音楽図鑑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
音楽図鑑
坂本龍一スタジオ・アルバム
リリース
レーベル ミディ
プロデュース 坂本龍一
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 5位(オリコン、LPチャート)[1]
  • 坂本龍一 アルバム 年表
    コーダ
    1983年
    音楽図鑑
    1984年
    エスペラント
    1985年
    テンプレートを表示

    音楽図鑑』(おんがくずかん、Illustrated Musical Encyclopedia)は、坂本龍一の4作目のオリジナルアルバム。1984年10月24日ミディレコードよりリリース。

    解説[編集]

    • YMO散開後に発売され、ソロアルバムとしては4作目に当たる。
    • それまでのはっきりしたコンセプトに基づいて作成する方法とは異なり、スタジオに入って何の先入観なしに出てくるものを記録していく手段を取った。坂本は「シュールレアリスム的な自動筆記」「羅針盤も海図もなしに海に乗り出して何が起こるかっていう冒険」とコメントしている。[2]
    • 1982年10月24日から始められたレコーディングは、1984年8月23日のCDマスタリングが終了するまで1年8か月を要している。この期間、映画のサントラ、YMOのアルバム、その他のプロデュースなども行っているため、レコーディングが一時中断した。1984年4月から再開したが、この時からシンセサイザーフェアライトCMI」を使用することになった。「この楽器からインスパイアされるところが随分あり、前半やっていたことの工事というか、作り直しに掛かった」と坂本はコメントしている。[2]
    • レコーディングにはフェアライトCMIの他、プロフェット5、Emulator[3]ヤマハDX7(初期型)、Jupiter-4[2]も使用された。
    • ピアノを弾く坂本の影が蟻になっているジャケットデザインは立花ハジメが担当した。
    • 映画「TOKYO MELODY」で本作のレコーディング風景が収録されており、アルバムで不採用となった曲(「M31 TOKYO MELODY」)も垣間見られる。
    • 山下達郎が多く参加しているのは、同時期に隣のスタジオで竹内まりやのアルバム『VARIETY』のレコーディングがあり、プロデューサー兼アレンジャーだった山下がスタジオに入り浸りだったため。「山下君、ギター弾いてくれる?」「坂本君、ちょっとキーボードお願い」などとお互いに声をかけあっていたという。ただし、坂本によると「”上に達郎がいるからちょっと呼んで”という感じではなかったと思います。ボーカルのダビングにしてもそんなにすぐにできるわけではないですから。」と発言している[2]
    • ロバート・パーマーが来日した際に「音楽図鑑」を愛聴していた。高橋幸宏は「音楽図鑑には大好きな曲がたくさんある」とコメントしている[4]

    発売形態[編集]

    LP+12″シングル[編集]

    • 初回限定版。
    • 12シングルのA面は「REPLICA」と「マ・メール・ロワ」、B面は「TIBETAN DANCE (VERSION)」を収録。

    LP+7″シングル[編集]

    • 通常版。
    • 7″シングルのA面は「REPLICA」、B面は「マ・メール・ロワ」を収録。

    高音質盤LP+7″シングル[編集]

    • 限定版。

    CD[編集]

    • 収録曲はLP+7″シングルと同じ。

    CD再発売[編集]

    • 後年、初回CD収録曲に「TIBETAN DANCE (VERSION)」を追加した「完全盤」、更に「きみについて」を追加した「完璧盤」「純金CD盤」がリリースされた。

    CD再発売 2015 Edition[編集]

    • 2015年3月25日にデジタル・リマスターされたDISC 1と未発表曲とバージョン違いの曲を収録したDISC 2の2枚組で構成された「音楽図鑑-2015 Edition-」がリリースされた。

    カセットテープ[編集]

    • CD収録曲に「きみについて」を追加。

    イギリス盤[編集]

    収録曲[編集]

    日本盤[編集]

