CM/TV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
CM/TV
坂本龍一ベスト・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ワーナーミュージック・ジャパン
プロデュース 坂本龍一
チャート最高順位
坂本龍一 年表
BTTB
1998年
US
UF
CM/TV
(2002年)
キャズム
2004年
テンプレートを表示

CM/TV』(シーエム・スラッシュ・ティーヴィー)は2002年10月23日に同時発売された坂本龍一ベスト・アルバム3作品のひとつ(他は『US』と『UF』)。ジャケットは黄色。

解説[編集]

  • タイトルが表すとおり、坂本が制作したコマーシャル用音楽・テレビ番組用テーマ曲などを収録しており、ほとんどの楽曲がこのアルバムで初音源化されたものである。
  • 初回盤の特典として『US』、『UF』、『CM/TV』の中にある応募券3枚を集めレコード会社に郵送すると、坂本のお宝音源を収録したCD『GEM』がプレゼントされた。
  • 初回プレスでは「ジャケット表記が7曲目13曲目が逆転する」という誤植ミスが発生しており、発売元のワーナーに送付すると、修正版を返送してくれる。
  • 同年、発売された『WorksI CM』,『Works II-TV/Inst』にもこの『CM/TV』に収録された曲を一部含んでいるが、『Works』シリーズも初音源化されたものがほとんどである。製作年は、1980年から1985年のものを中心に収録されている。

収録曲[編集]

