この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

原田知世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

はらだ ともよ
原田 知世
生年月日 (1967-11-28) 1967年11月28日(50歳)
出身地 日本の旗 日本 長崎県長崎市[1]
身長 160 cm[2]
血液型 A型[1]
職業 女優歌手
ジャンル 映画テレビドラマCM
活動期間 1982年 -
配偶者 エドツワキ2005年 - 2013年、離婚)
著名な家族 原田貴和子(姉)
公式サイト O3 Harada Tomoyo Official Site
主な作品
映画
時をかける少女[3]
天国にいちばん近い島[3]
早春物語
私をスキーに連れてって
落下する夕方

原田 知世(はらだ ともよ、1967年11月28日[1] - )は、日本女優歌手長崎県長崎市出身[1]。ショーン・ハラダ所属。原田貴和子は実姉。バンド・pupaではボーカルを担当[4]

経歴

出身地の長崎にて、2歳の頃より姉の貴和子とともに鳳洋子に師事してバレエを習う。

1982年、中学3年生の時に「角川映画大型新人募集」に応募して特別賞を受賞し、14歳で芸能界入りする。デビュー直後からテレビドラマや映画でヒロインを演じ、スクリーンデビュー作の『時をかける少女』(1983年)では日本アカデミー賞ほか各映画賞の新人賞を受賞。薬師丸ひろ子に次ぐ大型新人として話題になり[5]、「角川三人娘(薬師丸ひろ子・渡辺典子・原田知世)」の末っ娘としてアイドル的な人気を得る。高校進学後も学業の傍ら主演映画を撮影し、『愛情物語』(1984年)『天国にいちばん近い島』(1984年)、『早春物語』(1985年)を公開。歌手としても松任谷由実が提供した『時をかける少女』などの映画主題歌を歌い、「ザ・ベストテン」や「NHK紅白歌合戦」などの歌番組に出演する。

1986年に角川春樹事務所から独立。ホイチョイ・プロダクション原作の『私をスキーに連れてって』(1987年)、『彼女が水着にきがえたら』(1989年)でトレンディ映画のヒロインを演じた。また、後藤次利のプロデュースでオリジナル曲をリリースする。

1990年代以降は本格的に歌手活動に取り組み、鈴木慶一ゴンチチ羽毛田丈史伊藤ゴローらとのコラボレーションによる数々のアルバムを制作。スウェディッシュ・ポップブームの立役者トーレ・ヨハンソン[6]をプロデューサーに迎えたアルバム『I could be free』(1997年)で新たなファンを獲得し[7]、オール・スウェディシュ・メンバーとの国内ツアーなどを行った。2007年には高橋幸宏らとバンド「pupa」を結成。オリコンチャートによると、原田のシングルの累計売上は2010年までに194万枚[8]、アルバムは2005年までに81万枚[9]を記録している。

女優業では透明感のある清廉なイメージを保ちつつ[10]NHK連続テレビ小説おひさま』(2011年)、『半分、青い。』(2018年)などで母親役を演じている。ドラマ『紙の月』(2014年)、『運命に、似た恋』(2016年)では若い恋人との出逢いに揺れる中年女性を演じた。

私生活では、2005年5月にイラストレーターのエドツワキと結婚したが、2013年12月に離婚した[11]

略年譜

1982年

  • 映画『伊賀忍法帖』のヒロインを一般公募する「角川映画大型新人女優募集」に応募。映画『魔界転生』を観て真田広之のファンになり、『伊賀忍法帖』の主人公を演じる真田に会えるかもしれないという動機からだった[12]。当時14歳で、応募資格の「15歳以上」を満たしていなかったが、九州地区予選でプロデューサーの角川春樹の目に留まり、応募総数57,480人の中から本戦進出18名に選ばれる。4月の最終審査で特別賞を受賞し(グランプリは渡辺典子)、角川春樹事務所の専属女優となる。
  • 7月、フジテレビ系ドラマ『セーラー服と機関銃』に主演し女優デビュー(14歳)。同時に主題歌「悲しいくらいほんとの話」で歌手デビューも果たす。後番組『ねらわれた学園』にも引き続き主演。

1983年

1984年

1985年

1987年

  • デビュー以来所属していた角川春樹事務所を独立し、実姉の原田貴和子とともに芸能事務所「ショーンハラダ」を設立した。同年公開の主演映画『私をスキーに連れてって』はスキーブームの火付け役となった(19歳)。