    ※曲目はCD『音楽図鑑完璧盤』を参照した。

    1. TIBETAN DANCE
      • 作曲:坂本龍一
      坂本がニューヨークでピアノを弾きながら、チベットの少女のダンスをイメージして作られた曲。イントロはタンバリンとハンドクラップを組み合わせたリズムに、テープの逆回転が重ね合わされている。5小節単位のシンプルなメロディーが繰り返されるが、あまりにもシンプルすぎてかえってアレンジが難航した模様。ドラム高橋幸宏ベース細野晴臣ギター大村憲司。録音当初は10種類ほどのテイクがあり、山下達郎のヴォーカル版も存在したが、歌詞のイメージが違っていたため、結局ヴォーカルなしとなった。後の“NEO GEOツアー”等でバーナード・ファウラーの歌唱による歌詞付きヴァージョンが演奏されたこともある。また、1983年EPOによりブリッジのメロディを加えた形でカヴァーされている。2005年9月28日に発売のアルバム『/05』にピアノ連弾ヴァージョンが収録されている。20年以上経ってからこの曲を聴いた坂本は「作った当時は明るくてホンワカした曲だと思ったが、あらためて聴くと緊張感がある」とコメントしている。[5] (M-1)
    2. ETUDE
      • 作曲:坂本龍一
      坂本流ジャズの習作。ジャズ評論家・演奏家たちからは「同期ジャズ」と呼ばれていた。曲中の4ビート部分のドラムは山木秀夫、それ以外は坂本がドラムを叩いている。4ビートのすべてとイントロの木管4声の部分は坂本ではなく清水靖晃が作曲している。そのため坂本は「本来は共作としてクレジットしなけばならなかった」とコメントしている[2]。坂本のアルバム『メディア・バーン・ライヴ』でライヴ・ヴァージョンが収録されている。2012年8月5日東京エレクトロンホール宮城で行われる「こどもの音楽再生基金」のテーマ曲として採用され、トベタ・バジュン編曲による楽譜もダウンロード提供された。(M-7)
    3. PARADISE LOST
      ジョン・ミルトンの失楽園をイメージした曲であり、坂本の南方憧憬を表した曲。1983年2月頃に作曲された(このとき〈M-5〉だった)。ゆったりとしたレゲエのリズムに乗せ、ヤン富田スティールドラムをたたいている。その他、近藤等則トランペットで、山下達郎エレクトリックギターで参加している。ドラムはLinn Dum、「ツクツク~」のシーケンス部分にはJupiter-4が使われている。ボコーダーはベンドを多用したVP-330を使用。シンセベース、ストリングス、山鳥の鳴き声にProphet-5を使っている。[2]
    4. SELF PORTRAIT
      • 作曲:坂本龍一
      鍵盤で遊びながら湧いたメロディと均整の取れたハーモニー進行と合わさってできた曲。早い段階で作られ、テンポや構成が異なっている3~4バージョンが録音されたが、アルバムに収録されたのは1984年4月に録り直されたバージョンである[2]。ドラムは高橋幸宏で、Linn Drumのスネアも重ねている。ギターは山下達郎でミュートしたものとクリーンなものの2種類がある[2]。イントロのマリンバと途中からコーラスで使われている音色はフェアライトCMIによるもの。8分音符のシーケンスはProphet-5。ボイス・サンプルとして山下達郎の名前がクレジットされているが、実際には使われていない[2]。ピアノはメインに使われているものの他に、メロディとバッキングの補強に使われたCMIの音、駆け下りてくるフレーズの部分、金丸晃治による逆回転再生したものがある[2]。後にアルバム『メディア・バーン・ライヴ』にライヴ・ヴァージョンが収録された。またシングル『08/21/1996』ではピアノ三重奏にアレンジされたヴァージョンがある。なお、この曲は映画「子猫物語」でも使用された。 (M-6)
    5. 旅の極北
      • 作曲:坂本龍一
