ヤン富田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤン富田

ヤン 富田(ヤン とみた、Yann Tomita、1952年 - )は、日本音楽家スティールパン奏者。東京都出身。

日本初めてのヒップホップ・プロデューサー。日本初めてのスティールドラムのプロ演奏家。音楽による意識の拡大をテーマに音楽の研究機関「オーディオ・サイエンス・ラボ」を主宰。ダブ現代音楽、ヒップホップ、ポップス電子音楽モンド・ミュージックを包括する音楽性を誇る。

来歴[編集]

70年代後半田村玄一、高橋誠一とバンド「タイニー・エキゾチカ・ボーイズ」を結成。エキゾチック音楽に独自アプローチで取り組み,、のちにMELONとして録音される「ゲートオブジャポネシア」等を作曲。東京FMにてちあきなおみとラジオ番組のパーソナリティを務める。

80年代にWATER MELON GROUPのメンバーとして主に桑原茂一原宿に開いた日本初のクラブピテカントロプス・エレクトスでライブを行った。スタジオミュージシャンとして多くの録音に参加。

1988年 ヴァンダイク・パークス来日公演にスティールパン奏者として参加。NHKにて放送される。同年インクスティック芝浦で「YANN TOMITA GROUOP」としてライブ。

1989年 日本初めてのヒップホップアルバムいとうせいこう「MESS/AGE」をプロデュースしすべてのトラックを作成。その時代を先取りしたアイデア・引用は世界中に大きな影響を与える。

同年「音楽による意識の拡大」をテーマに自身の研究所「オーディオ・サイエンス・ラボラトリー」を開設。[1]

1992年11月1日 ソロ名義のデビューCD 「ミュージック・フォー・アストロ・エイジ」 を発表

1995年 音楽の中だけに存在する架空の少女2人組DOOPEESをプロデュースしCD「DOOPEE TIME」を発表。

1999年パードン木村TORUMANを自身のレーベルTSUNAMI SOUND CONSTRUCTIONSにてプロデュースしCDを発表。

90年代に行ったライブは1993年東京パルコシアターの2日間のみ。

2009年 日本科学未来館にて13年ぶりにコンサートを開催。

青山Gallery360゜や原宿トーキョー カルチャート by ビームス等で「ACID TEST」と題し実験的なライブを頻繁に開催。

自身の研究機関「オーディオ・サイエンス・ラボ」の成果を発表するWEBサイト A.S.L. リポートを開設。[2]

2017年、3月24日、ブルーノート東京でライブ。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

シングル[編集]

書籍、映像、その他[編集]

プロデュース[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 【BLUE NOTE TOKYO】YANN TOMITA & DREAM TEAM for AUDIO SCIENCE LABORATORIES SHOW CASE (2019 9.11 wed.)” (日本語). Blue Note TOKYO. 2021年5月28日閲覧。
  2. ^ Report, A. s l (2006年5月25日). “A.S.L. リポート: YANN TOMITA MUSIC MEME 1 『フォーエバー・ヤン』”. A.S.L. リポート. 2021年5月28日閲覧。