1990年

  • シングル「Silby」より透影月奈(すきかげ るな)名義で作詞・セルフプロデュースを始める。

1992年

  • ムーンライダーズ鈴木慶一のプロデュースを受け、アルバム『GARDEN』(1992年)『Egg Shell』(1995年)『clover』(1996年)をリリースしていく。

1995年

  • 味の素AGFのコーヒー「ブレンディ」のCMキャラクターに起用される。以後20年以上連続して出演し、同一ブランドでのテレビCM出演時間が日本一とされる(ビデオリサーチ調べ)[14]

1997年

1998年

  • 第48回ベルリン国際映画祭正式招待作品となった映画『落下する夕方』に主演 (30歳)。

2005年

2006年

2007年

2008年

  • 6月2日、pupa Live '08 Preparation 〜Before Floating〜を行った(40歳)。
  • 7月2日、pupaのデビュー・アルバム『floating pupa』発売。pupa Live Tour 2008 "floating 6 pupas"を行った(40歳)。

2009年

  • 10月21日 アイスランドでレコーディングしたアルバム『eyja(エイヤ)』発売(41歳)。

2010年

  • 7月28日、pupaの2枚目のアルバム『dreaming pupa』発売。pupa Live Tour 2010 "dreaming 6 pupas"を行った。

2011年

  • NHK連続テレビ小説『おひさま』に、主人公の母役として出演。
  • 12月25日、伊藤ゴローと共に、朗読と歌の会「on-doc.(オンドク)」の第1回目を青森県立美術館で開催。以降、全国各地で不定期に開催。

2013年

  • 12月27日、エドツワキと離婚したことを発表[11]

2016年

  • 5月11日、カバー・アルバム『恋愛小説2〜若葉のころ』発売。オリコン・アルバムチャート4位になる。原田にとって1997年の『Flowers』以来のオリコン・トップ10入り[15]

2017年

  • デビュー35周年記念プロジェクト第一弾として5月10日に「ロマンス」をセルフカバーしてシングルで発売。[16]
  • 7月5日、全て新録のセルフカバーアルバム『音楽と私』を発売。[17]
  • 9月1日から全国5か所にて「原田知世 35周年アニバーサリー・ツアー“音楽と私”」を開催。[17]

出演

映画

テレビドラマ

テレビアニメ

劇場アニメ

テレビ番組

  • ウッチャンナンチャンの誰かがやらねば!(1990年4月 - 9月、フジテレビ)
  • 原田知世 おとぎの森に迷い込む〜スウェーデン光の祭典・ルシア祭〜(2007年、BS日本)
  • 原田知世 LIFE & LIVE(2008年、NHK総合・NHK-BS2・NHK-BShi)
  • 原田知世ライブ "music & me"(2008年、NHK-BS2・NHK-BShi)
  • 原田知世のクロアチア紀行(2008年、BS-i)
  • 原田知世 35周年アニバーサリー・ツアー 音楽と私 in 東京 2017(2018年、WOWOW)

