E-mu Emulator

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

E-mu Emulator(イーミュー エミュレータ)とは、米国E-mu systems社(以下、E-mu)が1981年から発売されていたサンプラーである。

概要[編集]

1980年当時、サンプラーはミュージックワークステーションの一つであるシンクラヴィアフェアライトCMIに内蔵されていた。しかし、どちらも非常に高価な上、巨大なためほぼ会社や音楽スタジオ専用であった。1981年、E-muはサンプラー機能だけに限定したEmulatorを販売した。約300万円位だが前の2つよりも圧倒的に安く[1]、操作も簡単な上に持ち運びやすかった、さらにフロッピーディスクで簡単にサンプルが手に入ったため[2]、業界からの支持を得た。が、一般人にはまだ手の届かない値段であった。

ラインナップ[編集]

Emulator I

Emulatorシリーズ[編集]

Emulator[編集]

1981年に発売された最初のモデル。生産時期により機能にばらつきがあり、初期型にはフィルタVCAMIDIが内蔵されていなかった[2]サンプリング周波数は27kHz。メモリー容量は128KB。49鍵。

Emulator II

EmulatorII[編集]

1984年に発売された最もメジャーなモデル。Emulatorとは違い、パネル部分が広くなっている。機能の面でも進化しており、フィルタやエンベロープが最初からついており、LFOもついている。サンプリング周波数はEmulatorと同じ。メモリー容量は512KB(1MBまで増設可能)。61鍵。[3]

EmulatorIII[編集]

Emulator III

1988年に発売されたモデル。本体の色が青色系からグレーに変更。フロントパネル右に6個のボタンが配置されており、ボタンを押すとモジュールを呼び出して必要な作業を行うというスタイル。サンプリング周波数を録音時には44.1kHzと31kHzから、サンプリング後では7~50kHzと選べるようになった。メモリー容量は4MB(8MBまで増設可能)。[4]

61鍵キーボードのほかラックマウント版が存在する。EIII発音数1ボイスごとにD/Aコンバータとアナログフィルターを備えており、オシレータ部分の後段は完全にアナログ・サーキットで構成されている。

EIIIxp[編集]

EmulatorIIIをデジタル化したラックマウントモデル。主な機能はEmulatorIIIと変わらないが、メモリー容量が8MB(32MBまで増設可能)であり、アナログ入力が省略されデジタル入出力ポートに変更されているなどの違いがある。(そもそもEIIIxpとは、EIII - XPではなく EIIIX - Pであり、「EIIIxのプレイバック版」という意味である。)

EmulatorIV[編集]

1996年に発売されたモデル。EmulatorIV、E64は、発音数1ボイスごとにD/Aコンバータが搭載されている。

その後登場したE6400とE4Xでは簡略化された。また、16MBのサウンドROMを搭載したESynthというモデルも発売されている。

EIIIxpと同じラックマウントモデルであるが、「E4k」というキーボードモデルも発売された。メモリー容量は128MB。[5]

後年、内部を新設計したE4Ultraシリーズにアップデートされた。E4Ultraではキーボードモデルが廃止されてラックマウントモジュールのみとなるほか、Proteus2000シリーズのROMを焼く機能などが追加された。

脚注[編集]

  1. ^ シンクラヴィアとフェアライトCMIはどちらも約1000万円以上した。
  2. ^ a b 【Vol.153】E-mu Emulator ~普及型サンプリング・マシン(でも数百万円)[1981年頃]”. 2018年6月28日閲覧。
  3. ^ 【Vol.154】E-mu Emulator II ~80年代中期を代表する世界的サンプラー[1984年]”. 2018年6月28日閲覧。
  4. ^ 【Vol.155】E-mu Emulator III(EIII) ~イミュレーター・シリーズの3代目[1988年頃]”. 2018年6月28日閲覧。
  5. ^ vintage synth explorer” (英語). 2018年6月29日閲覧。

関連項目[編集]