ヒロ杉山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヒロ杉山(ヒロすぎやま、1962年7月9日 - )は、日本のイラストレーター[1][2]デザイナー[1]である。京都造形芸術大学の客員教授も務める[3]

有名人のポートレート作品を多数制作しており、ヒロ杉山またはエンライトメントの名義でみのもんた[4]アントニオ猪木[5]鳩山由紀夫を描いた民主党のポスター[6]など、多数の作品を発表している。一連の作品はアンディ・ウォーホルのポートレート・シリーズとも比較される[6][7]木村拓哉をCGにして動かすTBCのCMは大きな反響を呼んだ[8]。このほかTシャツ・フライヤーのデザイン、書籍の表紙、CDジャケットのデザイン、業界団体のキャラクターデザイン(箭内道彦と共同)[9][10]テイ・トウワVJ[11]など、その活動は多岐にわたる。

略歴[編集]

東京生まれ。東洋美術学校在学中にイラストレーター湯村輝彦の事務所にアルバイトで入り、湯村に師事。デザイナーとして6年半勤める。1987年、谷田一郎と近代美術集団を結成。1989年、日本グラフィック展外国審査員賞受賞。1991年、別名の竹屋すごろく名義でイラストレーション誌、ザ・チョイスのグランプリを受賞。1997年米津智之とエンライトメントを設立[12]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『新訂 現代日本人名録 2002』4、日外アソシエーツ、12頁。ISBN 4-8169-1695-4
  2. ^ ヒロ杉山「「イラストレーター」は,カッコ悪い存在なのか」、『アイデア』第44巻第2号、誠文堂新光社、1996年3月、 20頁、 ISSN 0019-1299
  3. ^ 京都造形芸術大学 | 芸術学部 | 情報デザイン学科 | 情報デザインコース/教員一覧
  4. ^ 村上隆 『SUPERFLAT』 マドラ出版、2000年、82-83頁。
  5. ^ 『SUPERFLAT』74ページ
  6. ^ a b 「ビジュアルに関しては何でもあり、Enlightenmentは第二期に入ります。ヒロ杉山氏 HIRO SUGIYAMA(Enlightenment)」、『ブレーン』第41巻第2号、宣伝会議、2001年2月、 26-29頁。
  7. ^ 『SUPERFLAT』126-127ページ。
  8. ^ 「CMネットワーク エステティック「TBC」 CGで新技術演出」『日経プラスワン』2000年4月29日。
  9. ^ 「初公開! 自主提案で生まれたキャラクター 全理連 バーバーくん」、『ブレーン』第43巻第10号、宣伝会議、2003年10月、 47-49頁。
  10. ^ バーバーくんモニュメント
  11. ^ 茂木健一郎 「アートは可能無限と向き合うべし vs ヒロ杉山」『芸術脳』 新潮社〈新潮文庫〉、136頁。ISBN 978-4-10-129953-2
  12. ^ 「ヒロ杉山インタビュー いまも、夜は、毎日絵を描いています」、『広告批評』第235号、マドラ出版、2000年2月、 82-87頁、 ISSN 0388-4937

外部リンク[編集]