NHK紅白歌合戦出場歴

年度/放送回 曲目 出演順/
出場者数
対戦相手
1985年(昭和60年)/第36回 早春物語 13/20 沢田研二

ラジオ

ナレーション

  • 時をかける少女(1997年、映画)
  • 神様のかくれんぼ(2000年 - 2001年、テレビ朝日
  • 情熱サッカー星人(2001年 - 2008年、テレビ朝日)
  • 素敵な宇宙船地球号(2001年、テレビ朝日)
  • 魅惑! 北欧ライフ探訪〜森と湖のIT王国(2001年、テレビ東京
  • 緑の大地に夢馳せて〜110年目の岩手・小岩井農場〜(2002年、岩手朝日テレビ
  • SURF & SNOW 松任谷由実の軌跡(2003年、NHK総合)
  • 地上の楽園 タヒチ(2003年、テレビ東京)
  • 堺旅人(2003年 - 2004年、関西テレビ)
  • にっぽん菜発見 そうだ、自然に帰ろう(2003年 - 2010年、テレビ朝日)
  • 幸せになるためのイタリア語講座(2004年、映画予告編)
  • 世界遺産(2004年、TBS)
  • レーザードリームシアター(2005年、愛・地球博
  • 灯台守の恋(2005年、映画予告編)
  • 世界一美しい村に住む人々 〜イギリス コッツウォルズ〜(2006年、NHK)
  • イタリアへ…須賀敦子 静かなる魂の旅(2006年、BS朝日)
  • やさいのようせい N.Y.SALAD(2007年 - 、NHK教育
  • 彼女のレジュメ(2007年 - 2008年、テレビ大阪
  • SONGS(2008年、NHK総合)
  • 俺たちだって天地を動かす〜日本のお父さんが第九に挑む〜(2008年、テレビ朝日)
  • ぞうのババール(2009年、NHK教育)
  • 生きるを伝える(2009年 - 、テレビ東京)
  • 食べまくれ!グルメの達人が行く!日本一の産地 マル秘 裏メニュー!!(2010年、朝日放送)
  • 南極日和(2010年、テレビ朝日)
  • 南極日和(2010年 - 2014年、BS朝日)
  • 世界で働くお父さん(2011年 - 、テレビ東京)
  • 奇跡の地球物語〜近未来創造サイエンス(2011年、テレビ朝日)
  • ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!(2011年、日本テレビ)
  • きららちゃんの島 〜3世代家族の日々〜(2011年、テレビ長崎)
  • ETV特集細野晴臣 音楽の軌跡 〜ミュージシャンが向き合った「3.11」〜』(2011年、NHK教育)
  • 世界ふれあい街歩き(2012年、NHK BSプレミアム
  • 鋼の絆〜島原の鍛冶屋5人兄弟〜(2012年12月19日、フジテレビ)[28]
  • NNNドキュメント'13 社長の息子 「跡継ぎゼミ」の1年(2013年3月3日、讀賣テレビ放送制作、日本テレビ系列)
他多数

CM

ゲーム

舞台

作品

シングル

  1. 悲しいくらいほんとの話1982年7月5日)
  2. ときめきのアクシデント(1982年10月21日)
  3. 時をかける少女1983年4月21日)[38]
  4. ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ (1983年7月25日)マクドナルドミュージカル『あしながおじさん』主題歌
  5. 愛情物語1984年4月25日)
  6. 天国にいちばん近い島(1984年10月10日)
  7. 早春物語1985年7月17日)
  8. どうしてますか1986年3月5日)日本生命CMソング
  9. 雨のプラネタリウム(1986年6月21日))トヨタ自動車NEWカローラCMソング
  10. 空に抱かれながら(1986年9月21日)トヨタ自動車NEWカローラIIGPターボCMソング
  11. 逢えるかもしれない(1987年5月2日)新生鉄道誕生記念キャンペーン「いい町へ いい人へ」大賞受賞作品 新鉄道唱歌
  12. 彼と彼女のソネット(1987年7月1日)フランスの歌手、エルザ哀しみのアダージョ』の日本語カヴァー
  13. 太陽になりたい(1988年4月27日)トヨタ・カローラIICMソング
  14. Silvy(1990年2月21日)
  15. 静かな夜(1991年11月28日)佐藤製薬ストナCMソング
  16. T'EN VA PAS(1994年7月21日)フジテレビ『文學ト云フ事』エンディング
  17. Attends ou va-t'en(1994年12月16日)
  18. あした(1995年9月6日)大林宣彦監督作品『あした』主題歌
  19. 100 LOVE-LETTERS(1996年4月19日)スズキアルトエポCMソング
  20. ロマンス1997年1月22日)
  21. シンシア(1997年7月24日)NTV系列テレビドラマ『デッサン』主題歌
  22. 恋をしよう(1998年4月22日)日本テレビ『TVおじゃマンボウ』エンディング
  23. 七色の楽園(1998年7月18日)テレビ東京『ワンシーン』主題歌
  24. You can jump into the fire(1999年9月22日)
  25. Tears of Joy(2001年10月24日)1991年当時リリースのセルフカバー曲
  26. 空と糸 -talking on air-(2002年4月24日)NTT DoCoMoケータイ家族物語CMソング
  27. 夢で逢えたら(2002年5月22日)
  28. I could be free(2015年9月9日)
  29. 恋愛小説2〜若葉のころ E.P.(2016年9月7日)
  30. ロマンス(2017年5月10日)
シングル売上一覧
タイトル 単位:万枚
悲しいくらいほんとの話
  
