ZERO LANDMINE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ZERO LANDMINE
N.M.L.ライブ・アルバム
リリース 2001年4月25日(CD)
8月22日(LP)
録音 -
時間 44分2秒
レーベル wea
プロデュース 坂本龍一
チャート最高順位
  • 週間1位(2週連続、オリコン
  • 2001年度年間28位(オリコン)
テンプレートを表示

ZERO LANDMINE」(ゼロ・ランドマイン)は、坂本龍一の呼びかけで結成されたユニット、N.M.L. (NO MORE LANDMINE)2001年4月25日にリリースした曲。およびライブ・アルバムCD。8月22日にはLP盤レコードもリリースされる。

概要[編集]

TBS50周年特別企画「地雷ZERO 21世紀最初の祈り」の為に企画された。このCD売上は全て地雷除去のチャリティに充てられており、その収支はホームページで確認する事ができる[1]。このCDの売上金はすべて地雷撤去などの資金となった。坂本の主旨に共感した国内外のアーティストや演奏家が集結し、N.M.L. (NO MORE LANDMINE) というユニットを結成した。

同曲は、前半部が未だに地雷が埋まっている国々の内の数カ国の民族音楽、後半部がメインの歌唱部分として構成されており、約18分の大作に仕上がっている。全編英語詞であり、詞は坂本の長年の友人である元・ジャパンデヴィッド・シルヴィアンが担当した。デヴィッドに歌詞制作を依頼する際に坂本は、「子供にも歌える様なシンプルな歌詞を書いて欲しい」と注文したという。坂本は出来上がった歌詞を見て、「普段のデヴィッドの書く難解な歌詞からは想像出来ない程のシンプルな歌詞が出来上がった」と歌詞カードで書いている。また、これとは別に作家の村上龍によって翻訳された日本語詞も作られており、そのタイトルは「地雷のない世界」である。この音楽の内容は、三省堂高校英語Ⅱの教科書『CROWN ENGLISH SERIES Ⅱ』にも掲載された。

利益は地雷が除去される活動を行っているNGO(Halo Trust等)に送られた。[1]

なお、タイトルなどで記載されている「LANDMINE」とは地雷の意味である。タイトルにもある様に、ジャケット写真には実際に埋設されていた様々な地雷が使われており、チャリティーの趣旨をよく表している。

2013年8月現在、オリコンシングルチャート1位を獲得した作品の中で、表題曲の演奏時間が最も長い。

おもな参加アーティスト[編集]

収録曲[編集]

  1. ZERO LANDMINE
    2001年4月30日放送の特番の番組の最後で、テレビで一度だけ演奏されたこのフルヴァージョンは、前半部分は地雷ZEROのドキュメントからの映像(ダイアナ元皇太子妃の朗読部分には彼女が登場)、後半の合唱部分ではスタジオに集まったアーティストたちの演奏が放映された。参加アーティストの中には当日、来日を果たせなかった者もいたものの、中継で共演を果たしている。特番の放送の最後に演奏されたもののライブレコーディング。
  2. ZERO LANDMINE -Piano+Vocal version-
    坂本のピアノとデヴィッド・シルヴィアンのボーカルのみで構成されているバージョン。
  3. ZERO LANDMINE -Piano+Cello version-
  4. ZERO LANDMINE -Short version-
    レコーディングの模様を使用しPVとして制作された映像はこのショートヴァージョン。イントロのクラフトワーク製作のサウンドロゴと後半の歌唱部分で構成されたバージョン。
  5. ZERO LANDMINE -Piano version-
  6. ZERO LANDMINE -THE TRACK-
    いわゆるカラオケバージョンで、ショートヴァージョンのバック演奏を使用。

脚注[編集]

[ヘルプ]