンギン」のスペルは"adelie penguin"である。
  7. A Carved Stone
    断続的なアフリカの打楽器とDX7の琴のフレーズに乗せ、ピアノ、シンセの和音、ベルの音などが美しく漂う。ピアノはカーツウェルを即興で弾いたもの。
  8. Ulu Watu
    動物たち・たちの鳴き声の上で、金属音やトランペットを模したシンセの速いパッセージが鳴り響く。

脚注[編集]

  1. ^ 『オリコン・チャートブック LP編 昭和45年 - 平成1年』オリジナル・コンフィデンス、1990年、150頁。ISBN 4871310256