中村有志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中村 ゆうじ
本名 中村 有志
ニックネーム ユウちゃん
生年月日 (1956-07-08) 1956年7月8日(66歳)
出身地 日本の旗 日本福岡県小倉市(現:北九州市小倉北区
身長 172cm
言語 日本語
方言 共通語北九州弁
最終学歴 日本の旗 日本
福岡県立小倉南高等学校卒業
師匠 杉兵助
出身 テアトル・エコー
芸風 司会業レポーターパントマイム
事務所 ディアマントプロモーション
活動時期 1977年 -
同期 南部虎弾
過去の代表番組 グッドモーニング
アートエンターテインメント 迷宮美術館
TVチャンピオン
天才ビットくん
えいごリアン
元祖!大食い王決定戦
ほか
他の活動 パントマイマー
俳優
配偶者 既婚
親族 Tentoku
テンプレートを表示
YouTube
チャンネル
活動期間 2018年 -
ジャンル エンターテイメント
登録者数 5400人
総再生回数 30万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2020年8月9日時点。
テンプレートを表示

中村 有志(なかむら ゆうじ、1956年7月8日 - )は、中村 ゆうじの芸名で活動している日本のお笑いタレントコメディアン俳優司会者新劇パントマイムコメディアン経験者[1]。なお、本名で活動していた期間もある。福岡県小倉市(現:北九州市小倉北区)出身。国籍は日本。所属事務所は「ディアマントプロモーション」。

経歴[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

舞台[編集]

ソロ[編集]

  • 「YUJI MIME 22」(1997.12.22/ラフォーレミュージアム原宿)
  • 「ONNAYUJI」(2000.9.10/ラフォーレミュージアム原宿)
  • 「愛とバカ ユージ」(東京公演:2003年2月28日〜3月1日/ラフォーレミュージアム原宿・大阪公演:2003年3月10〜11日/近鉄小劇場)
  • 「ユウジィズ・カット ―YUJI'S CUT―」(2004年9月16〜19日/東京三軒茶屋シアタートラム)
  • 「ユウジィズ・ナイト ―YUJI’S NIGHT―」(2008年9月30日/東京新宿紀伊國屋ホール)
  • 「ユウジの味」(2009年より不定期ながら継続的に開催中)

客演[編集]

  • シティボーイズ・ライブ1995年公演「愚者の代弁者、うっかり東へ」
  • シティボーイズ・ライブ1996年公演「丈夫な足場」
  • シティボーイズ・ライブ1997年公演「NOT FOUND あるいは、レイヴ・ウィズ・ザ・キャッチボールシスターズ」
  • シティボーイズ・ライブ1997年公演「NOT FOUND あるいは、レイヴ・ウィズ・ザ・キャッチボールシスターズ〜非常識な青空」
  • シティボーイズ・ライブ1998年公演「真空報告官ピー(P)」
  • シティボーイズ・ライブ1998年公演「真空報告官ピー(P)大運動会」
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「ラ・ハッスル きのこショー」(2001年)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「パパ・センプリチータ」 (2002年)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「NOTA 〜恙無き限界ワルツ〜」(2003年)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「だめな人の前をメザシを持って移動中」(2004年)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「メンタル三兄弟の恋」(2005年)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「マンドラゴラの降る沼」 (2006年)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「モーゴの人々」 (2007年)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「オペレッタ ロータスとピエーレ」 (2008年)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「そこで黄金のキッス」 (2009年)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「10月突然大豆のごとく」 (2010年)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「動かない蟻」 (2011年)
  • シティボーイズミックス PRESENTS 「西瓜割の棒 あなたたちの春に 桜の下ではじめる準備を」 (2013年)

ラジオ[編集]

  • 「中村 南部 アクアちゃん」(レインボータウンFM79.2、2010年10月 - )
  • 「田代 中村 南部 中井ちゃん」(レインボータウンFM79.2、2009年7月 - 9月)
  • 「午後のまりあーじゅ」(2016年NHK第一)
  • 「鈴木おさむのよんぱち」(2016年東京FM)
  • 「爆笑問題の日曜サンデー」(2016年 TBSラジオ)
  • 「たまむすび」(2016年、TBSラジオ)
  • 大沢悠里のゆうゆうワイド

