フェイカー・ホリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フェイカー・ホリック
(FAKER HOLIC)
YMOライブ・アルバム
リリース
録音 1979年10月16日10月24日
ヴェニュー(ロンドン
1979年10月18日
ル・パレス(パリ
1979年11月6日
ボトムライン(ニューヨーク
ジャンル テクノ
時間
レーベル アルファレコード
プロデュース YMO with 細野晴臣
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
YMO 年表
YMO ベスト・セレクション
1990年
フェイカー・ホリック
1991年
キョーレツナリズム
1992年
テンプレートを表示

フェイカー・ホリック』 (FAKER HOLIC) は、イエロー・マジック・オーケストラ(以下、YMO)のライブアルバム。1991年5月21日アルファレコードから発表された。

解説[編集]

散開後初の未発表録音を収録したアルバムで、第1回ワールドツアーのヴェニュー(ロンドン)での2回、ル・パレス(パリ)、ボトムライン(ニューヨーク)の4公演を編集して収録している。

活動中に発表された3rdアルバム『パブリック・プレッシャー』では、サポート・ギタリストの渡辺香津美ギターのチャンネルは、渡辺の契約レコード会社日本コロムビアの意向により坂本龍一シンセサイザーに置き換えられていた。その後アルファレコードの販売経路を担当する業務が日本コロムビアに移行した事により諸問題がクリアされ、本作では渡辺のギターパート収録が可能になり、その違いを聞き比べることができる。

『フェイカー・ホリック』という題名は、「フェイク」の新作アルバムとして、YMO活動時に広告やレビューが雑誌に掲載されたものに由来している。“アナライザー”という楽器を使い、「ダンダラダイ」「ブルマー」などといった曲が収録されていたとする。

CDは2枚組で、Disc 1にはロンドンとパリでの演奏、Disc 2にはニューヨークでの演奏が納められている。

後にテレビ番組『カルトQ』において「YMOカルトキング」に輝く砂原良徳が、機材リストの資料提供者としてライナーノーツに名を連ねている。まだ彼がメジャー作品に参加する以前の事であり、直後にリリースされた砂原にとって電気グルーヴ加入後初のシングル『MUD EBIS/COSMIC SURFIN'』では本作品のパロディの意味合いを込めたライヴテイク風の「コズミックサーフィン」のカヴァーを披露している。

曲目[編集]

Disc 1[編集]

  1. キャスタリア Castalia
  2. ライディーン Rydeen
  3. ビハインド・ザ・マスク Behind The Mask
  4. コズミック・サーフィン Cosmic Surfin
  5. ラジオ・ジャンク Radio Junk
  6. インソムニア Insomnia
  7. 中国女 La Femme Chinoise
  8. テクノポリス Technopolis
  9. ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー Solid State Survivor
  10. デイ・トリッパー Day Tripper
  11. ファイアークラッカー Fire Cracker
    曲の最後に入る破裂音はシーケンサーであるローランド MC-8によるものであるが、アレンジよっては複雑な音を出すために多量のデータ入力が行われたため、この演奏のようにMC-8がシーケンスパターンの再生を失敗することがあった。
  12. ジ・エンド・オブ・エイジア The End Of Asia
  13. 千のナイフ 1000 Knives
  14. 東風 Tong Poo


収録会場日時

  • tracks 1-3,14: London. Venue 10/16, 1979(内1-3はテープスピードが僅かに速めて収録されている)
  • tracks 4,9-13: London. Venue 10/24, 1979
  • tracks 5-8: Paris. Theatre Le Palace 10/18, 1979

Disc 2[編集]

  1. ライディーン Rydeen
  2. ビハインド・ザ・マスク Behind The Mask
    シーケンサーMC-8の暴走によりこの曲のシーケンスパターンが前曲「ライディーン」演奏中に3秒で再生終了してしまった。
  3. ラジオ・ジャンク Radio Junk
    こちらも「ロケット工場」同様にシーナ&ザ・ロケッツに提供され、アルバム「真空パック」に収録された。この時期のライブ定番曲となっているが、スタジオレコーディングの物は作られていない様で、最新ベスト盤UC YMOにもライブバージョンで収録されている。
  4. ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー Solid State Survivor
    ヴォーカルの高橋幸宏が途中歌詞を忘れ、更にドラムパターンを一瞬逸脱する場面があったが、当アルバムでは綺麗に修正されている。
  5. 在広東少年 Kang Tong Boy
    オリジナルは矢野顕子のアルバム『ごはんができたよ』に収録。シングル「春咲小紅」のB面曲でもあった。この曲では「お前は歌う、私に向かって歌う、つんぼの私に」という歌詞があり、このライブでも歌われているが当アルバムでは「つんぼ」の箇所の音声は消されている。(ちなみに1980年のワールドツアーでは「耳が壊れた私に」等、歌詞が直され歌われている)
  6. 東風 Tong Poo
  7. デイ・トリッパー Day Tripper
  8. 千のナイフ 1000 Knives
  9. ロケット工場 Rocket Factory
    この曲の演奏前にメンバー紹介が入る。
  10. 中国女 La Femme Chinoise
  11. ファイアークラッカー Fire Cracker
    ラストでシーケンスと矢野の演奏が8小節分長くなり、慌てて演奏を打ち切るところを坂本がカバーするのだが、これも当アルバムでは修正されている。
  12. コズミック・サーフィン Cosmic Surfin
  13. ジ・エンド・オブ・エイジア The End Of Asia


収録会場日時

  • N.Y, Bottom Line 11/6, 1979