プレイング・ザ・ピアノ2009ジャパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プレイング・ザ・ピアノ2009ジャパン
坂本龍一ライヴアルバム
リリース
レーベル commmons
テンプレートを表示

プレイング・ザ・ピアノ2009ジャパン(Playing the Piano 2009 Japan)は2009年9月23日にリリースされる坂本龍一のライヴ・アルバム。

解説[編集]

  • 2009年に日本全国で行われた坂本龍一のライブツアーで演奏された曲の中から坂本自身が選曲している。
  • 4月28日に行われた東京オペラシティ コンサートホールで映像は坂本のDVD『watch-ryuichi sakamoto playing the piano 2009 japan』で確認できる。

選曲過程[編集]

  • ツアーでは合計505曲演奏した。
  • 収録曲の一つである「hibari」は全24公演で弾いているため、一通り聴くだけで4時間かけている。この中からさらにベストのものを選ぶのに結局1日を費やしている。
  • 最初に満足できる55曲をしぼりこんだが、CDが4枚分となってしまうため、27曲に絞り込んだ。[1]

ツアー・スケジュール[編集]

収録曲[編集]

Disc 1[編集]

  1. hibari
    アルバム『アウト・オブ・ノイズ』収録。
  2. composition 0919
    アルバム『アウト・オブ・ノイズ』収録。
  3. put your hands up
    シングル『ウラBTTB』収録。
  4. 水の中のバガテル
    アルバム『Works1-CM』収録。
  5. tango
    アルバム『スムーチー』収録。
  6. amore
    アルバム『ビューティ』収録。
  7. ambiguous lucidity(hokuren)
    シングル『nord』収録。
  8. a flower is not a flower
    ベストアルバム『the very best of gut years 1994-1997』収録。
  9. before long
    アルバム『ネオ・ジオ』収録。
  10. energy flow
    シングル『ウラBTTB』収録。
  11. mc8_(tong poo)
    イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)のアルバム『イエロー・マジック・オーケストラ』収録。
  12. Merry Christmas Mr.Lawrence
    サウンドトラック『メリー・クリスマス・ミスター・ローレンス』収録。
  13. the last emperor
    サウンドトラック『ラストエンペラー』収録。
  14. rain
    サウンドトラック『ラストエンペラー』収録。

Disc 2[編集]

  1. the sheltering sky
    サウンドトラック『シェルタリング・スカイ』収録。
  2. sweet revenge
    アルバム『スウィート・リヴェンジ』収録。
  3. highheels
    サウンドトラック『ハイヒール』収録。
  4. bolerish
    サウンドトラック『ファム・ファタール』収録。
  5. silk
    サウンドトラック『シルク』収録。
  6. self portrait
    アルバム『音楽図鑑』収録。
  7. 美貌の青空
    アルバム『スムーチー』収録。
  8. perspective
    YMOのアルバム『サーヴィス』収録。
  9. behind the mask
    YMOのアルバム『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』収録。
  10. tibetan dance
    アルバム『音楽図鑑』収録。
  11. 1919
    セルフカバーアルバム『1996』収録。
  12. thousand knives
    アルバム『千のナイフ』収録。
  13. parolibre
    アルバム『未来派野郎』収録。

出典[編集]

  1. ^ JOURNALSAKAMOTO+ vol.121より。