  1. 丸井のメガネ/1977
    • 作曲:坂本龍一
    坂本が初めて手掛けたCM音楽である。
  2. 日立CI『伝統美』/1978
    • 作曲:坂本龍一
    シーケンサーが使われているが、当時シーケンサーはめずらしく坂本も持っていなかったため、持っている人を探し出したという。
  3. キヤノンNP5500『キャリアガール』/1978
    • 作曲:坂本龍一
  4. バルバローゼン『カプセル』/1978
    • 作曲:坂本龍一
  5. PARCO-フェイ・ダナウェイ『アニマル』 /1979
    • 作曲:坂本龍一
    「ゴリラがバナナをくれる日」というタイトルでアルバム『1996』ではトリオ編成版が収録されている。アルバム『メディア・バーン・ライヴ』ではピアノソロ版がある。
  6. PARCO-フェイ・ダナウェイ『卵』/1979
    • 作曲:坂本龍一
    このアルバムを編纂したときに曲の良さを再認識し、アルバム『/04』に「Tamago 2004」として再録音されている。
  7. 西武スペシャル『ゴーマンミチコ』/1979
    • 作曲:坂本龍一
    が曲の所々で聞かれる。これはクライアントからの注文で入れたとの事で、坂本は入れたくなかったらしい。
  8. トヨタCI『燃える大地』/1979
    • 作曲:坂本龍一
  9. EDWIN/1979
    • 作曲:坂本龍一
    坂本含む、渡辺香津美らによるバンド『KYLYN』が演奏している。
  10. パイロット『ジャスタス』
    • 作曲:坂本龍一
  11. XEROX 3500 ベビーライオン Part3/1980
    • 作曲:坂本龍一
  12. オリンパスOM-10『夏』/1980
    • 作曲:坂本龍一
  13. 西武スペシャル B-3/1981
    • 作曲:坂本龍一
    • 後にロビン・スコットと坂本によるコラボレーション・アルバム「アレンジメント」にボーカルパートを入れ、収録された。
    • ドラムは坂本本人によるもの。
  14. 明星 中華三昧『黄金の都』/1981
    • 作曲:坂本龍一
    のちにこの曲を気に入った高橋幸宏が坂本に頼み込み了解を取り、さらに高橋が作詞・補作曲した上でソロアルバム『WHAT, ME WORRY?〜ボク、大丈夫〜』(1982年発売)に「回想/FLASHBACK」として収録。
  15. 新潮社 新潮文庫キャンペーン/1982
    • 作曲:坂本龍一
    • CMには坂本本人も出演しており、坂本にとって初のCM出演である。
  16. FM東京 サウンドロゴ TypeC/1982
    • 作曲:坂本龍一
  17. 日本生命CM『きみについて』/1983
    日本生命のキャンペーン用レコードに収録されていたもの。CMには自身も出演しており、髭剃りパターンではヴォーカルなしバージョンが、布団を敷いているパターンでは本バージョンが使われている。
    • 日本生命が『Life In Japan』というタイトルで非売品レコードを配布し、この曲が収録された。
  18. サントリー・ウィスキー『オールド』「DEAR LIZ-Strings Version」/1983
    • 作曲:坂本龍一
    曲のマスターテープが存在していない為、CM映像からオーディオトラックを抜き出した物である。アルバム『メディア・バーン・ライヴ』と『/04』ではピアノソロバージョンが収録されている。
    • 他にも3つほどのヴァージョンがある。
  19. 資生堂 エリクシール『Ms.ニッポン』/1983
  20. 資生堂 エリクシール'84/1984
    • 作曲:坂本龍一
  21. NTT『ハウディ』/1984
    • 作曲:坂本龍一
  22. サントリー 『SASUKE/1984
    • 作曲:坂本龍一
  23. 日立マクセル「SOFT MACHINE」/1984
    • 作曲:坂本龍一
  24. 資生堂 リバイタル'85「リバイタル」/1984
    • 作曲:坂本龍一
  25. 日産 セドリック『プール編』「Froating Along」/1988
    • 作曲:坂本龍一
    • 坂本自身がCMに出演したが、当時の映像ではまゆ毛が異常に濃いと本人は語っている。ベリー・ベスト・オブ・グートにアルバム『1996』用に録音されたテイクが収録されている。
  26. 野村證券『Portfolio』/1988
    • 作曲:坂本龍一
  27. NEC C-LIFEフェア「Strong Relax」/1990
    • 作曲:坂本龍一
    • 坂本のシングルウィー・ラブ・ユーにも収録された。
    • CMには坂本本人が出演している。
  28. 鹿島建設株式会社・イメージソング「The Echoing Blue」/1990
    • 作曲:坂本龍一
    鹿島建設の社長に頼まれて制作したもの。
    この曲は坂本の記憶違いが原因なのか曲を間違えており、本当は「トキオ・クマガイ」の非売品CDに収録されている曲である。また、本当の「The Echoing Blue」にはエスペラントの「A Wongga Dance Song」や、クラフトワークのアルバム人間解体の「The Robots」の効果音がサンプリングとして使われている。
  29. 武田薬品アリナミンA』「Nutorition」/1990
    • 作曲:坂本龍一
  30. VIVRE「Lost in a maze」/1992
    • 作曲:坂本龍一
  31. Toshiba BS-ARENA「Ominous Adolescence」/1992
    • 作曲:坂本龍一
  32. キャセイパシフィック航空「The Heart of Asia(reprise)/1994
    • 作曲:坂本龍一
    • キャセイパシフィックの搭乗者に配布された非売品CDに収録されている曲。
  33. アウディ A6「Whispering Green」/1997
    • 作曲:坂本龍一
  34. マイクロソフト(不採用作品) I.E. 4.0 Theme 1/1998
    • 作曲:坂本龍一
    マイクロソフト社のウェブブラウザInternet Explorer 4」のサウンドロゴとして制作したもの。坂本は以前マッキントッシュを使っていたが、坂本を含む多くのマックユーザーはマイクロソフトのことを「悪の帝国」と思っていた。ところが、当時の日本マイクロソフトの社長である成毛眞が直接坂本に会いに行ったことをきっかけに坂本がWindowsユーザーに転身し、周囲から「裏切り者」呼ばわりされた。結局、別アーティストの楽曲がベータ版CD-ROMのオートラン再生時の音楽に採用され、不採用となった。その後、坂本はマックユーザーに戻っている。
  35. マイクロソフト(不採用作品) I.E. 4.0 サウンドロゴ 1-1/1998
    • 作曲:坂本龍一
  36. マイクロソフト(不採用作品) I.E. 4.0 サウンドロゴ 1-2/1998
    • 作曲:坂本龍一
  37. マイクロソフト(不採用作品) I.E. 4.0 サウンドロゴ 2/1998
    • 作曲:坂本龍一
  38. マイクロソフト(不採用作品) I.E. 4.0 サウンドロゴ 3/1998
    • 作曲:坂本龍一
  39. SEGA ドリームキャスト サウンドロゴ/1998
    • 作曲:坂本龍一
    セガのテレビゲーム・ドリームキャストを立ち上げた際、テレビ画面にロゴが現れる際の音。
  40. バドワイザー「Beyond」/1998
    • 作曲:坂本龍一
    テレビCMでは坂本本人が出演した。
  41. 三共リゲインEB錠』「energy flow」/1999
    • 作曲:坂本龍一
    テレビCMで実際に使われた音源で、大ヒットしたシングル『ウラBTTB』に収められている曲よりも短い。
  42. キヤノン e-Magic「Out of the Cradle」/2000
    • 作曲:坂本龍一
    坂本が現地で録音したマサイ族の歌を使っている。
  43. サントリー・ウィスキー『山崎』「YAMAZAKI 2002」/2002
    • 作曲:坂本龍一
    アルバム『/04』で再録音されている。また、本CDのセルフライナーノーツで「『energy flow』がヒットしたのにこれがヒットしないのが分からない。」と言っている。
  44. ランコム/[制作年次不明]
    • 作曲:坂本龍一
    フランスのテレビCMで使われた。
  45. NHKNHKニュースワイド/1980
    • 作曲:坂本龍一
    録音はNHKの509スタジオで行われた。エンディングで流れたバージョンもあるが、未収録。
  46. NHK『NHK教育 YOU オープニング』/1982
    • 作曲:坂本龍一
    後に素人の若者が合唱したバージョンが放送で使われた。
    ドラムは坂本本人が叩いている。
  47. NHK『NHK教育 YOU エンディング』/1982
    • 作曲:坂本龍一
  48. 日本テレビNTT DATA スペシャル「海からの贈りもの」クジラ・ヒト・地球の未来』「WHALES」/1990
    • 作曲:坂本龍一
  49. TBS筑紫哲也 NEWS23 オープニング』「put your hands up」/1997
    • 作曲:坂本龍一
    シングル『ウラBTTB』にピアノヴァージョンが収録されている。
  50. TBS『筑紫哲也 NEWS23 エンディング』「put your hands up」/1997
    • 作曲:坂本龍一

関連項目[編集]

外部リンク[編集]