バラエティ[編集]

  • アートエンターテインメント 迷宮美術館NHKハイビジョンNHK BS2
  • バラエティー生活笑百科(NHK)
  • 通販王国テレビショッピング(食品関係の案内役)
  • 今夜もドル箱V(2016年、テレビ東京)
  • アウトデラックス(2016年、フジテレビ)
  • いきなり黄金伝説(2016年テレビ朝日)
  • お笑い演芸館(2016年BS朝日)
  • デザインあ(2016年NHK)
  • THEワレメDEポン(2016年、BSフジ)
  • 昼めし旅(2016年、テレビ東京)
  • 競馬場の達人 #397(2018年、グリーンチャンネル)

CM[編集]

  • サンヨー食品 カップスター九州ラーメン・東京の味(1987年)
  • キリンジャイブ(1989)
  • 大阪ガス
  • ソニーVHS(1989年)
  • 旭ガラス
  • 日動火災
  • 旭化成ホームズ ヘーベルハウスシリーズ「LUFT」1人二役で出演

音楽[編集]

FUNKY KING[編集]

テレビ朝日『AVガーデン』でのキャラクター名義。いずれもシングルで3枚発表。

  • FUNKY KING PART 1 / GO GO KING(1988)
カップリング「GO GO KING」がいとうせいこう出演のセガ メガドライブCMに使われた。
「FUNKY KING PART 1」のPVは中野裕之が手掛け、それを見たテイトウワが気に入りDeee-Liteのデビュー曲「Groove Is in the Heart」などのPVを依頼した、という経緯がある。
  • MERRY SKA SKA PART1 / (I'M A) EVERYTHING MAN(1988)
  • WELL WELL WELL / THEME OF FUNKY KING(1989)

田代中村南部ハッカ隊[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “中村 ゆうじ”. 日刊スゴい人!. (2016年4月13日). http://sugoihito.or.jp/2016/04/13936/ 2016年5月18日閲覧。 
  2. ^ ““大食いMC”中村ゆうじ悲痛、北九州「旦過市場」大規模火災で生家が焼失「気分が真っ暗になりました」”. スポーツ報知. (2022年4月20日). https://hochi.news/articles/20220419-OHT1T51216.html?page=1 2022年4月20日閲覧。 
  3. ^ “□□□ (3/4)”. 音楽ナタリー. http://natalie.mu/music/pp/kuchiroro/page/3 2016年5月20日閲覧。 
  4. ^ Corporation, 株式会社テレビ東京-TV TOKYO (日本語), 中村ゆうじが、今だからいえる「TVチャンピオン」の裏側を大暴露:じっくり聞いタロウ|テレ東プラス, https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/entertainment/entry/2019/020303.html 2020年5月11日閲覧。 
  5. ^ “中村ゆうじ、20年以上務めた“大食い実況”勇退へ 59歳・59回目でバトンタッチ”. ORICON STYLE. (2016年3月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2068839/full/ 2016年4月14日閲覧。 
  6. ^ “中村ゆうじ 番組で大食い引退を発表”. デイリースポーツonline. (2016年4月3日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/04/03/0008955136.shtml 2016年4月3日閲覧。 
  7. ^ “中村ゆうじ「大食い」MC卒業 目に涙 ネット上も「名実況ありがとう」”. スポニチ Sponichi Annex. (2016年4月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/04/03/kiji/K20160403012338150.html 2016年4月3日閲覧。 
  8. ^ “テレ東の大食い番組実況、中村ゆうじさんが卒業へ 社長が感謝”. 産経ニュース. (2016年3月24日). https://www.sankei.com/article/20160324-VJMTHFLZ6NNBZCFP2XHV5WT7KU/ 2016年4月17日閲覧。 

外部リンク[編集]