メディア・バーン・ライヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『メディア・バーン・ライブ』(Media Bahn Live)1986年に開催された坂本龍一のライブ・ツアーの名称であり、その模様を収録したキャリア初となる同年9月21日に発売されたライブ・アルバム

メディア・バーン・ライブ
坂本龍一ライブ・アルバム
リリース
ジャンル シンセ・ポップ
時間
レーベル ミディ / SCHOOL
プロデュース 坂本龍一
坂本龍一 アルバム 年表
未来派野郎
(1986年)
メディア・バーン・ライヴ
(1986年)
プレイング・ジ・オーケストラ
(1988年)
テンプレートを表示

解説[編集]

ライブ[編集]

1986年4月21日未来派野郎』発売日当日の大阪厚生年金会館を皮切りに最終日・6月18日の渋谷公会堂まで全国で計28公演が行われた。

当時の坂本龍一と言えば、YMOでの「コンピュータとの同期による機械的な演奏」というイメージがまだ強かった。このライブツアーではそのイメージを覆すべく、コンピュータを排除し、すべて人間による演奏に支えられている。そのため、『未来派野郎』ではコンピュータにより演奏されていた複雑なシーケンスパターンでさえ、一部簡略化してサポート・キーボーディストが手弾きで演奏している。

パーカッション担当のDAVID VAN TIEGHEMは、当時1,300万円もした坂本所有のフェアライトCMIをこのツアーに携行使用して、レコード音源の再現をライブで試みた。フェアライトでカバーできなかったサンプル音源は、AKAIのS-612というS-900の1世代前のサンプラー5台でサポートした。

このツアーではヤマハの協力を得て、世界で初めてMIDIピアノが使われた。MIDIピアノは、初めてのライブ使用のため常に2台を携行して望んだが、一度も壊れたりトラブルを起こしたことが無かった。ただし、プログラムチェンジをするボタンの位置の関係で、演奏中ボタンに指が当たってしまい、他の接続楽器のプログラムが変わる等のトラブルが起きる可能性がリハーサルの段階で分ったことから、MIDIピアノの機能としてはかなり制限をかけて使用をした。

アルバム[編集]

アルバムはライブの演奏曲を中心に収録されている。曲順はライブでの演奏順とほぼ同じで、前半がバンド、中盤が坂本のソロ、最後は再びバンド演奏となる。リリース当初はLP2枚組で、2枚目のB面(EX-JAZZ以降)は45回転。CDは1枚組であった。

収録曲[編集]

  1. G.T.
    シングル『G.T.』収録。
  2. BALLET MECANIQUE
    アルバム『未来派野郎』収録。
  3. STEPPIN' INTO ASIA
    シングル『ステッピン・イントゥ・エイジア』収録。
    原曲ラップはタイ語であるが、このバージョンでは英語で歌われている。
  4. SLEEP ON MY BABY
    「坂本龍一&カクトウギ・セッション」のアルバム『サマー・ナーヴス』収録。
  5. GYMNOPEDIES
    エリック・サティジムノペディ第1番。
    ライブではここから坂本のピアノソロとなる。
    坂本は「オープニングでワッと盛り上げて、汗ダラダラでサティ弾くっていうのも奇妙でいいですよ」とコメントしていた。
    なお、アルバムに収録されているテイクはスタジオ録音。
  6. ゴリラがバナナをくれる日
    初音源化された曲でPARCOのCFで使用されていた。
    アルバム『CM/TV』に「PARCO-フェイ・ダナウェイ『アニマル』」というタイトルで原曲、アルバム『1996』ではトリオ編成にアレンジされた曲が収録。
  7. A TRIBUTE TO N.J.P.
    アルバム『音楽図鑑』収録。
  8. DEAR LIZ
    初音源化された曲で、サントリーのCFで使用されていたもの。
    アルバム『CM/TV』に原曲が収録されている。
    アルバム『/04』では短いアレンジで再収録されている。
  9. THATNESS AND THERENESS
    アルバム『B-2ユニット』収録。
    オリジナルとはアレンジが異なり、キーも変わっている。
  10. MERRY CHRISTMAS MR. LAWRENCE
    アルバム『メリー・クリスマス・ミスター・ローレンス』収録。
  11. BEHIND THE MASK
    YMOのアルバム『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』収録。
    マイケル・ジャクソン作詞ヴァージョン。
  12. FIELD WORK
    シングル『フィールドワーク』収録。
  13. ONGAKU
    YMOのアルバム『浮気なぼくら』収録。
    アレンジは『浮気なぼくら (インストゥルメンタル)』ヴァージョンに近い。
  14. 黄土高原
    アルバム『未来派野郎』収録。
    オリジナル楽曲のバッキングフレーズを人間が再現するのが困難だったため、当初坂本はライブでの演奏を断念していたが、キーボードのROBBY KILGOREが簡単なフレーズを考え出し、それが採用された。
  15. SELF PORTRAIT
    アルバム『音楽図鑑』収録。
  16. EX-JAZZ
    初音源化された曲。1985年9月15日筑波万博で行われたライブ「TV- WAR」のエンディングとして演奏されたもの。坂本のツアーでは未演奏。
  17. PAROLIBRE~ETUDE
    「PAROLIBRE」はアルバム『未来派野郎』収録。
    「ETUDE」はアルバム『音楽図鑑』収録。

ツアー・スケジュール[編集]

日付 都市 会場
1986年4月21日 大阪 大阪厚生年金会館
1986年4月22日
1986年4月23日 京都 京都会館
1986年4月25日 神戸 神戸文化ホール
1986年4月29日 東京 渋谷公会堂
1986年4月30日
1986年5月7日 静岡 静岡市民文化会館
1986年5月8日 名古屋 名古屋市民会館
1986年5月10日 千葉 千葉県文化会館
1986年5月12日 宇都宮 宇都宮市文化会館
1986年5月14日 高松 高松市民会館
1986年5月15日 高知 高知県立県民文化ホール
1986年5月16日 松山 愛媛県県民文化会館
1986年5月17日 広島 広島郵便貯金会館
1986年5月19日 福岡 福岡サンパレス
1986年5月20日 長崎 長崎市公会堂
1986年5月21日 熊本 熊本市民会館
1986年5月23日 鹿児島 鹿児島市民文化ホール
1986年5月26日 金沢 金沢市観光会館
1986年5月28日 新潟 新潟県民会館
1986年5月29日 長野 長野県県民文化会館
1986年6月4日 横浜 神奈川県立県民ホール
1986年6月8日 郡山 郡山市民文化センター
1986年6月9日 仙台 宮城県民会館
1986年6月11日 札幌 北海道厚生年金会館
1986年6月13日 盛岡 岩手県民会館
1986年6月17日 東京 渋谷公会堂
1986年6月18日

サポート・メンバー[編集]

BERNARD DAVISは、実は2人目のドラマーである。

当初は元サンタナマイケル・シュリーヴを起用しリハーサルに臨んだものの、グルーヴがバンドの方向性と全く合わない事に坂本が不満を覚えたため、リハーサル4日目で解雇となり、急遽起用が決まったもの。

BERNARD FOWLERは1990年代中期からローリング・ストーンズのレコーディングとツアーコーラスに参加し現在でも彼らと行動を共にしている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 坂本龍一/メディア・バーン・ライブ”. tower.jp. 2022年10月3日閲覧。