5.7(#41)
ときめきのアクシデント
  
1.5(#67)
時をかける少女
  
58.7(#02)
愛情物語
  
32.1(#03)
天国にいちばん近い島
  
27.6(#01)
早春物語
  
16.3(#04)
どうしてますか
  
10.0(#07)
雨のプラネタリウム
  
8.2(#12)
空に抱かれながら
  
5.0(#11)
逢えるかもしれない
  
3.0(#24)
彼と彼女のソネット
  
2.6(#19)
太陽になりたい
  
5.5(#17)
Silvy
  
0.9(#54)
あした
  
0.3(#95)
ロマンス
  
6.8(#39)
シンシア
  
8.4(#25)
恋をしよう
  
0.4(#70)
空と糸 -talking on air-
  
1.3(#43)
出典は『オリコン・シングル・チャートブック(完全版):1968 - 2010』 、612 - 613頁。()内の数字はオリコンチャートの週間最高順位。

アルバム

オリジナルアルバム

  1. バースデイ・アルバム(1983年11月28日)
  2. 撫子純情(1984年11月28日)
  3. PAVANE(1985年11月28日)
  4. NEXT DOOR(1986年6月28日)
  5. Soshite(1986年11月28日)
  6. Schmatz (1987年7月29日)
  7. Tears of Joy(1990年5月21日)
  8. Blue in Blue(1990年11月28日)
  9. 彩(1991年5月21日)
  10. GARDEN (1992年8月21日)
  11. Egg Shell(1995年1月20日)
  12. clover (1996年5月17日)
  13. I could be free(1997年2月21日)
  14. Blue Orange(1998年8月21日)
  15. a day of my life(1999年9月22日)
  16. My Pieces(2002年11月20日)
  17. music & me(2007年11月28日)
  18. eyja(2009年10月21日)
  19. noon moon(2014年5月7日)[39][4]

カバーアルバム

  1. カコ(1994年2月18日)
  2. Summer breeze(2001年6月20日)
  3. 恋愛小説(2015年3月18日)[40]
  4. 恋愛小説2-若葉のころ(2016年5月11日)[41]
  5. 音楽と私(2017年7月5日)※セルフカバー

ベストアルバム

  1. ポシェット(1986年11月1日)
  2. Image (1987年5月7日)
  3. From T(1987年11月28日)
  4. MY FAVORITES(1988年7月21日)
  5. シングル・コレクション '82〜'88(1988年9月1日)
  6. Flowers(1997年9月18日)
  7. GOLDEN J-POP THE BEST(1998年8月21日)
  8. 2000 BEST(2000年7月19日)
  9. Best Harvest(2001年11月21日)
  10. ゴールデン☆ベスト 原田知世 〜As Time Goes On〜(2011年5月25日)

映像作品

  • 16才のグラフィティ(1984年9月21日)
  • 原田知世ストーリー(1984年10月21日)
  • そよ風のクルール TOMOYO・SONG BOOK(1985年3月21日)
  • Muscat Lips Tour(1986年10月22日)
  • O3(オー・スリー)(1987年12月2日)
  • 幻想のいる場所(1991年9月21日)
  • Blue Orange Tour(1999年4月21日)
  • 神様のかくれんぼ -与勇輝の世界-[ナレーション](2001年5月25日)
  • 世界一美しい村に住む人々イギリス・コッツウォルズ[ナレーション](2007年9月27日)
  • フジテレビ開局50周年記念DVD ウッチャンナンチャンのやるやらフォーエバー 誰かがやらねば!やるならやらねば!傑作選 (2009年12月25日)
  • 須賀敦子 静かなる魂の旅-永久保存ボックス[朗読](2010年9月9日)
  • Melting Sun & Ice Moon - Tomoyo Harada Live Tour 2010 eyja(2010年10月27日)
  • 音楽と私 35周年アニバーサリー・ツアーin東京2017 [Blu-ray & DVD] (2018年4月4日)

