立花ハジメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

立花 ハジメ(たちばな はじめ)は、東京都出身の音楽家及びグラフィックデザイナー

人物・来歴[編集]

早稲田大学商学部卒業。WORKSHOP MU!!に師事しグラフィックデザイナーとして活動する傍ら1976年テクノポップバンド「プラスチックス」を結成、ギターを担当し、1980年にはアイランド・レコードよりアルバムを世界発売。ワールドツアーを数回行った。

1981年、プラスチックスのアメリカツアー中にロサンゼルスサックスを購入。その後の活動に結び付く。

プラスチックス解散後の1982年、サックスに転向。高橋幸宏プロデューサーとして迎えて、初のソロ・アルバム『H』を発表。1983年、2ndアルバム『Hm』を発表する。

3枚目のアルバム『テッキー君とキップルちゃん』以降はテクノポップに回帰。

グラフィックデザイナーとしては自身の作品のほか、高橋幸宏、坂本龍一矢野顕子トーキング・ヘッズなどのディスクジャケットミュージック・ビデオ舞台美術を手がけた。またタイポグラフィなどの分野でも活動。1991年ADC賞最高賞受賞。

1987年公開の映画ラストエンペラー」に、映画制作の現場を知るため志願して、日本軍の通訳の役で出演。

1992年には初の個展「タイポグラフィ」を全国開催。

1993年には「スーパーテレビ情報最前線」の冒頭で立花が制作したオープニング映像が放送開始。このオープニング映像は2代目であり、2001年まで放送され、歴代最長のオープニング映像となった。

1995年にはスウォッチアーティスト・ヴァージョンのデザインを手がけ、またMacintoshAdobe Illustratorプラグイン「信用ベータ」を発表する。

1997年、現motherのeri、Buffalo Daughterの大野由美子らと「立花ハジメとLow Powers」を結成。ここでは5弦変則チューニングギター担当。アルバム「真摯」発表。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  1. H(1982年、アルファレコード):高橋幸宏プロデュース。以下3枚、ソニー・ミュージックダイレクトから再発。
  2. Hm〜エイチマイナー(1983年、アルファレコード):高橋幸宏プロデュース
  3. テッキー君とキップルちゃん Mr. Techie & Miss Kipple (1984年、アルファレコード)
  4. 太陽さん TAIYO-SUN(1985年、ミディ
  5. Beauty & Happy(1987年、ミディ)
  6. BAMBI(1991年、東芝EMI):テイ・トウワとの共同プロデュース
  7. Low Power(1997年、フォーライフ・レコード
  8. Low Powers - 立花ハジメとLow Powers名義(1997年、フォーライフ・レコード)
  9. The End(2002年、Bounce Records):自身の携帯サイトで配信していた着信音などを収録
  10. Monaco(2013年、自主制作):自身のレーベル「trafic.jp」からUSBメモリの特殊パッケージでリリースした。

ベスト・アルバム[編集]

  • 逢うは別れのハジメなり(1986年、アルファレコード
  • ベスト~ハジメヨケレバスベテヨシ(1990年、ミディ)

12インチ・シングル[編集]

  • Repricant J.B.(1984年、アルファレコード)
  • Beauty & Modern things(1986年、ミディ):片面シングル。音楽が収録されていない面には手塚治虫画のレリーフが施された。
  • happy(1986年、ミディ)

著書[編集]

  • 『Application Tour』光琳社出版、1995年11月

外部リンク[編集]