YMO GO HOME!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
YMO GO HOME!
YMOベスト・アルバム
リリース
録音 1978年 - 1993年
ジャンル テクノ
時間
レーベル 東芝EMI/イーストワールド
プロデュース 細野晴臣
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
YMO 年表
We Love YMO
1993年
YMO GO HOME!
1999年
ONE MORE YMO
2000年
テンプレートを表示

YMO GO HOME!』(ワイエムオー・ゴー・ホーム!)は、細野晴臣監修によるイエロー・マジック・オーケストラ(以下、YMO)のベスト・アルバム

1999年9月22日東芝EMIよりリリースされた。

解説[編集]

YMO結成20周年を記念して企画された一連のオリジナル・アルバム再発売と同時に発売されたベスト・アルバムである。従来のYMOのベスト・アルバムはレコード会社主導であったが、本作は初めてメンバー(細野晴臣)が公式にプロデュースしている。また、初のデジタルリマスタリング作品でもあり、リマスタリングは小池光夫(Ast)が担当した。

ボーナストラックには1980年写楽祭で演奏された「Where Have All The Flowers Gone?(花はどこへ行った)」と「La Femme Chinoise」(中国女)が納められている(スタジオで録音され、ライヴ演奏と称して演奏されたもの)。それぞれアコースティック・トリオで演奏され、YMOメンバーのギター演奏を聴くことができる。また、いくつかの曲はオリジナル・アルバムとは異なるバージョンで収録されており、「THE END OF ASIA」は未発表バージョンとなっている。「NICE AGE」は、シングル及びアルバム『X∞Multiplies』(1980年)収録版と同じフェードアウトバージョンで収録している[1]。なお、ミックスはアルバム『増殖』(1980年)収録のカットアウトバージョンとの違いはない。「ポケットが虹でいっぱい/POCKETFUL OF RAINBOWS」(1993年)もシングルバージョンで収録されている。「ポケットが虹でいっぱい」のシングルバージョンが収録されたベスト盤は本作のみとなっている。

ジャケットデザインは、テイ・トウワである。初回版はスリップ・ケース付き。

リリース履歴[編集]

No. 日付 国名 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 1999年9月22日 日本 東芝EMI/イーストワールド CD TOCT-24231〜2 6位
2 2007年3月21日 日本 ソニー・ミュージックダイレクト CD MHCL-1043〜4 198位

収録曲[編集]

Disc 1
全編曲: YMO。
# タイトル 作詞 作曲 時間
1. 「JINGLE“Y.M.O.”」   イエロー・マジック・オーケストラ
2. RYDEEN   高橋ユキヒロ
3. BEHIND THE MASK クリス・モスデル 坂本龍一
4. INSOMNIA クリス・モスデル 細野晴臣
5. CUE 高橋幸宏、細野晴臣、ピーター・バラカン 高橋幸宏、細野晴臣
6. 「U・T」   YMO
7. 「NICE AGE」 クリス・モスデル 高橋ユキヒロ、坂本龍一
8. 体操/TAISO 坂本龍一 坂本龍一、YMO
9. 「COSMIC SURFIN'」   細野晴臣
10. 以心電信/YOU'VE GOT TO HELP YOURSELF 細野晴臣、ピーター・バラカン 坂本龍一、高橋幸宏
11. ポケットが虹でいっぱい/POCKETFUL OF RAINBOWS Fred Wise、Ben Weisman/日本語詞:湯川れい子 Fred Wise、Ben Weisman
12. 東風/TONG POO (SPECIAL DJ COPY)   坂本龍一
13. 中国女/LA FEMME CHINOISE (ACOUSTIC VERSION)」 クリス・モスデル 高橋ユキヒロ
14. 「FIRE CRACKER」   マーティン・デニー
合計時間:
Disc 2
# タイトル 作詞 作曲 時間
1. 「MULTIPLIES」   エルマー・バーンスタイン
2. TIGHTEN UP (A&M MIX)」 ビリー・ブッチャー アーチー・ベル
3. SIMOON クリス・モスデル 細野晴臣
4. 「CITIZENS OF SCIENCE」 クリス・モスデル 坂本龍一
5. 「CAMOUFLAGE」 高橋幸宏、ピーター・バラカン 高橋幸宏
6. 「GRADATED GREY」 細野晴臣、ピーター・バラカン 細野晴臣
7. 「PURE JAM」 高橋幸宏、ピーター・バラカン 高橋幸宏
8. 「LOTUS LOVE」 細野晴臣 細野晴臣
9. 君に、胸キュン。-浮気なヴァカンス- 松本隆 YMO
10. 「SHADOWS ON THE GROUND」 坂本龍一、高橋幸宏、ピーター・バラカン 坂本龍一、高橋幸宏
11. BE A SUPERMAN 坂本龍一、高橋幸宏 坂本龍一、高橋幸宏
12. WHERE HAVE ALL THE FLOWERS GONE? (ACOUSTIC VERSION)」 ピート・シーガー ピート・シーガー
13. TECHNOPOLIS   坂本龍一
14. 「THE END OF ASIA」   坂本龍一

曲解説[編集]

Disc 1[編集]

  1. JINGLE“Y.M.O.”
  2. RYDEEN
  3. BEHIND THE MASK
  4. INSOMNIA
  5. CUE
  6. U・T
  7. NICE AGE
  8. 体操/TAISO
  9. COSMIC SURFIN'
  10. 以心電信/YOU'VE GOT TO HELP YOURSELF
  11. ポケットが虹でいっぱい/POCKETFUL OF RAINBOWS
  12. 東風/TONG POO (SPECIAL DJ COPY)
  13. 中国女/LA FEMME CHINOISE (ACOUSTIC VERSION)
  14. FIRE CRACKER

Disc 2[編集]

  1. MULTIPLIES
  2. TIGHTEN UP (A&M MIX)
  3. SIMOON
  4. CITIZENS OF SCIENCE
  5. CAMOUFLAGE
  6. GRADATED GREY
  7. PURE JAM
  8. LOTUS LOVE
  9. 君に、胸キュン。-浮気なヴァカンス-
  10. SHADOWS ON THE GROUND
  11. BE A SUPERMAN
  12. WHERE HAVE ALL THE FLOWERS GONE? (ACOUSTIC VERSION)
  13. TECHNOPOLIS
  14. THE END OF ASIA

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ シングルの方がフェイドアウトが早い。