参加作品

リリース日 曲名 初収録された作品
1992年8月21日 水彩画の夏 中西俊博『Sailing on Strings』
1998年7月18日 幸せの場所(作詞) ムーンライダーズ『月面讃歌』
1998年11月6日 チム・チム・チェリー Various Artists『We Love Mickey -Happy 70th Anniversary-』
2002年12月11日 CHINESE SOUP Various Artists『Queen's Fellows:yuming 30th anniversary cover album』
2003年6月4日 エイヤー・アッシャー・エイヤー〜我は我たる者なり(コーラス) Unknown Soup & Spice(岩代太郎濱田マリのユニット)『Chant』
2005年5月25日 パールカラーにゆれて Various Artists『山口百恵トリビュート Thank You For…part2
2006年10月4日 soup song MOOSE HILL『desert house』
ノスタルジア
2008年1月23日 東京シャイネス・ボーイ/鈴木慶一 Various Artists『細野晴臣STRANGE SONG BOOK -Tribute to Haruomi Hosono 2』
2008年7月23日 あめふり くまのこ/原田知世+鈴木慶一 Various Artists『にほんのうた 第二集』
2008年8月27日 夜想曲 Yuji Ohno & Lupintic Five with Friends『sweet lost night
2008年9月10日 Girl Again オニキユウジ『Sister Worlds』
2008年11月12日 きっと言える Various Artists『encontro 〜organic bossa〜』
2009年10月14日 The Fool On The Hill Various Artists『LOVE LOVE LOVE』
2010年2月3日 ひとりじゃないよ/原田知世+高橋幸宏 Various Artists『Try Little Love 〜チギレグモノ、ソラノシタ〜』
2010年10月3日 レモン 伊藤ゴロー「レモン」
2010年11月17日 Frosty The Snowman Various Artists『Christmas Songs』
2011年7月20日 ミモザ 宮内優里『ワーキングホリデー』
2013年6月19日 Vivo Sonhando Various Artists『GETZ/GILBERTO+50』
2013年6月19日 古靴店 高田漣『アンサンブル』

著書

  • 時の魔法使い(1984年、角川文庫
  • 19+1 Good-by teens, Hello twenties(1987年、扶桑社

写真集

  • To Mo Yo 原田知世写真集(1984年、富士見書房
  • 1985年型 原田知世写真大事典 あいたくて、知世 1984・1985(1985年、富士見書房)
  • Tomoyo Harada 1st Concert Tour(1986年、富士見書房)
  • 原田知世 マイニット・マイスタイル(1995年、日本ヴォーグ社)

