アンクルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Two-pitch Angklung.jpg

アンクルン(インドネシア語: Angklung) とは、インドネシア製の打楽器

楽器法[編集]

インドネシア・ジャワ島の西ジャワに起源を持つといわれる。中をえぐってオクターブに調律した2本の竹筒とそれをつなぐ竹枠からなり、ゆすって竹筒と竹筒をぶつけて音を出す。音程は竹の長さ・太さによって異なり、ハンドベルのように何人かで分担して音階を形成する。

インドネシアの脳卒中センターでは、リハビリの一環としてアンクルンを使用した音楽療法が取り入れられている。

100本のアンクルンを駆使してクラシック音楽を演奏するインダ・プトゥリ の演奏は、ベートーヴェンの「運命」やドヴォルザークの「新世界より」など、誰もが成し得なかったアンクルンの世界を創造したことで、 在日インドネシア大使館推奨コンサートとして高く評価されている。

2010年、「インドネシアのアンクルン」はユネスコ無形文化遺産代表リストに登録された。

使用例[編集]

アンクルンが効果的に使われた作品に、武満徹の五人の打楽器奏者とオーケストラのための「フロム・ミー・フロウズ・ホワッ・チュー・コール・タイム」がある。蟲師のアニメ版でも使用された[1]

脚注[編集]

  1. ^ 第二話 「瞼の光」”. mushishifan.web.fc2.com. 2018年12月28日閲覧。

外部リンク[編集]