      坂本の北方憧憬を表した曲で「PARADISE LOST」とは対極をなす。フェアライトCMI導入後のテイク3(CMI導入前から含めるとテイク5[2])が採用されている。キックとスネアの「ドドパッ」の音色はCMIによるもので、クラップはLinn Drumである。2種類のベースとAセクションとBセクションでストリングスのバックで鳴っているスペーシーな音はProphet-5で。鐘の音はEmulator。それ以外のシンセサイザーはCMIによるものである[2]。坂本の楽曲ではベースを早い段階で入れるが、この曲だけは珍しく最後に入れている。ベースはテイク1・テイク2のつもりで2つ弾き、どちらか一方をと思っていたところ、試しに2つ入れてみたら、ぐにゃぐにゃになって面白かったために両方を取り入れた[2]題名のない音楽会でオーケストラで演奏された。 (M-21)
    6. M.A.Y. IN THE BACKYARD
      • 作曲:坂本龍一
      坂本の作品では珍しく、マリンバが終始使われている楽曲。曲は別々の日に作曲された八つのスケッチをフェアライトCMIの機能であるページRで組み合わせている。フェアライトCMIはサンプラーとシーケンサーが直結しているため、各サンプル音をパラアウトで出力して定位やエフェクトを決めた状態にして一発で録音した[2]。曲中に出てくる雅楽っぽい音はProphet-5によるもので、ポリモジュレーションをピッチにかけ、オシレーターBだけが下から上がる設定にしている。また猫の鳴き声のような音もProphet-5を使っており、ピッチ・ベンドで操作している[2]。タイトルの“M.A.Y.”は当時高円寺の自宅裏庭に集まっていたノラ猫たちのことで、M=モドキ、A=アシュラ、Y=ヤナヤツの意味(ヤナヤツは他の子猫がエサを食べていると横から突き飛ばして横取りするところから命名)。モドキは矢野顕子「The Girl of Integrity」(『峠のわが家』収録)にも、サンプリングで‘参加’している。坂本は「珍しく描写音楽的タイトル」とコメントしている。この曲はセイコーのアルバサクセスのCMで使用され、プレゼント用にシングルカットもされた(B面は「マ・メール・ロワ」)。また“M.A.Y.”の部分は「エム・エイ・ワイ」と読み、ラジオ局アナウンサーが「メイ」と発音した事実を知った坂本は激怒した。アルバムのトラックはテンポが遅く、グルーヴ感がないため坂本本人は気に入っていない[6]。後のライヴにおいて様々な編成・アレンジで再演され、ライヴアルバム『“スウィート・リヴェンジ”ツアー1994』やアルバム『1996』に再収録されている。年を経るごとにテンポがアップする傾向にある。 (M-28)
    7. 羽の林で
      • 作詞・作曲:坂本龍一 / 翻訳:ピーター・バラカン
      ガムラン的な音をフィーチャーした、暑いアジアの匂いがする曲。全体のゆったりとしたテンポと、その中の非常に微細な音の二重構造になっている。デイヴィッド・ヴァン・ティーゲムの型にはまらない色彩豊かなパーカッション、山下達郎のギターによるコードプレイが効果的に使われている。坂本のボーカルが出てくるが、アルバムをまとめる段階になり、インスト曲ばかりであったこと、自身のレーベル最初の盤で売らなければならず、少しでもポップにするため、ギリギリになってボーカルを入れた[2]。シンセ・ベース、イントロの不穏なベース、コード(ふわーっと鳴っているパッド)、ブラス、山びこにProphet-5、マリンバにEmulator、チューンド・パーカッションにフェアライトCMIが使われている[2]。フェアライトCMIでは音律を自由に作れる機能があり、坂本はそれに衝撃を受け、本曲ではガムランの5音階を作っている[2]。山下達郎のギターは高音部、中音部、低音部で別々に録音しており、粒だちがはっきりしたきれいな音になっている[2]。坂本のボーカルは五つのトラックに分けて録られている[2]。この曲と「森の人」「マ・メール・ロワ」はほぼ同日に作曲された(坂本によると「三姉妹」)。立花ハジメによってこの曲の映像作品が制作されている。後に“D&L”ツアーで再演された。 (M-25)
    8. 森の人
      • 作詞:矢野顕子 / 作曲:坂本龍一
