権藤知彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
権藤 知彦
別名 ゴンドウトモヒコ
生誕 (1967-09-11) 1967年9月11日(51歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都新宿区
担当楽器 ユーフォニアム
フリューゲルホルン
トロンボーン
シンセサイザー
活動期間 1995年 -
共同作業者 METAFIVE
anonymass
pupa

権藤 知彦(ごんどう ともひこ、Tomohiko Gondo1967年9月11日 - )は日本ミュージシャンである。ゴンドウ トモヒコ名義でも活動。東京都新宿区出身[1]METAFIVEanonymasspupaなどのメンバーとして活動やYMOを代表とするサポート・ミュージシャンとしても活動している。

経歴[編集]

日本大学芸術学部卒業後、アメリカのボストン大学院へ留学、修士課程修了。ユーフォニアム電子音楽を学ぶ[1]。帰国後、高橋幸宏率いるオフィス・インテンツィオに所属。自身が主宰するバンドanonymassは、4枚のアルバムを発表している。Yellow Magic Orchastraの日本でのライブおよびヨーロッパ、アメリカツアーにサポートメンバーとして参加。他にも、LOVE PSYCHEDELICOTHE BEATNIKSCHARAUAくるりDef Techコトリンゴ他、多数のミュージシャンのレコーディングやライブなどに参加、またCM音楽およびサウンドトラックを制作している。[2][3]2012年に自身のレーベルno-nonsense recordsよりソロ・アルバム『euphobia』をリリース[4]。2014年オフィス・インテンツィオを退社し、インディ・レーベル"愚音堂"を主宰している。[5]2015年より、Eテレムジカ・ピッコリーノ』の音楽監督として、演奏曲のアレンジおよびプロデュース、劇伴の提供、またゴンドリー役として出演もしている。

ソロ・ディスコグラフィ[編集]

  • euphobia(2012年、no-nonsense records)

主な参加作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]