ビデオジョッキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ビデオジョッキー(video jockey)または ビジュアルジョッキー(visual jockey)とは、映像を素材としてディスクジョッキー(DJ)と同様の行為を行う者を指す。略称は「VJ」。DJと同じく、2通りの意味がある(後述)。

VJ(司会者)[編集]

音楽番組などで司会進行を務める職業。音声だけのラジオ番組の司会役をディスクジョッキーと呼ぶのに対して、音声と映像の番組の司会役という意味がある。MTV内で発生し、主にMTVやスペースシャワーTVといった音楽専門チャンネルで使われる。

VJ(表現者、操演者)[編集]

PureDataによるVJ 場所はジュネーヴのZooにて

DJが複数の楽曲を組み合わせて音楽を作るように、クラブ(ディスコ)、コンサート会場で音楽に合わせてビデオ映像等を流したり、ライブで映像を組み合わせたり、リアルタイムで製作したり、あらかじめ作っておいた映像を流したり、その手法は様々。

日本のVJ(表現)の歴史[編集]

80年代後半・VJの黎明期[編集]

その歴史のオリジネイターは、現在、日本における先駆者的VJの一人として認知される宇川直宏(87年に開始)や、田中秀幸が率いるプリンストンガ松木靖明など。 他には当時日本に移住していたイギリス人ユニットハイパーデリックビデオなどもいた。 これらアーティストが同時多発的にCLUBの壁面をビデオ映像で彩っていった。まだVJというカテゴリは存在していなかった。

1990年代半ば〜VJソフトの登場[編集]

この頃、DirectorFlashなどのソフトウェアをベースにVJソフトを制作するVJが登場した。

新たなソフトウェアの台頭[編集]

2000年代前半からプロジェクターによる空間構成やメディア・アートを取り入れたVJなど、そのプレイスタイルが多様に細分化を始める。 主なVJソフトウェアにはModul8, Resolume, VDMX5, CoGeなどがある。

他にも、Jitter(Maxの映像モジュール)、openFrameworks, Cinder, ProcessingやMac OS Xに標準で添付されている開発ツールQuartz Composerなどのプログラミングソフトを使用し、さらなるリアルタイム性を追求するVJも行われている。

また、これらのソフトはSyphonによってリアルタイムにアルファチャンネル付き映像フレームを交換出来るため、一つPC上で複数のソフトを連携して使用することもある。

VJのモバイル化[編集]

スマートフォンの性能が向上し、2010年代前後にはスマートフォンまたはiPad等のタブレット端末とプロジェクターがあればVJが可能である。

メンバーにVJのいる音楽ユニット[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]