藤本敦夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤本 敦夫(ふじもと あつお、1954年6月7日 - )は、神奈川県鎌倉市出身の音楽家橋本一子は妻。

来歴・人物[編集]

神奈川県立横須賀高等学校早稲田大学卒業。ピアノを高橋悠治の母に、声楽を前田幸市郎に師事、小学生の頃よりステージ、テレビ、ラジオ、レコーディングなどで活動。1980年にはYMO初の国内ツアー、「TECHNOPOLIS 2000-20」に急病の大村憲司に代わって参加。その後、橋本一子横山雅史木村万作石井AQらと組んだ「カラード・ミュージック (Colored Music)」での活動を経て、リーダー活動の他、山下洋輔渡辺香津美坂田明今堀恒雄菊地成孔谷山浩子小川美潮POiSON GiRL FRiENDPhewなどとコラボする一方、テレビ、映画の作曲家、プロデューサー、アレンジャー、セッションミュージシャンなど多岐にわたって活動する。

作詞作曲編曲、ヴォーカル、ギター、ベース、ドラム、キーボード、サックス、コンピューターなども駆使し、3枚のリーダーアルバムと3枚のお蔵入りを制作し、パーカッションの弾き語りからオーケストラの作曲まで活躍していたが、1993年以降、交通事故後遺症のため、日常はほとんど寝たきりとなり、ツアーを休止、レコーディングと都内のライヴをわずかに行うのみとなった。

2005年、橋本一子、井野信義と3人対等のグループ「Ub-X(ユビークス)」を結成し、体調は戻らないものの再起、2006年3月にはアルバム『Ub-X(ユビークス)』をリリース。カネボウのCM曲(アルバム所収の「凛」の原曲)を発展させ、ポリグルーヴを基調に新しいサウンドを世に問う。5月には海外での活動も視野に入れてのドイツでのツアーが行われ、同年11、12月の国内ツアーの後、Ub-Xとして2枚目のアルバム『Vega』を制作、2007年4月にリリースした。また、2007年夏以降、ソロシンガーとしての活動を開始した。2010年6月、ほとんどの楽器と歌をひとりで多重録音したポップスから前衛ジャズまで含むソロアルバム「どこにもないランド」リリースした。2011年、菊地成孔とのコラボ「Poly Groove Jam」をスタートさせた。2012年、細野晴臣、福島在住の長見順らを招き「Live Life With Fukushima」を主宰した。2013年、インターネット配信の、販売ではなく寄付方式によるアルバム『All You Need Is Life』を発表。2016年、"S&Lミュージック"のエグゼクティブアドバイザーとなる。

作品(リーダーアルバム)[編集]

実質的なリーダーアルバム[編集]

CM[編集]

放映中のCM[編集]

(2012年現在)

  • 眞露
    「金の眞露:眞露乙」篇:ナレーション

過去放映分[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]