      タイトルの“森の人”とは、オランウータンのこと。シンプルな曲で何度も転調を繰り返す。坂本はこの曲のことを“おやすみミュージック”とも言っている。曲の最初から最後まで出てくるマリンバとガムランのようなパーカッションはフェアライトCMI、ハイハットとキックはローランドTR-808が使われている[2]。間奏のファンファーレはEmulator、ストリングスはフェアライトCMI、ボーカルの代わりに出てくるふにゃふにゃしたパッドはProphet-5を使っている。坂本のボーカルはパートごとに5トラックが録音され、さらにローランドVP-330によるボコーダーで補強されている[2]。 (M-27)
    9. A TRIBUTE TO N.J.P.
      • 作曲:坂本龍一
      “N.J.P.”はナム・ジュン・パイクのこと。坂本の学生時代(1975年~1976年頃)に作曲された。サックスは中村哲。3/4拍子であるが、1回聴いただけでは一体何拍子なのかが判別が付かない。また、メロディーが無調的・和声の4度進行もほとんどないなど、楽曲の構造自体はジャズからは遠い。テイク1で中村哲によるソプラノ・サックスと坂本のピアノを同時に録り、テイク2で中村によるテナー・サックスが録音されている。テイク3も録音されたが使われていない。結局テイク2のテナーを活かし、テイク1のソプラノは最後のセクションにだけハーモニーパートとして使われた[2]。中間部ではナム・ジュン・パイクの声がコラージュされ、後ろで鳴っているコードはProphet-5である。このアルバムの最後に録音された (M-35)。後にアルバム『メディア・バーン・ライヴ』でライヴヴァージョン、アルバム『1996』でピアノ三重奏ヴァージョンが収録されている。
    10. REPLICA
      • 作曲:坂本龍一
      サンプリング音によるリズム・淡々と刻まれる低音部(途中からバスクラリネットが加わる)・ホルン系の音色による半音を基調としたフレーズが延々と繰り返される中、様々な音たちが現れては消えるミニマル音楽。ナム・ジュン・パイクによってこの曲の映像作品が制作されている。リズムの「ガガッ」「ジャ、ジャ」の音はタイプライターをフェアライトCMIでサンプリングしたもの。イントロから鳴っているホルン系のフレーズは坂本がProphet-5で手弾きしたものである[2]。シンセ・ベースとストリングスはProphet-5を使い、後半のグロッケンの音はフェアライトCMIを使っている[2]。随所にさまざまなSE音(カバサっぽい音、鐘、雷)が入るが、フェアライトCMIではなく、スタジオ(音響ハウス)に用意されていた6mmテープのライブラリを使用している[2]ペンギン・カフェ・オーケストラのサイモン・ジェフスがクアトロ(4弦ギター)を演奏しているがほとんど聞こえない[2]。「題名のない音楽会」やアルバム『プレイング・ジ・オーケストラ』でオーケストラ演奏された。 (M-29)
    11. マ・メール・ロワ
      • 作曲:坂本龍一
      タイトルは「マザー・グース」のことで、モーリス・ラヴェル同名の曲がある。坂本の曲としては珍しく、子供たちの声(ひばり児童合唱団)によってメロディーが歌われている。トランペットで近藤等則、パーカッションでデイヴィッド・ヴァン・ティーゲムが参加している。曲中に聞かれる低音は坂本がフェアライトCMI導入直後に最初にサンプリングしたもので、ベースにハーモニクスを掛けた音である。トイピアノはフェアライトCMIではなく本物を弾いている。トランペット、パーカッション、トイピアノ以外はすべてフェアライトCMIで表現している。近藤を呼んだ理由は曲を壊すため(坂本一人ではほころびがなく、どこか壊れていないといいものにならないと考えていた)[2]。 (M-26)
    12. きみについて
      前年発表の日本生命プロモーション用12"シングル「LIFE IN JAPAN」に収録されていた曲。ベースは坂本自身の演奏。イントロの「コッコッコッカッ」の部分は最後のテイクで追加された。作詞は糸井重里。歌詞の内容に関して坂本は「恥ずかしい」と発言している。
    13. TIBETAN DANCE (VERSION)
      • 作曲:坂本龍一
      原曲に使われている楽器たちが入れ替わり立ち代り主役を務める、いわゆるリミックスヴァージョン。メロディーすらも途中で寸断される。中間部は、よりギターのカッティング中心のミックスになっている。また、曲の節目にテープを逆回転させた音が多用されている。

