権藤知彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
権藤 知彦
別名 ゴンドウトモヒコ
生誕 (1967-09-11) 1967年9月11日(54歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都新宿区
担当楽器 ユーフォニアム
フリューゲルホルン
トロンボーン
シンセサイザー
活動期間 1995年 -
共同作業者 METAFIVE
anonymass
pupa
蓮沼執太フィル

権藤 知彦(ごんどう ともひこ、Tomohiko Gondo1967年9月11日 - )は日本ミュージシャン東京都新宿区出身[1]。通常は「ゴンドウトモヒコ」名義を用いている。

anonymasspupaMETAFIVE、蓮沼執太フィルのメンバーとしても活動している。

経歴[編集]

日本大学芸術学部卒業後、アメリカのボストン大学院へ留学し、修士課程を修了。ユーフォニアム電子音楽を学ぶ[1]。帰国後、高橋幸宏率いるオフィス・インテンツィオに所属。2003年には音楽ユニット「anonymass」を結成し、4枚のアルバムを発表する。

また、イエロー・マジック・オーケストラの日本でのライブおよびヨーロッパやアメリカでのツアーにサポートメンバーとして参加するほか、LOVE PSYCHEDELICOTHE BEATNIKSCHARAUAくるりDef Techコトリンゴといった多数のミュージシャンのレコーディングやライブなどへの参加、さらにCM音楽サウンドトラックの制作も多数行っている[2][3]

2012年には自身のレーベル「no-nonsense records」よりソロ・アルバム『euphobia』をリリース[4]

2014年にオフィス・インテンツィオを退社し、インディ・レーベル「愚音堂」を設立[5]

2015年からはNHK Eテレの番組『ムジカ・ピッコリーノ』の音楽監督として演奏曲のアレンジ・プロデュースや劇伴の提供を行っているほか、同番組のシーズン3・4にはゴンドリー役で出演もしていた。

不祥事[編集]

2021年7月16日、小山田圭吾が過去に行ったいじめ暴力問題に対する謝罪文を出したことに対し、権藤が「偉いよ小山田くん。受け止める。いい音出してこう!!!!!寧ろ炎上なんか○○喰らえ。」とツイートした[6]。この「○○喰らえ」の部分が、小山田が行っていた(と当時信じられていた)「障害を持つ同級生に便を食べさせる暴行」を彷彿させる表現であるとして批判が殺到し、権藤は該当ツイートを削除した[7]

削除から2日経過した7月18日には、「先日の削除したツィートに関して」という書き出しの投稿で「余計な一言のために油に火を注ぐようなことをして大変申し訳ありませんでした」(原文ママ)と謝罪した[7][8]

ソロ・ディスコグラフィ[編集]

  • euphobia(2012年、no-nonsense records)

主な参加作品[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]