受賞歴

出典

  1. ^ a b c d PROFILE”. O3 Harada Tomoyo Official Site. 2016年2月6日閲覧。
  2. ^ 原田 知世”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2018年3月24日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.72-73.
  4. ^ a b “注目の新譜:原田知世「noon moon」 5年ぶりにオリジナルアルバムを発表”. MANTANWEB. (2014年5月8日). http://mantan-web.jp/2014/05/08/20140508dog00m200008000c.html 2015年4月6日閲覧。 
  5. ^ 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.15.
  6. ^ ヨハンソンがアルバム制作に参加したのは前作『clover』(1996年)から。
  7. ^ 演じるように歌う。両方やってきたからできること 原田知世(後編) - 朝日新聞デジタル(2016年5月31日)2018年9月7日閲覧。
  8. ^ 『オリコン・シングル・チャートブック(完全版):1968 - 2010』 オリコン・エンタテインメント、2012年2月、612 - 613頁。ISBN 978-4-87131-088-8
  9. ^ 『オリコン・アルバム・チャートブック(完全版):1970 - 2005』 オリコン・エンタテインメント、2006年4月、502 - 503頁。ISBN 978-4-87131-077-2
  10. ^ ““時をかける”原田知世、高度な清廉性を保つ秘訣とは?”. ORICON NEWS. (2015年3月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2050317/full/ 2018年9月14日閲覧。 
  11. ^ a b 原田知世が離婚 エドツワキ氏と「それぞれの道を歩んで行く」”. スポニチ (2013年12月28日). 2016年3月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年3月4日閲覧。
  12. ^ 中川右介『角川映画1976-1986 日本を変えた10年』、KADOKAWA、2014年、164頁。
  13. ^ a b 『オリコン チャート・ブック 昭和43年-昭和62年(20年)アーティスト編 全シングル作品』 オリコン、1988年9月、258頁。ISBN 4-87131-021-3
  14. ^ a b 原田知世、CM20年継続に「びっくり」 “変わらぬ美しさ”の秘訣は「リラックス」”. TVfanWeb (2016年1月26日). 2016年2月6日閲覧。
  15. ^ 原田知世、アルバム「恋愛小説2〜若葉のころ」がアルバムチャート4位に初登場”. Musicman-NET (2016年5月17日). 2016年6月8日閲覧。
  16. ^ デビュー35周年を迎えた原田知世。それを記念して、名曲「ロマンス」をセルフ・カヴァー!本人コメントも到着
  17. ^ a b 7/5、35周年記念アルバム『音楽と私』の発売決定!発売記念イベント&ツアーも決定!
  18. ^ 28年の“時をかけて”大林監督&原田知世が次回作の約束 “深町君”もサプライズ登場”. ORICON STYLE (2011年5月8日). 2013年10月9日閲覧。
  19. ^ “倉科カナ、宅間孝行監督「あいあい傘」に主演!市原隼人&立川談春&原田知世も参戦 : 映画ニュース”. (2018年3月23日). http://eiga.com/news/20180323/2/ 2018年3月23日閲覧。 
  20. ^ “原田知世主演「デッサン」の制作発表”. zakzak. (1997年6月13日). オリジナル1997年7月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/19970714042437/http://www.zakzak.co.jp/geino/n_June97/nws928.html 2016年2月6日閲覧。 
  21. ^ 連続テレビ小説「半分、青い。」おもな出演者【岐阜・故郷編】発表!”. NHK (2017年8月22日). 2017年8月23日閲覧。
  22. ^ 原田知世、単発ドラマで“不倫の恋” 脚本は“恋愛の神様”北川悦吏子氏”. ORICON (2015年9月10日). 2015年9月11日閲覧。
  23. ^ 有村架純の両親役に時任三郎&原田知世が抜擢!「海に降る」追加キャスト発表”. cinemacafe.net (2015年7月21日). 2016年2月6日閲覧。
  24. ^ “北川悦吏子さんNHKで初脚本 原田知世×斎藤工で“大人の純愛物語””. スポニチアネックス. (2016年6月10日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/06/10/kiji/K20160610012755980.html 2016年6月10日閲覧。 
  25. ^ 椎名桔平、ブラックマネーを操る男に!連続ドラマW「不発弾」共演に原田知世ら”. シネマカフェ. 2018年3月19日閲覧。
  26. ^ 原田知世、こども店長・加藤清史郎との共演においっ子から羨望のまなざし!”. シネマトゥデイ (2010年9月22日). 2013年10月9日閲覧。
  27. ^ 「ラジオでの聴き比べはすごく面白かったし嬉しい企画でした」原田知世の特番が文化放送でオンエア”. CDJournal (2015年4月22日). 2016年2月6日閲覧。
  28. ^ 第21回FNSドキュメンタリー大賞ノミネート作品『鋼の絆 〜島原の鍛冶屋5人兄弟〜』”. フジテレビ (2012年10月31日). 2015年4月5日閲覧。
  29. ^ 放送ライブラリー 番組ID:F22250
  30. ^ 放送ライブラリー 番組ID:A22871
  31. ^ 放送ライブラリー 番組ID:A23108
  32. ^ 放送ライブラリー 番組ID:A23268
  33. ^ 放送ライブラリー 番組ID:A23423
  34. ^ 放送ライブラリー 番組ID:A20007
  35. ^ 放送ライブラリー 番組ID:A24263
  36. ^ 冬きた…JR SKISKI×私をスキーに連れてって!”. シネマトゥデイ (2017年12月10日). 2018年5月16日閲覧。
  37. ^ TASHIRO Itaru (2013年6月26日). “INTERVIEW|30年ぶりの舞台に挑戦!『シレンシオ』原田知世さんインタビュー”. Web Magazine OPENERS. 2015年1月25日閲覧。
  38. ^ 原田知世が故郷・長崎で名曲「時をかける少女」を歌う!”. Smartザテレビジョン (2014年4月26日). 2015年4月5日閲覧。
  39. ^ 原田知世、5年ぶりのアルバム『noon moon』リリース決定。ツアーも”. BARKS (2014年2月26日). 2015年4月6日閲覧。
  40. ^ 原田知世が大人のラブ・ソングをテーマにしたカヴァー・アルバムをリリース”. CDJournal (2015年3月18日). 2015年4月5日閲覧。
  41. ^ 原田知世、カヴァー・アルバム『恋愛小説』の第2弾を発表”. CDJournal (2016年3月22日). 2016年5月16日閲覧。
  42. ^ 歴代ゴールデン・アロー賞受賞者一覧PDF

関連項目

外部リンク