アンドゥ#1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンドゥ#1
Undo #1
坂本龍一シングル
B面 UNDO #4
LASER MAN
リリース
規格 マキシシングル
レーベル ヴァージン・ジャパン
作詞・作曲 作曲:坂本龍一
プロデュース 坂本龍一
チャート最高順位
坂本龍一 シングル 年表
リスキー
1987年
アンドゥ#1
1989年
ユー・ドゥ・ミー
1990年
テンプレートを表示

アンドゥ#1」(Undo #1) は、1989年7月5日リリースされた、坂本龍一の9作目シングル。マキシシングルで発売。

解説[編集]

  • ヴァージン・アメリカ移籍後初の作品。ヴァージン在籍中は洋楽扱いされており、オリコン&ミュージック・ラボの洋楽シングル部門では第1位になった。
  • CDの模様は赤地に黒(ヴァージン版、再発版)と黒地に赤(再発版の一部)のものが存在する。
  • 帯は黄色地のものがケースに直付けされていた。非常に日に弱く色飛びするため、保管に苦慮する仕様になっている。なお再発版は赤いもの(裏地が初版に似せてある)がケースに挿入されている。
  • 日本ではサッポロビールのTVCM(サッポロドラフト)に採用され、本人も出演した。

収録曲[編集]

  • 全曲、作曲:坂本龍一
  1. UNDO #1
    • アルバム『ビューティ』(1989年)に収録された「Amore」の原曲。
  2. UNDO #4
    • 「UNDO #1」のギターを強調したアレンジとなっている。
  3. LASER MAN
    • ピーター・ワン(王正方)監督の映画『激光人・レーザーマン』(1988年)のテーマ曲として作られた楽曲。後に「JAZZ#1」としてリドリー・スコット監督の映画『ブラック・レイン』(1989年)に使用される。アルバム『ビューティ』に収録された「Calling From Tokyo」の原曲。