エイプリル・フール (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エイプリル・フール
Apryl Fool
出身地 日本の旗 日本東京都
ジャンル サイケデリック・ロック
アート・ロック
プログレッシブ・ロック
活動期間 1969年
レーベル コロムビア
メンバー 小坂忠(ボーカル)
菊池英二(ギター)
柳田博義(キーボード)
細野晴臣(ベース)
松本零(ドラムス)

エイプリル・フール(Apryl Fool)は、1969年に活動した日本ロックバンド。

概略[編集]

1969年4月1日結成[1]グループ・サウンズ流行下、1968年8月日本コロムビアからデビューしたザ・フローラルが前身。ザ・フローラルのベーシストとドラマーを変更、あわせて名前も変更した。名前の由来は結成日と、「この名前にしておけば、かなり自由なことを練られずに、或いは無責任にやれる」[1]ということから。

メンバーの交代と前後して、英米のアート・ロックサイケデリック・ロックの代表格だったアイアン・バタフライヴァニラ・ファッジドアーズなどのような、オルガンによるロックを中心メンバー柳田博義が志向。1969年に日本で流行したブルース・ロック(ギター主体のザ・ゴールデン・カップスブルース・クリエイションザ・モップスなど)と異なり、ピアノ、キーボード中心のアレンジによる録音を残している。英米ロックを標榜した日本の「ニューロック」において、先駆的バンドの一つであった。

その後のはっぴいえんどが展開する、言葉や日本語に重点を置いたシンガーソングライターブームと呼応した「風街世界」とは異なり、器楽演奏を中心とする、電気楽器や音響機器による実験音楽的要素が色濃い。詞はベトナム戦争学生運動サイケデリック・ロックなどの影響で、世紀末的なメッセージ色が強く、テーマはシュールリアリズム、退廃、堕落にあり、また表現主義的で英語と日本語両方それぞれで作詞されている。日本語詞では松本隆がアマチュア・バンド「バーンズ」のオリジナル曲「暗い日曜日」(有名シャンソン曲とは同名異曲)を提供している。

メンバー[編集]

経歴[編集]

1968年
  • 2月11日[2]モンキーズファンクラブ日本支部の企画で結成されたGSバンド「ザ・フローラル」結成。
  • 8月15日、シングル『涙は花びら』でデビュー。
  • 10月、シングル『さまよう船』発売。3・4日のザ・モンキーズ来日公演で前座と、3曲ほどバッキングを担当[2]
1969年
  • ピンキー・チックスのシングル『悲しき恋のバラード』の演奏をザ・フローラルが担当。
  • 4月1日、その後メンバー変更から小坂、柳田、菊池の3人を残し、柳田の兄のバンド「ドクターズ」のベーシストだった細野と彼が当時参加していたバンド「バーンズ」のドラマーであった松本を勧誘し1969年2月再編、細野のアイデアを採用しバンドを改名した。
  • 4月、アルバム『Apryl Fool』のレコーディングを行う。
  • 5月、新宿のゴーゴークラブ「パニック」に専属出演[2]
  • 春〜夏、吉田喜重監督の映画『エロス+虐殺』のサウンドトラックをレコーディング。音楽監督は一柳慧
  • 6月頃、細野・小坂・松本(アメリカン・ロック、フォーク・ロック日本語ロック指向)と柳田・菊池(ブリティッシュ・ロック、プログレッシヴ・ロックインプロヴィゼーション指向)の二派で音楽的亀裂が決定的となり解散が決まる。その後暫く残務処理が続く。
  • 9月12日、TBS「ヤング720」に出演[2]
  • 9月15 - 22日、東京キッドブラザースのロック・ミュージカル「東京キッド」の劇伴を演奏。
  • 9月27日、アルバム『Apryl Fool』発売。日消ホールでアルバム発売記念フリーコンサート。
  • 10月15日東京キッドブラザースのロック・ミュージカル「続・黄金バット」で演奏。
  • 10月26日、銀座「ジャンク」でラストライヴ。
  • 10月28日、細野と松本が大瀧詠一鈴木茂を引き入れて「バレンタイン・ブルー」を結成し初ライヴ。後にはっぴいえんどとなる。
  • 年末、東京キッドブラザースのレコード『LOVE & BANANA』発売。演奏をエイプリル・フールが担当。
1970年
  • 4月、『エロス+虐殺』のサウンドトラック[BSS-52]が日本コロムビアより発売。

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

その他[編集]

  • LOVE & BANANA(1969年末)- ミュージカラー LP:番号なし ※東京キッドブラザースのロック・ミュージカルの劇中歌をスタジオ録音した17センチLP。
  • エロス+虐殺 / ジャズ・ロック(1970年)※サウンドトラックB面の「ジャズ・ロック」を演奏(インストにつき小坂は不参加。細野も不参加と『HOSONO BOX』のブックレットに記載された)。
ザ・フローラル
  • 涙は花びら(1968年8月)- ミュージカラー / 日本コロムビア EP:MA1 ※ピクチャー・ディスク製造の専門会社からデビューした、エイプリル・フールの前身バンド。小坂、菊池、柳田が参加。
    • 涙は花びら
    • 水平線のバラ
  • さまよう船(1968年10月)- ミュージカラー / 日本コロムビア EP:MA2
    • さまよう船
    • 愛のメモリー

出典[編集]

  1. ^ a b 『ニューミュージック・マガジン』1969年9月号、ニューミュージック・マガジン社、p8「今月のニューミュージック」
  2. ^ a b c d 黒沢進『日本ロック紀GS編』、シンコー・ミュージック、1994年、p69「ザ・フローラル」、p160「エイプリル・フール」
  3. ^ 『ミュージック・ライフ』1969年9月号、新興楽譜出版社、p162-163「ニューグループ エイプリル・フール」

関連項目[編集]