ネオ・ジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ネオ・ジオ
坂本龍一スタジオ・アルバム
リリース
レーベル CBSソニー
プロデュース 坂本龍一
ビル・ラズウェル
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
坂本龍一 年表
未来派野郎
1986年
ネオ・ジオ
1987年
ビューティ
1989年
テンプレートを表示

ネオ・ジオNeo Geo)とは、1987年7月1日に発表された坂本龍一の7作目のオリジナルアルバム。または、このアルバムに収録された曲。

解説[編集]

  • 海外各国での発売を前提にCBS/SONYのTERRAPINレーベルより発表された。坂本のアルバムが世界発売を前提に作られたのは初のことであった。87年当時はMIDIレーベルとの契約を継続しており、本作リリース前後にもMIDIから作品を発表している。
  • 使用機材はフェアライトCMIや、Emulator II、ヤマハDX7II Dが挙げられる。

ビル・ラズウェルとの共同制作[編集]

アルバムのタイトル[編集]

  • “NEO GEO”とはNeo Geographyの略で「新しい地図」の意。国や民族などどこにも属さない、浮遊する大地であり、そこでは世界のすべてを受容し、互いに認め合い、尊重しあう世界を、まずは音で試みている。
  • “NEO GEO”の読み方について坂本龍一は、一般に「ネオ・ジオ」と発音されていることを容認しつつ、自身は「ニオ・ジオ」と発音しているとラジオ番組で語ったことがある。

収録曲[編集]

  1. BEFORE LONG
    • 作曲:坂本龍一
    アルバム冒頭を飾る、ピアノシンセサイザーによる小曲。ビル・ラズウェルから「前奏曲のようなものを」と注文されて作成された。後にアルバム『1996』でピアノ三重奏アレンジで再演。
  2. NEO GEO
    • 翻訳・作曲:坂本龍一、ビル・ラズウェル
    ゴーゴーとロック沖縄民謡と民族音楽(ケチャ)をミックスした、以前の坂本の作風にはなかった楽曲。ベースはブーツィー・コリンズ。ケチャは坂本がバリ島で録音してきたものを使用している。沖縄民謡は「耳切り坊主(みみちりぼーず)」。坂本は「ヨーロッパ音楽は実は、ヨーロッパ音楽ではない、ということを証明したかった」と語っている[2]
  3. RISKY
    • 作詞:イギー・ポップ / 作曲:イギー・ポップ、坂本龍一、ビル・ラズウェル
    ヴォーカルはイギー・ポップ。メロディーラインは坂本・ビルが作ったバックトラックにのせて、イギーが勝手に歌った。シングルカットされ、7インチ、12インチ盤が発売されている(12インチはExtended version)。アルバム『ネオ・ジオ』が発売される直前の1987年6月19日にフルモデルチェンジされた日産自動車セドリック(Y31前期型)のCM曲として起用され、坂本自身もセドリックのCMイメージキャラクターとしてCM出演していた。
  4. FREE TRADING
    おしゃれテレビのアルバム『おしゃれテレビ』収録の「アジアの恋」を、坂本が「自分で作った曲より坂本っぽい」といたく気に入りカヴァーした。メロディにはいろんな音色が重ね合わされている。シンバルレガートはトニー・ウィリアムスの演奏をフェアライトCMI IIIで編集したもの。ベースにはスティックを使用。
  5. SHOGUNADE
    • 作曲:坂本龍一、ビル・ラズウェル
    コミカルな4度音程のリフ、ファンキーなギターのカッティングが特徴的。
  6. PARATA
    • 作曲:坂本龍一
    非機能的和声進行(特に低音部の増4度音程進行)の上で滑らかなメロディーラインが奏でられる。
  7. OKINAWA SONG - CHIN NUKU JUUSHII
    • 詞:朝比呂志 / 作曲:三田信一
    原曲は1968年フォーシスターズが歌ったヒット曲。"ちんぬくじゅうしい"とは里芋ごはんの事。ドラムはスライ・ダンバー
  8. AFTER ALL
    • 作曲:坂本龍一
    坂本による複数のピアノの即興を、コンピュータに取り込み編集した楽曲。シンバルレガートはトニー・ウィリアムス。

参加ミュージシャン[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『オリコン・チャートブック LP編 昭和45年 - 平成1年』オリジナル・コンフィデンス、1990年、150頁。ISBN 4871310256
  2. ^ 「キーボード・スペシャル」より

外部リンク[編集]