    海外盤[編集]

    1. Field Work
      • 作詞・作曲:坂本龍一、トーマス・ドルビー
      シングル『フィールドワーク』より。
    2. Etude
    3. Paradise Lost
    4. M.A.Y. In The Backyard
    5. Steppin' Into Asia
      • 作曲:坂本龍一/英語詞:矢野顕子/タイ語詞:Somboon Kittisatayawaj
      シングル『ステッピン・イントゥ・エイジア』より。
    6. Tibetan Dance
    7. Zen-Gun
      「マ・メール・ロワ」
    8. In A Forest of Feathers
      「羽の林で」

    音楽図鑑-2015 Edition[編集]

    DISC 1[編集]

    1. TIBETAN DANCE(M-1)
    2. ETUDE(M-7)
    3. PARADISE LOST(M-5)
    4. SELF PORTRAIT(M-6)
    5. 旅の極北(M-21)
    6. M.A.Y. IN THE BACKYARD(M-28)
    7. 羽の林で(M-25)
    8. 森の人(M-27)
    9. A TRIBUTE TO N.J.P.(M-35)
    10. REPLICA(M-29)
    11. マ・メール・ロワ(M-26)
    12. きみについて……。
      曲名の末尾に「……。」が追加された。
    13. 夜のガスパール
      「LIFE IN JAPAN」に収録されたもので、本アルバムには初めて収められた。
    14. 青ペンキの中の僕の涙
      同上。
    15. TIBETAN DANCE (VERSION)

    DISC 2[編集]

    1. M2 BILL
      未発表曲。シャッフル系のビートにウッド・ベースとピアノがからむジャズ風の曲。タイトルの「BILL」はビル・エヴァンスから取られている。坂本は保守的なジャズは嫌いであったが、クラシックの曲を即興で、それもものすごく良いグルーブで演奏するビルだけは聞いていた。山下達郎の生コーラスが出てくるが、フェアライトCMI導入前に録音されたものであるため。坂本は山下のボーカルを「分厚くていい」と評している[2]
    2. M4 TOD
      未発表曲。ウーリッツァーのバッキングが特徴的なポップス。録音当時、ポップスとしての枠組みを作ろうとしていたことが影響している。タイトルの「TOD」はトッド・ラングレンから付けられている[2]
    3. SELF PORTRAIT - 04A FEATURING MINAKO YOSHIDA
      未発表バージョン。吉田美奈子の声がフィーチャーされている[2]
    4. 両眼微笑 - 0011-02
      未発表バージョン。録音当時、坂本がDJをしていた番組「サウンドストリート」のテーマ曲として使われた「両眼微笑」の別バージョン。吉川忠英がアコースティック・ギターとしてフィーチャーされている。ディストーションが施されたギターはE BOWである。ただし、演奏は大村憲司なのか、坂本本人なのか、坂本の記憶があいまいになっている[2]
    5. M11 BRUC
      未発表曲。ロマン派っぽい、かわいらしい曲。曲名はブルックナーから取られている。坂本は長い期間、ロマン派が嫌いだったが、YMO時代に音楽へ毒を盛り込みたくてワーグナーを聞いたりしていた。どこかで耳にしたブルックナーのシンフォニーで循環コードをずっとつかっているものがあり、ポップスとしてもいけると悪口を言うような気持ちで真似したとのこと。木管はすべて清水靖晃によるものだが、清水はこの曲をまったく覚えていない[2]
    6. M16 UNTITLED
      未発表曲。不穏なシンセ・ベースとキックが続き、何も始まらずに終わる曲。坂本は「本当に骨のような曲」「一部のマニアックな人は面白がってくれるかもしれないと思って入れた」「曲というのはここから組み立てていくんだというのを想像してもらえたら面白い」とコメントしている[2]
    7. 旅の極北 - 0016-03
      未発表バージョン。
    8. M23 BALLAD
      未発表曲。
    9. 羽の林で - 0013-04A
      未発表バージョン。
    10. マ・メール・ロワ - 0014-02-MAY16
      未発表バージョン。
    11. M31 TOKYO MELODY
      ドキュメンタリー映像『Tokyo Melody』で、この楽曲のレコーディング風景が一部映っているのみで、長年未発表だった曲。
    12. M33 UNTITLED
      未発表曲。

    脚注[編集]

    1. ^ 『オリコン・チャートブック LP編 昭和45年 - 平成1年』オリジナル・コンフィデンス、1990年、150頁。ISBN 4871310256
    2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah キーボード・マガジン2015年4月号 SPRING』より。
    3. ^ 途中からEmulatorⅡに変更している
    4. ^ 『SWITCH』2011年Vol.29 No.12 ISBN 978-4884183271
    5. ^ 2009年4月26日放送NHK-FM「音楽の美術館・サウンドミュージアム」より。
    6. ^ アルバム『US』より。