フロントライン (坂本龍一の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フロントライン
Front Line
坂本龍一シングル
B面 Happy End
リリース
規格 EP
ジャンル ロック
ポップス
レーベル アルファレコード
作詞・作曲 坂本龍一
プロデュース 坂本龍一
坂本龍一 シングル 年表
WAR HEAD
1980年
フロントライン
(1981年)
い・け・な・いルージュマジック
1982年
テンプレートを表示

フロントライン (Front Line) は、日本ミュージシャンである坂本龍一の2枚目のシングル。または同シングルに収録された曲。

シングルは1981年4月21日アルファレコードよりリリースされた。

解説[編集]

新潮文庫の100冊のCMに使用される。(本人も坂本龍馬の役と1981年自身で登場)

  • ヴォーカルは坂本、ドラムは高橋幸宏が担当。
  • 録音はYMOのアルバム『BGM』と同時期に行われた。
  • 1枚目のシングル「ウォー・ヘッド」は気楽に作ったが、本シングルは『BGM』収録の「音楽の計画」よりも5倍ぐらい成功していると思う自信作とコメントしている。[1]

収録曲[編集]

SIDE A[編集]

  1. Front Line
    作詞・作曲・編曲:坂本龍一/英語訳詞:ピーター・バラカン
    YMOのアルバム『BGM』収録の「音楽の計画」の1週間後に録音された。坂本によれば「いわば姉妹編」。デヴィッド・シルヴィアンが気に入って、この曲に詞をつけて歌いたいと要望があったが、結局実現しなかった[2]。途中に出てくるヴォイスはピーター・バラカン。

SIDE B[編集]

  1. Happy End
    作詞・作曲・編曲:坂本龍一
    『BGM』にも収録されているが、メロディが割愛されている。1981年のYMOのライブではシングルに近いアレンジで演奏している。1982年に行なわれたB-2 UNITSのライブでも、ピアノ・シンセサイザー・サックスのアンサンブルで演奏されている。2005年9月28日にリリースされた坂本のアルバム『/05』にはピアノ4重奏で収録されている。

脚注[編集]

  1. ^ 参照:ロッキンf
  2. ^ NHK-FM「サウンドストリート」より