プレイング・ジ・オーケストラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プレイング・ジ・オーケストラ
坂本龍一ライヴアルバム
リリース
レーベル ヴァージン・ジャパン
プロデュース 坂本龍一
テンプレートを表示

プレイング・ジ・オーケストラPlaying The Orchestra)は1988年にリリースされた坂本龍一のライヴ・アルバム。

解説[編集]

  • 1988年4月9日4月10日、東京NHKホールで行われた「Sakamoto Plays Sakamoto」コンサートでの演奏を収録。指揮は大友直人、演奏は東京交響楽団。キーボードで小林武史も参加している。
  • 坂本龍一はこの演奏の後、すぐにロスアンゼルスに移動し、1988年4月11日に第60回アカデミー賞をラストエンペラーの音楽で受賞している。
  • 坂本は1か月半徹夜状態でコンサートの譜面を書いた。
  • 初回30,000セット限定販売。振ると音が出るボックスセットで、海外版でも同様のセットであった。
  • 日本限定初回盤のみにDisc3が付属し、ビーコンシアターで行われた「NEO GEO TOUR」のライブが収録されている。音源的にはビデオ「NEO GEO」のものと同じ。
  • ライナーには1988年に亡くなった生田朗に捧げる詩(英語)が記述されている。
  • 映画「ラストエンペラー」と映画「戦場のメリークリスマス」のサウンドトラックの他、坂本のオリジナルアルバムに収録されている曲をオーケストラでアレンジされている。コンサートでは「ラストエンペラー」で使用されなかった「満州国パーティ」「満州国ワルツ」なども演奏されている。また、収録曲以外にも、「M.A.Y. In The Backyard」「Behind the Mask」などが演奏されている。

収録曲[編集]

Disc 1[編集]

  1. Station
    • 作曲:坂本龍一
  2. Open The Door
    • 作曲:坂本龍一
  3. First Coronation 戴冠式
    • 作曲:坂本龍一
  4. Armo
    • 作曲:坂本龍一
  5. Demo Guns
    • 作曲:坂本龍一
  6. Mouse
    • 作曲:坂本龍一
  7. Cut My Queue
    • 作曲:坂本龍一
  8. The Gate
    • 作曲:坂本龍一
  9. Tension
    • 作曲:坂本龍一
  10. Rain (I want a Divorce)
    • 作曲:坂本龍一
  11. Manchukuo Party 満州国パーティー
    • 作曲:坂本龍一
  12. Manchukuo Waltz 満州国ワルツ
    • 作曲:坂本龍一
  13. The Baby (Was Born Dead)
    • 作曲:坂本龍一
  14. Russian Army ロシア兵
    • 作曲:坂本龍一
  15. The Last Emperor - Theme
    • 作曲:坂本龍一

Disc 2[編集]

  1. Merry Christmas Mr.Lawrence - Theme
    • 作曲:坂本龍一
  2. Germination 発芽
    • 作曲:坂本龍一
  3. The Seed and the Sower 種子と種を蒔く人
    • 作曲:坂本龍一
  4. Ride Ride Ride (Celliers' Brother's Song)
    • 作曲:S.McCurdy
  5. The Fight
    • 作曲:坂本龍一
  6. Beyond Reason 理性を越えて
    • 作曲:坂本龍一
  7. The Seed
    • 作曲:坂本龍一
  8. The Last Emperor - The End Theme
    • 作曲:坂本龍一
  9. Before Long
    • 作曲:坂本龍一
    アルバム『ネオ・ジオ』収録バージョンよりも長くアレンジされている。
  10. Replica
    • 作曲:坂本龍一
  11. Daikokai 大航海
    • 作詞:かの香織/イタリア語翻訳:細川周平/作曲:坂本龍一
    ボーカルはバーナード・ファウラー。

Disc 3[編集]

  1. Okinawa Song
    • 詞:朝比呂志/作曲:三田信一
  2. 1900 1900年
    ベルナルド・ベルトルッチ監督による映画「1900年」のテーマ曲で、坂本によるピアノで演奏されている。またライブでは同監督の映画「ラストタンゴ・イン・パリ」のテーマも演奏された。
  3. Tibetan Dance
    • 作曲:坂本龍一
    沖縄風にアレンジされている。ボーカルはバーナード・ファウラー。