スケッチ・ショウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スケッチ・ショウ
SKETCH SHOW
出身地 日本の旗 日本
ジャンル エレクトロニカ
活動期間 2002年 -
レーベル エイベックス/cutting edge/daisyworld discs
共同作業者 坂本龍一
小山田圭吾
メンバー 高橋幸宏
細野晴臣

スケッチ・ショウSKETCH SHOW)は、高橋幸宏細野晴臣によるエレクトロニカ・ユニット

概要・歴史[編集]

当初"Audio Sponge"を名義として使用する予定だったが、当時狂牛病問題が取り沙汰されていることから、このユニット名でデビュー。2002年8月に開催された石野卓球主催のイベント「WIRE02」にスペシャル・ゲストとして参加。同年9月には、坂本龍一テイ・トウワも参加したデビュー・アルバム『AUDIO SPONGE』をリリース、12月に行なわれたライブ「WILD SKETCH SHOW」にはコーネリアスもサポートメンバーとして参加した。

アルバム『AUDIO SPONGE』『LOOPHOLE』には盟友・坂本龍一が参加、『tronika』にはコーネリアスリミックスで2曲参加している。2003年にはバルセロナで行われた「sonar 2003」とロンドンの「CYBERSONICA'03」に出演、インベーダーゲーム25周年記念スペシャルCD『スペースインベーダー大作戦』に参加。2004年の「sonar 2004」では坂本龍一とともにHuman Audio Spongeの名義で登場。同年9月1日発売のTOKIOのアルバム「TOK10」では、プロデューサーとして1曲提供している。また同年10月には東京で開催された「sonar sound tokyo 2004」において、スペインと同様にHuman Audio Spongeとして出演した。

2005年以降、SKETCH SHOWとしては徐々に露出が少なくなっていったものの、生楽器を取り込んだエレクトロニカという音楽の方向性は、YMOとして約30年ぶりに新録された「RYDEEN 79/07」でも健在だった。2007年にパシフィコ横浜で行われたHuman Audio Spongeのライブも楽曲の中心はSKETCH SHOWのナンバーであり、彼らのスタイルはYMOの音楽をも内包・融合しつつ、HASYMOの活動へと発展的に継続されつつある。

ディスコグラフィー[編集]

オリジナルアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲
1st 2002年9月19日 AUDIO SPONGE CTCR-14224
  1. Turn Turn
  2. Wonderful To Me
  3. Microtalk
  4. Wilson
  5. Supereme Secret
  6. Do You Want To Marry Me
  7. GOKIGEN IKAGA 1・2・3
  8. Reform
  9. Flying George
  10. Turn Down Day
  11. Return
  12. Theme From A Summer Place
2nd 2003年2月26日 tronika CTCR-40156
  1. ekot
  2. chronograph
  3. snow #1
  4. night talker
  5. snow #2
  6. ohotzka
  7. chronograph -cornelius remix-
  8. snow #3
  9. ekot -cornelius remix-
3rd 2003年11月27日 LOOPHOLE CTCR-14278
  1. MARS (マーシュ)
  2. WIPER (ワイパー)
  3. CHRONOGRAPH (クロノグラフ)
  4. PLANKTON (プランクトン)
  5. FLAKES (フレイクス)
  6. ATTENTION TOKYO (アテンション・トーキョー)
  7. NIGHT TALKER - SAFETY SCISSORS MIX - (ナイト・トーカー - セーフティ・シザース・ミックス -)
  8. TRAUM 6.6 (トラウム6.6)
  9. SCOTOMA (スコトーマ)
  10. FLY ME TO THE RIVER (フライ・ミー・トゥ・ザ・リヴァー)
  11. EKOT - CORNELIUS MIX - (ィエコー - コーネリアス・ミックス -)
  12. STELLA (ステラ)
Remix 2004年9月1日 '''sketches & notations'''...SKETCH SHOW REMIXES... CTCR-14338
  1. ATTENTION TOKYO (PSAPP Companion mix)
  2. SUPREME SECRET (PREFUSE73 remix)
  3. FLYING GEORGE (THE SOFT PINL TRUTH remix)
  4. FLAKES (OPIATE remix)
  5. WIPER (ERICH ZAHN cunnucephali$cum mix)
  6. PLANKTON (Team Doyobi practonanomorphogenicmagmus mix)
  7. MARS (AOKI takamasa remix)
  8. KOKURITSU (new track)(so-y inspired by ATTENTION TOKYO)
  9. FLY ME TO THE RIVER (MARZ remix, additional music and vocals:Albrecht Kunze & Ekkehard Ehlers)
  10. MICROTALK (Atom micro acid mix parts1-3 at ""Mira Musica!"",Santiago de Chile,May 2004.)
  11. ATTENTION TOKYO (PSAPP leaving in coffins mix)

アナログレコード[編集]

  発売日 タイトル 規格品番
1st 2003/3/29 ekot/chronograph RR12-88399
2nd 2004/1/31 LOOPHOLES RR12-88437

DVD[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲
1st 2003年9月25日 ワイドゥド・スケッチ・ショウ/ Wild Sketch Show Live 2002 CTBR-92030
  1. Reform
  2. Ekot
  3. Do You Want To Marry Me
  4. Supreme Secret
  5. Night Talker
  6. Ohotzka
  7. Wilson
  8. Gradated Gray
  9. Wonderful To Me
  10. Chronograph
  11. Turn Turn
  12. Microtalk
  13. Flying George
  14. Return
  15. Zoetrope
  16. Pure Jam
  17. CUE
  18. はらいそ

参加アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲
2002/4/3 Strange Flowers Vol.1 CTCR-14214 GOKIGEN IKAGA 1・2・3
2003/8/4 スペースインベーダー大作戦 TOCT-25124
2003/9/1 audio sponge(1) CTCR-14265
2004/7/5 audio sponge(2) CTCR-14279 FLYING GEORGE(REMIX)
2004/7/28 SONAR 2004 3ECD-026 Wiper
2004/9/29 COZY HOTELS~FOR THE EVENING~ CTCR-14377 Do You Want To Marry Me
2004/12/27 TOKYO LOUNGE Vol.4 CRCP-20369
2006/7/26 「男はソレを我慢できない」OST AZZL-10002 STARDUST / 鈴木京香 with SKETCH SHOW

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
辻川幸一郎 「MARS」「ekot」
ヒロ杉山 「Turn Turn」「Turn Turn (NEW Ver.)」
山口保幸 「FLAKES」

主なライブ[編集]

外部リンク[編集]